天下のUFJが高齢者イジメを堂々と始めた

 昨日、月末ゆえ税金を支払いにUFJに。
 当然STMを使うつもりだったのですが、すでに腰が前に曲がるのみならず、後ろから見ると背骨がS字にくねった老婆がすがりついていました。
 あらら〜、なんてチャレンジャーなの? 窓口で頼めば良いのに、と正直冷ややかな目で見つつ、しばらく様子を見ていました。

 その時点ですでにSTMの待ちは一人。 正直イライラしているのを抑えながらひたすらお待ちになっていました。
 その老婆、最初のうちは横にロビー担当の女性がついてあれこれ助けていたのに、そのうち「よろしいですか?」と言って立ち去り、そのあと老婆は一人で作業を継続。
 おいおい大丈夫かいな、と見ていると、とりあえずピポパとタッチパネルを打ってはいたものの、ふと見ると手前の伝票棚にさらに4〜5枚の支払い伝票があり、それを老婆は震える手でスロットに入れては吐き出され、また入れ直すという絶望的状況。
 
 そうこうしているうちに待ち人が一人二人加わり、三人が老婆の後で天を仰ぎながら順番を待つようになりました。
 この時点で14:50。 あかん、もうええ、STM諦めて手書き伝票にしよう、とどこの銀行にもある伝票を書く机に向かう。 するとそこには引き出しや預け入れの伝票はあるのに、馴染みのある公共料金払込用の用紙がありません! そしてその用紙があった場所にはSTMを案内するラミネート案内紙が一枚だけ。
 
 そこで私は察しました。 UFJは公共料金の窓口受付を廃止し、STMに全面移行したのだと。
 いまSTMに奮闘している老婆は、これまでは全て窓口で一括して処理をお願いしていたのでしょう。 それがSTMに移行したものだからいやでも電子端末に触れざるを得なくなったのです。 だったら銀行都合でしょ、最後まで老婆の横で誰かが補佐してやれよ。 
 完全なる企業主導のデジタルデバイド。
 
 確かにまたまた持病で政権を去る総理大臣が、お抱え日銀総裁とグルになった低金利政策で銀行の経営状況は地に落ちています。 支店の統廃合、ATMの削減、希望退職者大規模募集などなど。
 が、このS字脊椎老婆からかつて銀行は融資、振込、年金などでさんざん手数料や金利を貪ったにもかかわらず、たかだか公共料金払込で公開放置プレイに処しています。
 なんちゅう冷たい組織や>UFJ
 
 今時のマーケティングは、条件として「それが社会にとってメリットがあるのか」というのを加えています。 例えば環境であったりユニバーサルデザインであったり。 その点でUFJは高齢者イジメという真逆の反社会的マーケティングを堂々と行なっていることになります。
 これが天下の一流企業、一部上場一流金融機関のやることかと。

 さて私の納税、もう時間切れが明らかになったので期日納税を諦め、なんとも不愉快な気分でUFJを後にしました。 が、家に戻って納付書をよく見るとコンビニでも扱っていることに気づきました。
 もともとこのあと郵便局に行く用事があったので、その途中のファミマに持ち込んだら待ち時間ゼロであっという間に納税完了。

 ここはローソンじゃないけどまさにコンビニは「街のホットステーション」だと痛感しました。
 逆にUFJを筆頭にした銀行は「コールドステーション」いや「アイスステーション」。
 とはいえ今や窓口やらロビーの行員風情はほとんどが派遣かバイト。
 後ろの方に座っている数名の正社員、あとは本社にいる数十名の選りすぐりのエリートの給与を守るための合理化だと考えると店頭の連中に文句言っても仕方ない。
 
 あの老婆も冷たい銀行なんかに世話にならずにコンビニに行けば良かったのに。
 そしていろいろ大変でしょうが、これからもよろしくお願いします>コンビニの店員さん

| | コメント (0)

パチンコ中毒と高齢登山者、どちらが愚か?

 営業し続けるパチンコ屋晒しと中毒者いじめ、すごいですね。 まるでナチスのユダヤ狩り。
 
 私はパチンコには興味がないし、庇うつもりもないものの、「多くの人がいっぱい集まって、とっても恐怖を感じます」という近隣住民の声を紹介するマスコミを見ると、アホかこいつら、と。

 そもそもこれまでかつてパチンコ屋でクラスター感染が起きたという事実はあったのでしょうか。 そしてパチンコ屋が近所にあることが理由で新型コロナ感染した人がいたのでしょうか。 パチンコ客とパチンコ屋が複数の他人に迷惑をかけた証拠があるのでしょうか。
 
 パチンコやるやつなんて人のクズだ〜、そいつら相手の商売なんてもっとカスだ〜、お〜い、ここにクズとカスがいるぞ〜 みんなで寄ってたかって殴れ蹴れ〜、の公開私刑。
 
 いいじゃん、中毒で脳がイっちゃってるんだから。 路上喫煙禁止のステッカーの上でタバコ吸ってるニコ中と同じで、もう直そうとも思ってない連中なんだから。 いやむしろ副流煙で他人に迷惑かけないだけましじゃない?
  
 話変わって連日全国の山で高齢登山者が遭難しているそうです。
 私がニュースで知った限りでは三名で全員80歳前後。
 それぞれが捜索隊のお世話になって全員死亡確認。 いや、確実に他人に迷惑かけてるでしょう。
 山は三密とは無縁! とか良い歳こいて朝はよからジジイとババアが加齢臭染み付いたリュック背負ってキャッキャウフフと朝から新快速に乗ってるのも言わばアウトドア中毒。

 さて、この共に中毒で頭脳硬直したパチンコ愛好者と高齢登山者。 どっちが愚?

| | コメント (0)

緊急宣言の一律延長は、角を矯めて牛を殺す

 まずは下の二つの画像を見てください。
 共に私のiPhoneから、最初のがアクティビティというAppleWatch連動のアプリで、消化カロリー、運動量、立っていた時間の記録、左が昨年四月、右が今年です。
 今年の方に黒が目立ち、明らかな運動不足。
 AppleWatchは公営プールでは装着禁止ですから、実は昨年四月はもっと充実してたことになります。
Corona1 

 次は今年三月と四月の体重の推移。 だいたいほぼ毎日同じ時間帯に記録。 平均で約0.5kg増えています。
 たった0.5kgというなかれ。 平均ですからばらつき無しの正味0.5kgです。 ちなみに画面にはないものの、昨年四月比では1.5kgの増加!
 一本調子ではなくジグザウしてるのは、GS監視の仕事にゆくと一定値に落ちるからで、やはり巣篭もりは体重増加に直結することを証明しています。
Corona2 
 
 GS監視の仕事は幸か不幸かインフラ維持の分類ゆえに自粛対象外で、学校の授業開始が遅れているとはいえ週に数日外出して仕事してますから、まだ私はましなほうだと想像します。
 中には緊急自粛宣言期間だけで1〜2kg太った人も少なくないでしょう。

 で、これは単なるダイエットの話ではなく、巣篭もりやら自宅勤務がこれだけの運動不足、肥満を招いているという事実です。
 これはやがて体力や筋肉、運動量の低下、そして最も恐ろしいのが免疫力の低下となって1.2億の日本人を苛むことになります。 新型コロナ感染者1万数千人の一万倍です。
 
 今のところ日本でのコロナの死者は9割を60歳から90歳代で占めているのだとか。 私もその中に入りますが、コロナにかかって死んだらそれはそれでもう良いじゃない。 最短でも60年生きたんだから。
 それをはっきり認めれば世の中の維持も回復もとても楽になると思うんですけどね。
 
 そんなの嫌だ、俺は、私は、いや日本人はコロナなんかで死んじゃいけない!と仰るなら、早々にこの巣篭もり運動不足を解消しなければ、ストレス、肥満、糖尿、高血圧、心臓疾患、そしてサルコペニアから陥るフレイルで新型コロナ以上の年配者の死亡者が出ますよ。
 
 つまりはこれ以上の過剰な自粛は角を矯めて牛を殺すの例え通りです。
 もちろん角は感染者、牛は日本人と日本そのもの。

| | コメント (0)

連休明けでやめろよ>一斉緊急事態宣言

 最近急速にヤル気を失った安倍首相に、ここぞとばかり多くの都道府県の知事供が偉そうに緊急事態宣言の延長を声高に求めています。
 なんだろうね、小池の活躍で「これからは知事が日本を動かすんだ」とでも勘違いしてるんでしょうか。
 
 緊急事態宣言の延長をしろ、それも全国一斉でないと流入が起きる、当然その補償は国が面倒見ろ、と。
 そうです、補償は国まかせ。 こいつら地方の時代だとか何だとかいかにもまともな主張を繰り返すけど、最終的には金は国頼み。 その補償の金、どっから引っ張ってくるんだよ。
 
 というか期限までにまだ五日ほどあるのに、そうそうに延長決定ってなんなんでしょうか?
 首相やら知事供は事ある毎に「専門家の方々の意見を聞いて」と言ってますが、こないだやっと東京の感染者が百人を切った時にこの専門家の一人が小池の隣で「想定に達していない」と述べていました。
 
 え?何?想定なんてあったの? それって単なる後出しジャンケンじゃないの?
 さらに昨日のNHKでは「一日の新たな感染者が全国で百人を切るまでは」と専門家の意見のひとつを紹介していました。 そんなん聞いてないわ。 最初に言えや。
 
 つまり裏を返せば、ゴールラインって誰も決めないまま全国一斉緊急宣言を出したの?ってことになります。 いや、それ危険でしょ。
 
 完全勝利までやり抜きます! 日本国民の皆様の一層のがんばりをおねがいします!
 
 なんて進軍ラッパを吹き出すやつが出てきても止められない。 これに提灯行列的同調圧力が湧いてしまったらもう日本は終わりです。
 
 この十日ほどずっとYahoo!のトップに出ている厚労省発表の表を見ながら、退院者数を感染者数で割っています。
 始めた頃は10%台だったのか、徐々に改善し、三日ほど前に20%超え、現時点では24%になっています。
 連休中に感染者数の数字が正しく反映されるのかどうか不安は残るとはいえ、あと五日あればおそらく30%は確実に(希望的には40%近くへの)改善が見られるでしょう。
 
 さらに、最近まとまった数で増える新感染者は医療機関や介護施設などのいわゆる閉じられた空間であることが多く、一般生活者間の感染率はもっと低いはずです。
 
 であれば連休明けかに全国一斉の宣言は取り下げ、継続の判断と規制範囲の縮小は地方の判断に任せるべきでしょう。
 冒頭全国の知事の中にも、例えば岡山県は早期の解除意見を明確にしていますし、大阪府も「延長するなら補償がいる。それがないなら経済を止めることになる」と批判的でした。
 
 「死なない程度で乗り切ればいい」という意見を私は支持します。

| | コメント (0)

公益性の高い関西電力?

 先に書いた時点ではまだ非公式でしたが、関電は公式に橋下元府知事の社外取締役を拒否しましたね。
 
 理由は提案した松井市長も含めた特定の政党との繋がりが強いことなどが挙げられていました。
 あともうひとつ、「公益性の高い関西電力の社外取締役としてふさわしくない」というのが。
 
 え?それって、
 「関西電力は公益性の高い企業としてふさわしくない」
 の間違いじゃね?

| | コメント (0)

関電株をゴロツキファンドに売ってまえ>松井

 新型コロナ禍の陰に隠れてあまり目立ちませんでしたが、関電の筆頭株主である大阪市の松井市長は社外取締役に橋下元大阪府知事を推薦しました。
 これ、なかなか切れ味良いアイデアだと私は支持します。
 
 東芝事件でも明らかなように、日本の監査役はお飾りに近く、不祥事が相次ぐ関電も新体制と言いながら次の人事も結局次期首脳陣たちの都合の良いようにしか組み替えないでしょう。
 
 が、橋下なら違う。
 問題が全くないわけじゃないけど。ああいう人ですし、何よりタレントである以前に弁護士であるわけだから、立派に職責を果たしてくれるに違いありません。
 
 しかし肝心の関電側は非公式ながら登用に否定的なのだとか。
 関電トップは超一流エリート集団。 それが早稲田を出た程度の弁護士芸人ごときに上から目線でやいのやいの言われるのはそりゃ嫌でしょうねぇ。

 でもカットした役員報酬を収益回復後に補填する異常な閉鎖性など、むしろ一般社員は橋下の選任に期待しているのではないかと思います。
 
 公式に否定された場合、松井市長は株主代表訴訟も辞さないと言ってますし、それはぜひやるべきだと思いつつ、「筆頭株主の言うこと聞けんのなら、持ち株全部海外のゴロツキファンドに売ってまうぞ」と恫喝したら良いんじゃないでしょうか。
 いえ、単なる脅しじゃなく、こんな公的な金がいくらあっても足らない社会情勢下、底値で売るのはもったいないけど、手元にキャッシュが握れるのは市としても市民としても救いになることは間違いありません。
 
 一方でゴロツキファンドはキタから中之島、ミナミ、まつさえ全国にあまたある関電関連の資産を売り飛ばし、再開の目処の立たない原発廃炉費用に回し、身軽になって電力事業に専念させれば良い。
 
 いや、そんな良識が奴らにあったらええけど、単に売り逃げされるかも知れんで。 それでもええんか? われぇ。
 と、あの松井の強面で関電にふっかけてみたら面白いと思うんですけどね。
 
 業界序列としてずっと頭が上がらなかった東電が原発崩壊で一気に没落して以降、関電は我こそが日本の電力供給の頂点と勘違いしていた節があります。
 松井、橋下くらいのコンビならそれをぶち壊せるかも、と成り行きを期待しています。
 何より電気代安くなれ。

| | コメント (0)

これはこれで世帯主は困る

 「政府、与党は16日、新型コロナウイルス対策のための2020年度補正予算案に盛り込む予定だった減収世帯限定の30万円給付は取り下げる方針を固めた。」(共同通信)


 いや〜、家の費用やら光熱費やらを負担している世帯主からすると10万じゃ足らないんだけどなぁ。 実際、仕事の開始が遅れて得ることができない賃金ってそんなもんじゃないし。

 まぁ、バイトがなくなってがっかりしていた娘なんかにゃ朗報だろうけどね。

  一方で、海外にも高級レストランにも行けずに金が有り余っている安倍昭恵にも10万円降りるんだね。 鼻でもかむのかな。

| | コメント (0)

そうか、貴族だと思えば納得がゆくのか

 星野源のコラボ企画に参画した安倍首相。
 「何様?」「貴族?」
 との感想に同意します。
 
 が、娘に言わせれば代々の政治家と実業家の血筋、もとから貴族以外何者でもない、とあっさり。
 
 いいなぁ、今月25日の給料、月末の家賃と仕入れで今にも首吊りそうな人があまたいるのに、ワンちゃんと戯れて紅茶をすする。
 
 「みんな、仕事休んでお家で遊ぼ。」
 
 そしてあの貴族動画を撮影したかもしれないバカ嫁は、普及不要の外出を避けるようにと夫が言ってるのに、大分の神社参拝ツアーにのうのうと参加したそうな。
 都会がダメでも地方でのびのび。 パンがないならケーキがあるわ。
 
 うん、この滑り方がフランス革命前の貴族たちと同じだ。
 
 あの動画に「いいね」した人たちの被虐趣味が理解できません。

| | コメント (0)

科学できない独裁者、安倍総理大臣

 突然降って湧いた長期の休校令。
 おかげで私の勤める学校の卒業式後のパーティー中止が決定しました。 卒業式自体も中止になる可能性があり、学校中がバタバタしています。
 あぁ、毎年このパーティーを楽しみにしていたのにな。 これでもう一生会えない学生もいるわけで、せめて最後の笑顔を見たかったです。

 この愚行、与党内からも疑問が湧いているという総理大臣のスタンドプレーだそうですね。 なんでもこれで一気に最近下がり気味の内閣支持率を回復したいのだとか。
 そしてネットにはアホなことに「大事なことは感染をこれ以上広げないことだ、今はあれこれ批判せず、総理の言うことに耳を傾けろ」的な盲従論が少なからず見られることです。
 いや、もう少し考えようや、うちして止まん鬼畜米英かよ。
 
 例のクルーズ船から館内の様子をレポートした神戸大の教授は「科学より政治の悪い例」と評しており、うん、これについてはその通りだと思います。
 というわけで、こちらも安倍を批判するのに単にアホバカと罵ってたら同類だよね、もっと感染についての情報が欲しいよね、とじっと待っていたら、出ました、WHOを中心とした現地からの最新レポート
 これによると、

・感染者のおよそ80%は症状が比較的軽く、肺炎の症状がみられない場合もあった
・重症や死亡のリスクが高いのは60歳を超えた人や高血圧や糖尿病、それに、循環器や、慢性の呼吸器の病気、がんなどの持病のある人
・致死率は高齢になるほど高く、80歳を超えた感染者の致死率は21.9%
子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽い
19歳未満の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずか
 
 新型コロナウイルスが〜〜!っと連呼される中、そもそも罹患したらどうなるの?っていう情報があまりに少なかったので、今回のこの報告は待ちに待ったものでしたし、なんとなく私の考えていた通りだったので、ほらね、こんなもんでしょ?という気持ちです。
 あえて言い切るなら、「新型コロナウイルス、恐るに足らず。」

 ホリエモンが「んなもんたっぷり寝て栄養つけてりゃいいじゃん」と数日前に書いてたけど、ほんとこの人、たまには良いこと言います。
 その通り、上記の箇条書きの通り、免疫力、体力のある人は、そもそも感染しにくいし、感染しても場合によっては毎年猛威を振るうインフルエンザよりも軽く済むと言うことです。
 何より注目したいのはアンダーラインを引いた部分。
 小中高を休校にする必要なんて全くなかったわけです。

 それでもなお「例え一人でも感染する人が減れば今回の首相決断は間違っていない」と言う人、予算に当てられる予備費二千億円あまり、血税ですよ。 のみならず休業に伴う給与減、下手すると失業、さらには連鎖する自粛やキャンセルによる経済損失も含めると間違いなく兆単位のロスが出ることは確実で、これでも麻生は「あたりまえでしょ」と賄ってくれるんでしょうか。
 それでも人の命はそれより重いとか言うのなら、1ヶ月も2ヶ月も日本人全体が引きこもってしまえば良いのです。 差分は全て国保証。 それほど馬鹿げたことなのです。
 
 こう言う数字がいずれWHOから出てくることはわかっていたはずで、それを踏まえて普段は忖度オンリーの厚生労働大臣を筆頭にもう少し待ってから、と安倍を諌めたそうですが、聞く耳持たず独走。 そしてそれをあざ笑うかのような翌日のWHO発表。
 
 昨夜の総理会見。 論理的な説明は一切なく、感情・根性論だけでした。 そして自らの熱い言葉に感激したのか、総理の目にはうっすらと潤みが見えていたとか。 視線の先には大好きだったお爺ちゃんの微笑む姿が見えていたことでしょう。

 あ、あかんわ、これすでに政治家じゃなくて太平洋戦争に導いた帝国軍人だわ。 この調子でいつか戦争やりかねん。 実際、誰も総理を止められなかったでしょ? 
 三権分立無視の総理大臣やりたい放題。 もう日本は民主主義国家ではありません。 中国、北朝鮮、ロシアと同類です。

 お供えに以前あげたパロディポスターを再掲しておきます。
 願わくばこの愚策が彼の政権終焉の引き金になりますように。
Pmin

| | コメント (0)

宮田文化庁長官に失望

 立て続けに襲ってきた台風や豪雨のおかげで、というと語弊がありますが、ここのところやっと表現の不自由展の話題が収まってきたようです。
 
 その終わりがけに襲われた大きな絶望が、一旦決めた助成金の交付を打ち切った文化庁の長官が、元芸大学長の宮田亮平だったこと。
 
 彼はかれこれ十年前にNHKの探検爆問という番組に登場し、あのピント外れの活弁を得意とする太田に対してびしばしダメ出ししていたのが非常に印象的でした。 あぁ、こういう権力から少し遠いところにいるような人が学長になるのが東京芸大の魅力なのか、と正直かなり感銘を受けたのを覚えています。 その興奮は十年前に書いた自分の文章でも明らかです。(二回も書いているし
 
 ところが先日のある朝、チコちゃんに叱られる!の再放送を見てたら、全く別のネタで久々のNHK登場。 そして肩書きは文化庁長官。
 
 「え?え?え?」

 ということは今回の不自由展の助成金打ち切りの責任者?
 
 いやぁ、はっきり言って文化庁長官とか大臣とか、国にとって大して重要ではないポストとはいえ、明らか政権の右翼思想の言いなりになるとは。
 
 天下の東京芸大学長経験者でしょ? そして自身も表現者。
 「は?表現の自由でしょ。 事前検閲はいかなる場合でも忌避されるべき。」
 とか、あんたが言わねば誰が言うねん! ボーッと生きてんじゃないよ!
 
 国会に引っ張り出されての答弁では、表現の内容云々ではなく、申請手続きの齟齬だった、とまるで対韓国の貿易手続きに名を借りた経済制裁みたいな言い訳してたけど、見てて悲しくなりました。
 
 東京芸大学長から文化庁長官、その先に何を目指しているのか知る由もありませんが、ひさびさに大人って汚い生き物だなぁ、と落胆したわたしでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧