土下座すればいいのか

 最近サッカーの応援に対してあれこれ制限が増えてますね。 何でもやりゃ良いというわけでもないでしょうが、甲子園球場ライト側の応援を知っているものとして、はて?同じプロスポーツでそこまで制限されるのか、と疑問を感じていました。
 
 まぁ、サッカー応援の最悪側の頂点が欧州のフーリガンですから、それを現地で見てきた日本人チーム運営関係者にとって、日本のサッカーはああなってはいけない、という自負もあるのだろうと思います。
 しかし、さっきたまたまYahoo!のニュースを見ていたら、長崎のクラブチーム応援団がそういう昨今の風潮に対して反論を主張したそうで、少し安心しました。
 
 というのは、この件に限らず、日本の土下座文化に嫌気がさしているからです。
 物事はシンプルそうに見えることでさえ、拡大すれば様々なヒダがあります。 そこを丹念につつけばどんな物事にも文句を付けることができます。 もちろんそれは自由で、制限されるべきではありません。
 しかし、これに対して文句を付けられた方が自動的に謝罪し、多くの場合で主張を引っ込めてしまう傾向が日本にはずっと昔からあります。 最近ではコンビニ店員に土下座させて捕まったバカがいましたが、特にネットに限らず、言いがかりをつけてきたものにさえ他のお客様の迷惑になるから、と責任者が頭を下げて、さらに場合によっては菓子折りの一つも渡すというような行為が日本の商習慣であるかのように存在します。

 ネットの世界でも似たようなもので、苦情の手紙や電話はもちろん、メール、そして最近ならSNS上での炎上などがすぐに起こります。 言っちゃ悪いけど、それを暇つぶしや憂さ晴らしにしてネタを始終探している人たちもいます。 ま、それも自由と言えば自由。
 ところがそれに対して、反論する当事者が殆どいないのがむしろ腹立たしいのです。
 
 最初からよほどの悪意があればともかく、最初に何か意図や目的があってその行為を始めたにもかかわらず、そこを簡単に捨て去って謝罪に奔走し、嵐が過ぎ去るのをただひたすら(腹の中では「やれやれ」と半ば呆れて苦笑いしつつ)待つ、というのは、なんだかとても低能で卑劣な行為に見えてしかたがありません。

 そんな中、言葉選びが難しい中を、贔屓のチームを応援することが何なのかをちゃんと訴えたこのサポーター集団のあり方は、判断はどうあれ、まず正々堂々とした対応手段だと評価したいと思います。

| | コメント (0)

空気読めない阪神タイガース

 嫌な予感を押さえつつテレビをつけたら、阪神が広島相手に大量リード。
 あああ、やっぱりこいつら全然空気読めてね〜!
 
 八百長とかではなく、ここは広島に最後の期待を込めて、宿敵東京読売巨人軍ジャイアンツに一矢報いる最後の時でしょうが。 広島相手にこんだけ点とる前に東京読売巨人軍ジャイアンツ戦で一勝ぐらいせえや。
 
 想えば首位東京読売巨人軍ジャイアンツまで0.5ゲーム差まで近づいた時、これで一瞬でも首位に立てれればこいつらは昔の阪神じゃない、と期待していたのですが、結果は数十年変わらず「ここ一番で絶対に勝てないダメ虎」ぶりを発揮。 東京読売巨人軍ジャイアンツの面々も「ここ一番で絶対に勝てる俺たち」に更なる自信を持ったんだろうなぁ、とほんと憎々しい。

 挙げ句の果てに、おこぼれファイナルステージに向け、田舎もん同士がデッドボールネタで乱闘寸前まで燃え上がるダメ虎。
 
 アホちゃうか。 相手が違うやろ。
 校内でしかエラそうにできない田舎番長か。

| | コメント (0)

嗚呼、栄光の東京読売巨人軍ジャイアンツ

 いやぁ、巨人、内輪もめしてますねぇ。
 もうボケジジイはいい加減退場してもらえないもんでしょうか。 森光子しかり石原慎太郎(岩手のがれきを真っ先に引き取ったことは最大限評価していますが)しかり、自分で引き際が判断できなくなった老人の惨めさは見るに忍びません。
 コーチ人事の報告受けてるの忘れてマスコミに「聞いてない!」って悪態つくんですからね。 「うちの嫁は飯を食わしてくれん!」と食後に悪態つく老人と何の変わりもありません。

 ああいう年寄りが会長だの主筆に居座り続ける組織は悲惨ですね。 清武GMの涙はその証でしょう。
 しかしさらに悲惨なのは、清武GMが同士だと言わんばかりだった桃井オーナーには「え?知りませんで、それこそがコンプライアンス違反でしょう」と裏切られ、結局読売は相手が痴呆老人であっても上司にゴマする体質であることを証明したようなものです。
 
 数ヶ月前、読売新聞の勧誘が家に来て、馬鹿の一つ覚えのようなあまたの洗剤でうちの嫁を釣ろうとしていた場面に出くわしました。 その洗剤に引かれそうになってる情けないの馬鹿嫁の肩越しに、私が大声て言った言葉。
 「あかんで、読売なんか新聞ちゃうで!」
 本音では「読売と産経は」でしたが、ま、そこはとっさの一言。
 
 勧誘の若者は「そ、そこまではっきり言いますか...」と不満げでしたが、ナベツネが辞めたら考えても良い、と続けて私が言うと、「それはないでしょうねぇ」とあっさり引き下がりました。
 
 あ、そうそう、先日の菅野をドラフトで取れなかった日、ニュースでその瞬間を見た我が家族は(嫁と仲が悪いにもかかわらず)全員思わず拍手喝采でした。 その後、あの件では日本中で大喝采が起こっていたとネットで知りました。
 まぁ、そんなもんでしょう。 親戚だかなんだか知りませんが、巨人だけが別だ、みたいな風潮はけったくそ悪くて反吐が出ます。
 
 『我が大嫌いな栄光の東京読売巨人軍ジャイアンツは永遠に不滅です!!!!』
 
 (って、毎年シーズン最後にタイの浸水のようにじわじわ浮き上がってくる陰気な中日も嫌いだけど、ガマガエル監督が辞任するので、ちょっとは明るく楽しい球団になってくれるのではないかと期待しています。 ドアラ好きだし)

| | コメント (1)

城島への懸念

 えっと、こないだの新聞社対抗野球大会はどっちが勝ったんでしたっけ...

 負け惜しみはさておき、城島が来るんですねぇ。 はっきり言って私はイヤだ。
 理由は彼のプレースタイルに若菜が重なるから。

 マリナーズでのプレーを見てもわかるように、要するにオーバーアクションなんです。阪神にいた頃の若菜そっくり。 移籍時の報道に使われていた映像でも、盗塁を刺すための二塁へ送球フォーム、その結果を見ずに自信満々でベンチに引き上げる姿など、強くて格好良いと思う人もいるかも知れませんが、私はあまりに若菜譲りの「目立チン(大阪弁で目立ちたがり屋のこと)」ぶりにげんなりしました。
 あれが阪神に来るのかぁ、加えて試合中継の間、殆どの時間を画面中心で見せられるのかぁ、と。

 町中でのファンへのインタビューなどでは現状の大砲不足(いや、いるいにはいるんだけど、火を噴かない大砲が)解決に比較的好意的なものが多かったようです。
 でも真弓と一緒に若菜が阪神に来たときの阪神戦を覚えているものとして、そしてダイエー時代に城島を育てたのが彼で、そして涙ぐましいほど彼のスタイルを踏襲している城島を見ると、古いファンは苦言を呈さないのかな、と思います。

 当時の若菜への解説者のコメントは、キャッチャーボックス内で動きすぎてピッチャーの気が散る、そんなアクション考えてるからパスボールするんだ、とか結構さんざんだったのを覚えています。
 まぁ、永久Bクラス時代のことですから、誰に対しても批判的だった阪神暗黒時代だったとはいえ、試合に負けると「みんなお前が悪いんじゃぁ!若菜!」というヤジがどれだけ甲子園とサンテレビを見ているファンの間に巻き起こったか。
 もちろん、この「若菜」の部分にはその前は「田淵」が入っていて、今では「新井」が入っていますから、憂さ晴らしのスケープゴートではあるんですが。

 現行阪神でのオーバーアクションは既に私は平野でうんざりしているんです。
 大してえぐられてもいないのにいちいちのけぞってバッターボックスから後ずさりするとか、そんなんするからピッチャーの球筋がぶれて見えるんじゃ、と。 解説者も「ああいのはむしろ審判への印象が悪くなって不利になるんですよ」と言ったりしています。
 我が家での彼の愛称は「チョロりん」(いつもチョロチョロしてるから)。

 城島は若菜ではありませんし、投打にめざましい活躍をしてくれれば文句も出ないでしょうけど...
 あぁ、でも狩野がやっと育ってきたのになぁ、来シーズンは中継見るのにストレス溜まりそう。

 以上、真弓監督が阪神叩き上げじゃないことを知らない時代の人にはどうでもいいようなお話でした。

| | コメント (3)

岡田の解説がおもしろい

 昨日の金本のヒーローインタビュー。
 『アライさんには期待できないので頑張りました』
 すっげ〜、それ言っていいの?? そんなこと言えるのはあんたと野村ぐらいやで。

 今期四度目のサヨナラ殊勲打。
 それだけうしろの新井が信用できない証拠です。(まぁ、そう思っても打てないのが常ですから今年の金本はスゴイ)

 さて、野球の方の岡田、藤山寛美の方はタイガースの監督を辞任した後、今年はABC朝日放送の解説をやっています。 ここ数日GAORAで耳にされた方も多いでしょう。

 で、この解説がおもしろいのです。
 確かに優勝はできなかったものの、昨年のタイガースの快進撃を思い出すと、こうして解説席に座っていることが不思議なくらいの存在。

 例えば、先日勝ち越し点を入れた後、多くの阪神万歳解説者が「さぁここからどんどん行きましょ〜」と言うであろうところを「いや、ここで攻撃終わって、投手でチェンジ、次の回にそなえなあきませんよ」。
 昨日の試合にしても、結果的には勝ったものの、負けの時点でアッチソンを出したことに対し「江草でしょう。アッチソン毎日投げさす気でしょうかねぇ。う〜〜〜〜〜」と明らかに真弓との路線の違いがはっきり。
 加えてバントを失敗し続ける鳥谷の時「ずっと三番とか言ってるんなら打たせたらええんですよ。プロなんやから誰でも打ちたい筈ですよ。ぼくも現役の時にわざとサイン出たバントを失敗して『打て』を待ちましたもん。結果江川からホームラン打ったことありますよ」という本音話も。

 もともと昨シーズン終了時に岡田が辞めることに反対賛成ではなかった私としては、やっぱり監督っていろいろ考えてたんだなぁ、と素直に納得してしまいますし、負けた時に「こらぁ、ひょっとこぉ」って罵倒して悪かったかな、とも。

 そんなこんなを考えると、真弓は今年限りでやっぱり岡田に戻ってきて欲しいと思います。

 

 以下、学校の職員喫煙室での馬鹿話。

 阪神球団事務所の電話が鳴る。
 「あ、岡田やけど、ぼく来シーズンどこの解説も引き受けてないで」
 「岡田さんも最近毎日かけてこられますね」
 「え?他にも?」
 「星野さんは午前と午後、一日二回かけてこられます。星野さんも来シーズン他に予定を入れていらっしゃらないそうです。 掛布さんもかけてこられますが、挨拶だけでこちらから切ります。 川藤さんは着信拒否しています」

 お後が宜しいようで...

| | コメント (0)

ダメ虎再来の予感

 はい、阪神タイガース、ポストシーズン敗退しました。
 まぁ、ファンとしてはもう怒る気もしないシーズンでした。
 
 今日の試合で言えば、打つべきところでホームランを打つクリーンアップと、サッカー日本代表顔負け、あるいは晩年の片岡のように悔しそうな演技だけが天下一品のクリーンアップの違いでしょうか。
 仮に今日勝てても、巨人に通用するわけがなく、そう言う意味では中日はよく引導を渡してくれた、という気にもなります。
 
 怖いのは来年から暫くお馴染みのダメ虎再来の予感がすることです。
 最大13.5ゲーム、二位を離していても優勝できなければ、一体どれだけ勝てば良いのかという具体的な感触が持てなくなるはずで、ここぞという時に弱いタイガースの本質が露呈すれば、僅差での優勝争いはさらに無理でしょう。 誰が監督になっても一緒。 いや、噂されている真弓、木戸、平田共にこの体質をよく知っている筈。
 皮肉抜きでここ暫くの阪神の応援は、テレビを見ながら罵倒するというパターンでして、まぁ、そう言う意味では懐かしい時代への回帰という気もします。
 
 とはいえ。
 今頃は京阪神を中心とした飲み屋や茶の間で「戦犯探し」が行われているでしょう。
 私なりには何よりも野口。
 オリンピックの間、矢野がいない留守宅を護るどころか大連敗のきっかけを作ってしまいました。 次期正捕手の座を奪うチャンスだったのに、結局老体矢野をその後酷使することに。
 
 次に金本。
 今の阪神ファンにタブーはありません。 今期、何度もホームラン性の当たりが外野フライになっていたのが印象的でした。 偉大な打者の引退の引き金になる典型的な事例です。
 もちろん本人が一番気がついている筈なので、来季の去就が気になります。
 
 最後に星野。
 気合いのアピールだけでオリンピック代表選手を選んで見事敗退、加えて多数の故障者に決定的なダメージを与え、真偽の程はともなく今回のひょっとこ、いや、岡田監督の引退の因縁を作ったともなれば、結局もうろくした根性ジジィを甘やかしてしまった日本の野球界全体の問題とも言えるかもしれません。
 
 いえ、別に怒ってないですよ。
 ポストシーズンもあわせて150試合近く、ご苦労様でした。 かつては五月で終わっていたタイガースファンのシーズンを十月まで楽しませてもらったことには感謝しております。
 来春まで野球にさようなら。

 あのうっとおしいナベツネの口を封じる為にも中日頑張って下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

生で見るサヨナラゲーム

 日本中の子供達、学生達の諸君、そろそろ夏休みは終わりですよ。
 おじさんの夏休みはまだ終わらないけどね。
 
 ということで昨日は先月に続いてまたまた甲子園に。 対戦相手はこれまた中日。
 前の日、ボーグルソンの癇癪と久保田の持病で負けたので心配していましたが、見事林のサヨナラ犠牲フライで六甲おろしを歌うことができました。
 
 いやぁ、スリーランは打たれるは、最終回に藤川が打たれて同点にされるわで、ついに甲子園観戦阪神連勝記録が途切れるか(って数える程しか行ってないですが)、とヒヤヒヤしてました。
 試合終了と同時に上げる風船も同点の段階で一旦空気を抜き、九回裏も取りあえずは膨らませたけど、さてどうなるかという展開。
 
 しかも今回は内野席。 いつもと勝手が違う。
 子供の頃に一度内野席に座ったことがあるものの、この時は高校野球。
 おかげで途中降った雨も全く気にすることはなかったのですが、外野に比べると今ひとつ燃えません。 先月よりも涼しかったとは言え、ビールもそれほど飲めませんでした。

Koshien2

 ただ、さすがに内野席は距離感が違いますね。選手が人間として見える。
 逆にそれが災いして、家でテレビ中継を見ているかのような感覚になって、応援するというよりじっくりと見入ってしまいました。
 林のフライにしても、タッチアップの微妙な距離感がよく掴め、テレビだったら上がった瞬間に勝ったと思うのに、センターがボールを取って、ランナーがタッチアップして、送球が逸れ気味に返って来て、平野がホームを踏んで、という動作を一つ一つ確認しないと風船を握る手を離すことができませんでした。
 
 いやぁ、儲けた儲けた。
 
 あと一つ。
 バックネット裏でテレビ中継のカメラを操作していた女性がメチャクチャ格好よかったです。
 グレイのジーンズに包まれた脚線が非常に美しく、思わず写真に撮ろうかと思いましたが暗くて無理でした。
 いやぁ、確かバックネット裏のカメラって相当の腕が必要とされるはずで、それをあんなすらりとした女性がオペレートしてるってそれも格好よかったです。
 
 Oh, 今日は久しぶりに大阪市内に出ての仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WATERBOYS2

 10万アクセスありがとう、と言いながら、最近更新が滞りがちです。
 毎日同じパターンの繰り返しのせいで今ひとつネタが出てこないというのもありますが、このところよせば良いのにまた小説なぞを書き出しておりまして、それも一つの原因であります。
 
 毎晩9〜11時頃に強烈な眠気に襲われ、1〜2時間爆睡した後目覚め、そこからビール一缶飲んで朝まで書いて、トーストかじりながら朝刊読んだ後に昼まで寝るパターンです。
 世の働き盛り、エグゼクティブの50代男性すいません、キリギリスです。晩年多分苦労すると思います。
 
 まぁ、それはさておき、昨日は市営プールの定休日。 この週は結局週六日通いました。
 月が開けたら改めて「ほぼ毎日プール」の報告を書きますが、いつのまにか溺れているようには見えなくなってしまいました。
 歩くのと同じペースだったらいつまでも平泳ぎでちんたらちんたら、そう、あの「ジジイやババぁが恐ろしい程ゆっくり、しかし泳いでる」はマスターできたのです。

 学んだ事。
 「水泳は息継ぎである」「息を吸うには吐かなくてはならぬ」
 ま、多くの日本人は小学生時代に会得している事です。
 
 さて、そんなこんなでプールも無い昨日の昼下がり、"民放連未だに追放中関西テレビ"がWATERBOYS2の三話連続再放送をやっているのを娘と一緒に見てしまいました。
 以前だったら絶対に見なかったのに、毎日泳いでると急に水泳に親近感がわいて来たという。
 
 いや、ストーリーはオーソドックスなんだけど、メインの五人が若くて良い。 若いと言っても「ルーキーズ」ほどヤンキーっぽい若さじゃなく、子供っぽい若さ。
 少し前ならそのわざとらしく青臭い演出がNGだったのに、さすがにこの歳になると素直に見られるもんだなぁ、と結局三話連続で見てしまいました。
 世の働き盛り、エグゼクティブの50代男性すいません、キリギリスです。晩年多分苦労すると思います。

 んでオチは、
 「男はクロールやで」
 オープニングのスローで流れるクロールの映像を見てると、素直にそう思います。
 バタ足全然進みません。
 左腕の筋力が弱いのでかなり苦労すると思いつつ、これまたジジイやババアが驚く程ゆっくりクロールで泳いでいるのを目にすると言い訳にはなりません。
 ということで来年の夏までには(長いな〜)クロールをマスターします。
 
 そして
 「目指せあの体型」
 かなり脇腹はすっきりしてきましたが、彼らの体を見てるといやぁ、まだまだ落ちるんだ、と痛感。
 相手は二十歳前後のシェイプですが、理想は高い方が良い。
 って何に燃えてるんだか。
 
 最後にもう一度改めて。
 『世の働き盛り、エグゼクティブの50代男性すいません、キリギリスです。晩年多分苦労すると思います。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生で見る満塁ホームラン

Koshien

 夏休みに入ったら暫くは寝て暮らしたると思っていたら、なんだかんだと忙しく、朝のんびりできたのは昨日のみ。
 そして夕方には久々の甲子園へ。
 前回が2005年やから、三年ぶりですかぁ。 メガホン取っておいてよかった。 娘も甲子園デビュー。
 
 今回は三塁側アルプスでしたが、今や外野のごく一部を除いてポジション関係なく全席阪神側です。
 その一部に陣取っている中日応援団席ですら阪神ファンがちらほらいる有様。
 中日応援団を見て、娘曰く「なんか、かわいそう」。
 
 嫁が中日戦のこのチケットを取った時は、「あほやなぁ、負ける確率高いやんかぁ」と愚痴りました。 が、今の中日はいつのまにか元気がなくなっちゃいましたね。 アンチ・ジャイアンツとしては今や阪神のライバルは中日と思っていたのにあわや完封の試合でした。
 
 んで、何よりラッキーだったのは打った関本が生まれて初めてなら、私にとっても生まれて初めて見る生満塁ホームラン!!!!
 いやぁ、一発で四点。 グランドスラム。 あるんですねぇ...
 しかもレフト線ギリギリだったから目の前を打球が飛んで行きました。
 サマージャンボ買おうかな。
 
 ただ、今ひとつ興奮が無いのは、丁度ホームランが出た直後に我々の横の客が遅れて来て、遅れてくるのは仕方が無いとしても、空気読めよ!状態でした。
 もっとしみじみ味わいたかったのに...
 
 安藤が完投で、JFKが一人も見られなかったというと贅沢なんでしょうね。
 もう一つ残念だったのが、その満塁ホームランのボールを巡ってファンの間でケンカが起こったこと。
 気持ちはわかるけどええ大人がボール一個でケンカすんなよ。 警官まで出て来たやんか。
 
 球場ならではの発見が、リリーフカーと言うんでしょうか? あのお姉ちゃんがリリーフピッチャー乗せてくる電気自動車。
 あの運転がスゴイ!
 左ハンドルなのに、外野に戻って来た後フェンスぎりぎりに幅寄せ。 そこからぐっと方向転換して外野とアルプス席の間の狭い通路を結構なスピードで躊躇無しの直線バック。
 テレビで見ていると「ちんたら走って楽な仕事やなぁ」と思っていたのですが、いや、あの娘、ただもんやおまへんで。
 
 丁度給料日だったので、一個千円のハラミ弁当食って、ビールも結構飲んで、いやぁ、良かった良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相撲界の低能さ

 どうやら時津風部屋が部屋ぐるみでいじめをやってたようですね。
 まぁ、鍛錬といじめは昔から紙一重みたいなところがあるとは言え、ビール瓶で殴って鍛えると言う話は前代未聞です。
 
 時間が経つに連れ、殺された(と、敢えて断定しておきます)弟子が辞めたいと意思表示した事からこういう事態になったと現時点では想像できます。
 辞めたいと言ったら殴る蹴る、そして殺される。 これじゃヤクザの世界と同じ。
 
 最低でも業務上過失致死、最悪は殺人罪及び幇助で部屋消滅が妥当かと思います。
 
 まぁ、この辺りは今後の進展待ちの部分もあるとは言え、相撲界トップの低能さを改めて示した事件かと私は感じました。
 例の朝青龍事件での高砂親方の甘さ加減。 獰猛なだけの猛獣を躾ける事もできず、ただのモンゴル温泉旅行は呆れるのを通り越して思わず笑ってしまいました。
 そして相撲界のドンである理事長はそれについて歯切れの悪い言動しか行っていません。
 
 新人類関取とか言われた北尾辺りから、相撲界は変化する世相に対応し切れなくなったのだとも言えます。
 千代の富士が引退後に「田舎の貧しい家に育ち、東京から親方が来て『相撲で強くなれば腹一杯飯が食える、お金持ちになって両親も楽になる』と言われて相撲界に入った」と語ったのを覚えていますが、(地方の格差拡大とは言え)その頃とは時代が違います。
 
 しかし指導者達はそれに対応せず、キツい言い方をすれば対応できる能力も無く、ただただ自分が体で覚えて来た方法を工夫も無く下に伝えるだけしかして来なかった膿が今頃になって出て来たと言えないでしょうか。
 
 一方で有識者など立派な教育を受けた面々が横綱審議会とかで鎮座しているけど、相撲協会に遠慮があるのか、持って回ったような批判しかできていません。 もちろん、実際に相撲をとった事も無い連中がリーダーになるのはまた困り者ながら、少しでも協会運営に批判的な態度をとったものは即取材証を取り上げる等、協会は頭が切れるとはお世辞にも思えません。
 
 国技であることには文句を言うつもりはありませんが、その過保護にあぐらをかいて八百長も含む批判に対して数十年前からいつもうやむやな対応で済ませ、そしてなぜかそれを容認しようとするマスコミの姿勢等、このままでは相撲界はますます一部の人たちのマニアな興業に向かい、国民の意識とはほど遠い国技になりそうな気がします。
 
 柔道ですら国際的な協会の理事から日本人が事実上排斥されるような時代ですから、相撲の世界も数十年先を見越した組織になるべきで、そしてそれが可能にする広い視野を持った人物がトップに立つべきでしょう。
 冒頭弟子殺人もうやむやにするようであれば、さすがに世論も黙っていないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)