宮田文化庁長官に失望

 立て続けに襲ってきた台風や豪雨のおかげで、というと語弊がありますが、ここのところやっと表現の不自由展の話題が収まってきたようです。
 
 その終わりがけに襲われた大きな絶望が、一旦決めた助成金の交付を打ち切った文化庁の長官が、元芸大学長の宮田亮平だったこと。
 
 彼はかれこれ十年前にNHKの探検爆問という番組に登場し、あのピント外れの活弁を得意とする太田に対してびしばしダメ出ししていたのが非常に印象的でした。 あぁ、こういう権力から少し遠いところにいるような人が学長になるのが東京芸大の魅力なのか、と正直かなり感銘を受けたのを覚えています。 その興奮は十年前に書いた自分の文章でも明らかです。(二回も書いているし
 
 ところが先日のある朝、チコちゃんに叱られる!の再放送を見てたら、全く別のネタで久々のNHK登場。 そして肩書きは文化庁長官。
 
 「え?え?え?」

 ということは今回の不自由展の助成金打ち切りの責任者?
 
 いやぁ、はっきり言って文化庁長官とか大臣とか、国にとって大して重要ではないポストとはいえ、明らか政権の右翼思想の言いなりになるとは。
 
 天下の東京芸大学長経験者でしょ? そして自身も表現者。
 「は?表現の自由でしょ。 事前検閲はいかなる場合でも忌避されるべき。」
 とか、あんたが言わねば誰が言うねん! ボーッと生きてんじゃないよ!
 
 国会に引っ張り出されての答弁では、表現の内容云々ではなく、申請手続きの齟齬だった、とまるで対韓国の貿易手続きに名を借りた経済制裁みたいな言い訳してたけど、見てて悲しくなりました。
 
 東京芸大学長から文化庁長官、その先に何を目指しているのか知る由もありませんが、ひさびさに大人って汚い生き物だなぁ、と落胆したわたしでした。

| | コメント (0)

恫喝の失敗

 物事の交渉で最も原始的なものは威嚇ではないかと確信します。
 とりあえず「ごらぁ、なんじゃわれぇ」とできる限り迫力込めて言った方が勝つ、というか本格的な暴力沙汰にならずに済むことが多い。 これは発情期の猫や地方駅前のヤンキーで証明済み。

 で、文在寅さん、まずは冷静に「素直に韓国の司法に従えよ、この鬼畜イルボン」と上から目線で言ってきた。 ま、日本でも日韓協定はあれども個人の請求権は消滅していない、と言うのもいるから、そうやって言い張ってればそのうち親韓派、賢人、フィクサーなんてのが口を挟んできて賠償金払うだろう、と踏んでたはず。

 ところが「法律家なんでしょ? ルールを守ろうね?」と逆に馬鹿にされた。
 そりゃそうです。 ここで賠償に応じたら、韓国外からも怒涛のような同様の訴訟を起こされ、日本はその賠償で経済破綻してしまいますから、おいそれと妥協できるわけがありません。
 
 次いで日韓企業+αの三位一体案を出してきたが、なにせ慰安婦賠償を勝手にぶっ壊している人のいうことなので、「どうせまた勝手に潰して資金ネコババする気だろ?」とまた無視された。
 ここでブチ切れた文在寅は「人が優しゅうしとったらええ気になりやがってぇ。なめとんのんか!ワレ!」と日本に向けて、しかし視線はアメリカに向けて恫喝した。

 ところが、いつもならしゃしゃり出てくるアメリカは仲裁してくれない。 日本からもお節介野郎とか超党派とかが「まぁまぁ、そう怒らんとムンさん」と揉み手をしながら来る頃なのに。

 なるほど、押してもダメなら引いてみなか、と、栄えの光復節で、おまえらイルボンが心を改めれば我々だって鬼じゃない、いくらでもお話し合いしてあげるよ、と一段降りて歩みよった。 ほらほら、今だよイルボン、ミグクのお節介ども。 この仲裁の好機を逃すんじゃないよ、と。

 が、やっぱり無視された。

 可愛さ余って憎さ百倍、もとい、もとから可愛くも思ってないから憎さ京倍くらいでしょうか。 キレたキレた。
 身内のファンドに絡み、娘をちょこちょこっと努力させただけで韓国学生の憧れのエリート大学に入れちゃった男前のおっさんを先鋒に、反日総攻撃。 弾込めぇっ!撃ぇっ!

 日本製品不買は当たり前として、日本企業を戦犯と呼んでステッカーで見分ける親切さ。
 えっと、そもそも戦犯っていつの話かな? 第二次大戦? 秀吉の出兵? 白村江? いつまで続けるんでしょうね、この負け犬根性。

 あ、違う。
 彼らはもうその負け犬感情を克日として克服し、今では逆に日本を見下しているそうです。
 ゆえにその見下している民族に無視されたり、ルールを守れ、と言われるのは耐え難い屈辱、つまりはどこの会社やら集団でもあるマウンティングのこじれ。

 もちろん日本は日本で1mmたりとも韓国の下だとも思ってないので、そりゃもう円満に解決なんて素人目にも無理だとわかります。 どっちもどっち、さて先に潰れるのはどっちか楽しみ、程度。

 次の鍵は、徴用工裁判で差し押さえられた日本企業の資産が現金化された時だと予想しています。
 輸出許可の厳格化はあくまで予行演習で、この現金化に対して日本は明確に「報復」という言葉を使い、経済制裁を繰り出すべきだと考えます。
 韓国企業の信用ランクを引き下げる、融資の引き上げ、韓国企業の在日資産の凍結などを徐々に、かつ延々と真綿で首を絞めるように繰り出してゆく。 反日感情の盛り上がりを逆に利用して戦犯扱いされている企業を中心に韓国からの撤廃を続けて現地の雇用を減らしてゆく。
 これらの結果として、韓国の雇用・経済的影響がどこまで文在寅の反日政策を支持しえるのか、本気で楽しみにしております。

 念のために付け加えておきますが、この意見イコール自民党及び安倍政権支持を表すものではありません。 ただ、ここのところいい評価を得ていない各官庁の官僚には、この知能戦争にあるべき知恵を絞ってもらいたいとは期待しています。

| | コメント (0)

約束は守ろうね、嘘はダメだよ、って話しなんだけど

 最近、文在寅がらみのニュースを楽しんでいます。 なんだろうこの大統領(と取り巻き)は、って感じで。

 約束を守らない。
 ・1965年の日韓協定守ってね
 ・2015年の慰安婦問題日韓合意、勝手に破ったよね

 多分、日韓協定も慰安婦合意みたいにうやむやに無かったことにしようとしてるんだよね?

 あと、嘘はダメだよ。
 ・レーダー照射問題のあれこれ
 ・GSOMIA破棄の際、アメリカは事前了承済みと公表
 ・WTOのエアバルブ最終審の敗訴を国内では勝訴と発表

 連戦連勝の大日本帝国軍は、って大本営発表を参考にしたのかな?

 個人間でも約束を守らない人、嘘をつく人は次第に相手にされなくなりますよね。 だから避けられる。 すると馬鹿にされたと怒り出し、謝れ謝れ何度でも謝れ、とアイゴーする。

 なんかこの人たち、空想や妄想が現実と区別がつかなくなってる精神障害を思い起こさせます。 世界中の人は私を尊敬し、愛してくれるはず。 なのにどうしてあなたは私を嫌う!と包丁振り回してくる人、みたいな。

 そのうち、「極秘に訪韓した安倍総理大臣が青瓦台で土下座した」とか公式報道しだすんじゃないだろうかと、楽しみにしています。 「これに対応した文大統領は笑顔で総理大臣に歩み寄り、優しく手を取ってその謝罪を受け入れた。 この慈悲ある対応に鬼畜安倍は号泣しながら何度も何度も礼を述べた。」とかの妄想シーンと共に。

 反韓扇動とか、差別意識の助長なんてこれまた日本でもリベラル系の人が騒いでいるようですが、右とか左じゃなくて、題名通り、約束は守ろうね、嘘はダメだよ、って話です。

| | コメント (0)

調子に乗りすぎるなよ、香港民衆

 今時、日韓のことを書いておくべきなのでしょうが、あまりに呆れて何を書いてもディスりにしかならないゆえ、少し視点を南西にずらして香港のデモの件。
 
 言いたいことは理解しつつ、そろそろいい加減にしないと第二の天安門事件になりかねません。 すでに中国共産党はデモではなく暴徒として制圧するべく、その訓練ビデオを流し出しました。

 ある意味、今回、中国共産党はよく我慢しているというか、もっと早い時点で軍事介入、つまり第二の天安門よろしく装甲車で香港民を轢き潰すと予想していました。 が、考えて見ればあれから民衆による情報発信方法は多様化し、あの時のような粛清が終わった後に「なかったこと」にはできないとわかってるんでしょう。

 だから香港の民衆が調子に乗って暴徒化してくれればくれるほど、外向けの説明がつきやすくなるというわけです。
 デモはすでに訳ありの吉野家に集団で押しかけ、営業妨害に至る行為にエスカレートしており、たぶん共産党は、こういう具体的な市民生活の破壊、恐らくは無関係の一般市民の死亡や重症という事例をトリガーにして一気に軍の介入を進めるプランを立てているはず。

 それで騒ぎが収まっても軍が引くわけがなく、これ幸いと「今後も香港民の生活が平和に保たれるように注視を続ける」とかなんとかの名目で、香港警察を押しのけて人民解放軍の兵士と車両が街のあちこちに常駐するという将来も見えてきます。
 むしろこれのほうが世界の目を気にしながらジワジワと一国二制度を崩してゆくよりは手っ取り早く、大陸側は大喜びのシナリオとも言えます。

 仮に「民主主義=善、共産主義=悪」であったとしても、他国の領土にまで踏み込んで民主主義の後押しをするということは不可能であって、そうなると香港の民衆はこれを最後に完全本土化の波に飲み込まれることになります。
 あのデモに、かつての雨傘運動の学生リーダーのような存在があるのかどうか、そろそろ潮時にしないとエライ目にあいまっせ、という懸念でした。
 
 あ、いや、むしろ先鋭化したリーダーは共産党のスパイで、扇動陰謀かもしれません。 だったらまさしく思う壺。 これで長きに渡って資本主義に汚されきった太った豚どもを粛清できます。 かつて大きな理想を掲げながら失敗に終わった文化大革命も、この小さな島でなら成功できるかもしれません。
 「今、続々と天安門広場の周辺に軍の車両が集結しています」という報道を覚えている身としては、本当にいい加減にしないとね。 今や橋一本で繋がってるのよ>香港
 
 しかし、あのデモ、日本の若者もあれくらい政治に熱くなれ、的なコメントをテレビで聞きました。 いや、そうかな? 韓国のあのえじゃないか踊り的アイゴー狂乱も併せて考えて見るに、日本の若者のある意味冷めた民族性は、過大なポピュリズムを思いとどまらせる点ではむしろ賞賛するべきではないのかと。
 
 今の中韓が反日思想の上に成り立っているように、日本のそれは左派教員による「政治、権力、マスコミ、大衆を信じるな」教育のおかげだったりして。 あ、それ、おれのことか。

| | コメント (0)

多分、大阪限定パロ

Pmin

なんだ、わかっていらっしゃるんだ。 流石。

| | コメント (0)

地方の自民は痴呆

 辰巳琢郎と辛坊治郎。
 横山ノックと中村鋭一でっか? 三原じゅん子と橋本聖子でっか? いっそ上沼恵美子と間寛平担いだ方がええんとちゃいまっか。
 
 相変わらずの自民党ですね。 苦しくなったら芸能人とスポーツ選手ですか。
 遠く昭和の宮田輝や山東昭子を思い出してしまいました。
 続く平成すら終わろうとしているのに、芸能人ですか。 ほえ〜

 大阪中の食い物屋を行脚する「大阪限定ごちそうさま」が始まるんだろうか。 自分のヨットのみならず、大阪市まで沈没させるんだろうか。
 地方政治の枠組みを大きく問う大阪都構想の対抗馬がダブル芸能人とは。 大阪維新もナメられたものです。

 でも、大阪のおばはんは「あ、琢郎ちゃんや琢郎ちゃん!」「治郎ちゃんや!テレビとおんなじや!」と投票するんだろうなぁ。 こいつら、こないだまで「徹ちゃ〜ん」って街宣車に叫んでたんだけどね。
 ほんと、日本屈指のアホの街、大阪。

 もう自民も公明も政治や政策じゃないですね。 単なる遺恨試合。
 最大の争点である都構想は、ある程度は民意が支持していることは結果が示しているわけで、のちに修正するなり廃止する可能性もありつつ、とりあえずやってみろよってのが大阪府民としての私の意見なんですけどね。

 もちろん、大阪維新の会の考えもどうかと思う部分もありますよ。
 唖然としたのは、今度知事に立候補する吉村元市長。 カジノと万博会場となって急遽ゴミ捨て場から蘇ろうとする夢洲でF-1をしようと言い出したこと。
 F-1ですよ。F-1。
 メインメディアであるフジですら、すでに地上波から撤退して久しく、さらにはBSからも撤退、残るはCSとネットでの有償放送のみというやせ細ったスポーツ。 いまどきそんなもの誘致して盛り上がると考えるあたりが、あ、この人、すでにオワコン(この言葉自体がオワコンだけど)だ、と思ってしまいました。
 
 さて、昨日までは毎日やら読売は大阪維新のクロス選挙戦略に対し、府市民不在の自己都合、と厳しく断じていましたが、さて辰巳琢郎と辛坊治郎の芸能馬をあてがう自民の戦略に対してはどう評するのかとても楽しみです。
 まぁ、分かっているのは「どちらにせよ有権者不在の選挙である」と括るであろうことですけどね。
 
 いやぁ、とりあえず国政で自民党がないと政治が止まることは先の与党民主党時代でわかったけど、今回の大阪といい、数年前の小池都知事のジジイの念仏といい、地方の自民と公明ってもういらないよ。
 自分の議会席と、政治屋の看板守りたいだけやん。

| | コメント (0)

早く死んでください>森元首相

 一ヶ月ほど前、会計監査員が東京五輪の予算が「現時点で」所定の国家拠出予算の7倍もの金額に膨れ上がっている、と指摘しました。 金額にして八千億円。 ゴーンも真っ青。
 鉤括弧で括ったようにこれは現時点での話。 閉幕後の後始末まで考えたらこの金額で終わるはずがありません。 おそらくずるずると一兆円越え。

 誰の金?

 そして昨日、国の財政制度等審議会ですら国家予算編成に対し、「厳しい財政状況を後世に押し付けてしまう格好となっている」と指摘している中、この七千億円もの予算超過を、委員会の責任者である森は、「この機会に将来の日本のためになる、国民のためになる、その恩恵を受けることができるということであれば(大会に関連がある行政経費を)ある程度認めていかなければいけないのではないでしょうか」と反省の色無し。
 
 この戦後の経済成長期に生きてきた政治屋は、この丼勘定の中で税金を湯水のごとくばらまいて自らも美味しい還流を吸い続けてきたわけです。 そしてこの感覚が今だに忘れられない。
 日本の将来? 国民の将来? 「将来の借金」の誤植ですか?

 税金八千億円のほとんどは大企業と政治屋に。
 大企業はそれを労働者に配分するよりも内部保留で溜め込むか、あるいは投資家や一人のレバノン人に献金するだけ。
 一方の述べ十万人とも言われるボランティアには、最初は完全無償を想定していたというから、なにが国民の将来なのかと呆れてしまいます。
 最終的には一人千円!のプリペイドカードが渡されるそうですが、それでも「たったの」一億円。 しかも原則として宿泊施設も用意されず、実質無償で国民11万人を酷暑の中でこき使い倒すつもりです。

 財界と政治屋には恐らく最終的には一兆円を超える金。 国民には奉仕する誇りと喜びという甘言で無償労働の強要。 森を筆頭とする委員会の感覚は完全に狂っています。

 この昭和の政治屋の代表格、森。 普通ならとっくに定年退職、第二の就職すらお役御免の歳。 なのに、威圧的な外観と脳筋を頼られて今だに国家的行事の先頭に祭り上げられ、平気で時代錯誤なラッパを吹く。

 五輪が終わってもまだ生きてたら、また誰かに担がれ出されて、死ぬまで次は何の名目で税金吸い取ろうかと画策するはずです。 もううんざりです。
 もはや、一刻も早く引退してもらいたい、ではなく、早く死んでください>森元首相

| | コメント (0)

やったぜ日産、クーデター

 ゴーン逮捕。
 
 仮に税金で六割持って行かれたとしても40億円が残るわけで、それでも人の欲は切りがないと。(しかもその税金は日本には入らないという。)

 夕方のNHKニュースで一報を聞いたときには、国際的な有価証券報告の戦術かとも思ったけど、それでいきなりトップ逮捕って?と考えてたら、会社資金の私的流用とかなんとか闇の金の流れが続々と。 さらに夜が明けると、こないだ施行された司法取引を利用した日産のクーデターであるという説も。 いやぁ、話が遠山の金さん的に分かりやすくていい。

 まてよ?と考えても、今政権がなんとしても国民の目を他に逸らさなくてはいけない理由も特にないので、いわゆるスケープゴート的要素もないと思われます。(まぁ、外国人労働者問題があるじゃないかと言われればそうかもしれないけど、どうもあれは政権のオウンゴールになりそうな気も。(なにより野党自らに止める力がない))

 しかし、おもしろい。
 これがゼロが一個ほど少なければ地方都市の代々続く土建屋、二個少なければ若きブラック会社経営者程度のネタなのに、さすが世界を股にかけるとスケールが違う。
 逮捕場所となった羽田に降り立った飛行機の登録番号もNI55AN(NISSANではない)で、恐らくカンパニージェット。 Nはアメリカ登録だから、まるでハリウッド映画のセレブ像そのものです。
 
 ホリエモンなんかは、あれは別件逮捕、まだ他に悪事が出てくるんじゃないかと予想しているし、NHKの解説委員は蜥蜴のしっぽ切りに終始するのでは、と懸念していた司法取引がいきなりトップの征伐に用いられたことに驚いていたし、もう一度言うけど、なんとも素人に分り易い超大型単純ゴシップでございます。

 とはいえまだ容疑者だし、彼は恐らく超弩級の弁護人も抱えているだろうから今後どうなるかわからないけど、どうやら日産は会長の椅子から追い出せそうです。 まぁ、判官贔屓、尊王攘夷的視点から見ても、痛快な出来事だと日本人には映るでしょう。

 視線転じて、レベルは何万分の一だけど、うちのマンションの管理組合も一人のおっさんが肩書きを変つつずっと院政政治を敷いています。 仮にそれが優秀な人材であっても、長い間一人の人間が権力の座に執着することの危険性を改めて見たような気がします。
 
 あと、絶対に世界中のマスコミが書かない(書けない)こと。
 「だから移民(じゃないんだけどね)は卑しい」という欧州ルーツ白人たちの嘲笑。 そう言う意味では有色人種として残念でもあります。

| | コメント (0)

UFJでSTMというのに出会った

Stm 昨日、なんでPay-easyやないねん、とぼやきつつ、国民健康保険代を払いにUFJに。 すると9-15時で閉まってしまうエリアに変な機械が一台。
 どうみてもATMなんだけど、税公金・振込自動受付機というサインが懸かっています。
 要するに大きさもレイアウトもバラバラな各種帳票を読み込んで、支払い‏/振込ができるわけです。
 STMはStore Teller Machineの略なんだそうですが、なんだかすっきりしない英語です。 ATMとの差を明確にしたかったんでしょう。 ただ、STMというのはUFJ独自の命名で、業界ではATMの一つとして捉えられているようです。
 
 この日はとても窓口が空いていて、案内係がついた爺さんに占領されたこのSTMよりも窓口の方が早かったんだけど、とりあえずこれは試しておかなければ、とわざわざ爺さんの後に並ぶことに。
 自分の番になった途端、案内係が「領収書が大きいのですがよろしいですか」と念を押してきます。
 種々様々な納付書の領収欄にスタンプなり文字記入をするのではなく、納付書全体をコピーし、空きスペースに領収を証明する記載をした領収書が出てくるんですが、A4なので確かに大きいといえば大きい。 当然、手軽に財布の中にしまうことは無理。 でも、とりあえず窓口が混んでいる時には、無いよりはマシでしょう。
 ちなみにATM的なことは残高照会のみで、現金の引き出しはできません。(当たり前だ、そうなったらたちまち普通の行列ができてしまう) 

 ただ、新しいメカとの出会いなのに感動やら感謝が湧いてこないのは、15時で姿を隠してしまうこと(銀行休業日には一切使えない)と、既にこのOCR技術を使ったフレキシブルな読み取り技術は郵貯ATMで既視感があるからでしょうか。
 というか、これは金融機関のせいじゃないけど、こういう振込類はすべからくPay-easyだとかQRコードにするべきなんじゃないかと。 例えば国民年金は以前からPay-easy対応ですから、費用やら手続きやらあるとは思いつつ、単に役所のやる気の問題じゃ無いのかと。
 もっとも私の場合、そうなったら家からインターネットバンキングで入金しますから、このSTMを使うことはなく、ある意味、非常に中途半端な目的を抱かされた、刹那的な存在だともいえるのかも知れません。
 
 まぁこれも昨今報じられている銀行の人減らし対策の一環ですよね。 多種多様な振込に対応できる高給社員(派遣含む)を単なる案内役に切り替えれば人件費は下がるし、さらに無人化できるかもしれない。 あ、いや、機械の使い方がアッパラパーな年寄りがいる限り無人化は無理かな。 理解できない自分に腹を立てた年寄りが機械を打ち壊すかも。

| | コメント (1)

世界的なクソとクソ

 残念ながら予想通り、ろくな結果が出ませんでした。
 マスコミは一応の成果があったとは前置きしつつ、揃って「しかし...」。
 
 なんてことはない、何も進まなかったのです。
 アメリカは、「日本や韓国が何十年もかかって何度も失敗した難問を一回・一発で解決するだろう」みたないなことを言ってましたが、とどのつまり何十年、何度も忍耐が必要な列の最後に並んだだけでした。

 今後北は、のらりくらりとかわし続け、アメリカが業を煮やして改めて強硬な処置に出るのを待つでしょう。 そしてそれを一方的な声明違反と罵り、引き続き秘密裏により完成度を高めた核を振り回して、さらなる好条件をアメリカを筆頭とした世界から引き出すのがキムが死ぬまで続けるロードマップのはず。
 
 で、この「自らの身勝手な行動はあれこれ言い訳しつつ好きなように進め、他人の行動や指摘には正論でねじ込む」方法。 どこかで見たことがあるなぁ。 そう北の隣の虫の国のやり方ですね。
 会談前に何度もキムと担当者が中国に馳せ参じたのは、この交渉手法を教え請うためだったと考えられます。 でないと、いくらクソとはいえ、これまで多くのビジネスの舞台で交渉をまとめてきた(蹂躙してきた)トランプをここまで無力化できなかったでしょうから。
 
 今回のトランプへの失望、これもどこかで既視感が、と巡らせると、あぁ、あの民主党が与党になった直後の鳩山です。
 国民は長き自民党の独裁が終わり、これからきらめく明日がっ!という期待を抱いていました。 が、よもやよもやの無能ぶり。 いや、確かに大丈夫かな、とは思ってたけど、まさかここまで役立たずだとはと、これでアメリカの彼の支持層もざわつき出すんじゃないでしょうか。 
 
 こんなクソとクソのじゃれあいに16億も負担したシンガポール国民の皆様、本当に御愁傷様。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧