そ、そ、それは大根の魂を冒涜するものだろう?

 今日の大阪はとても暖かでしたが、それでも晩御飯は鍋。 〆のためにあらかじめ多めにご飯を炊いておいたんだから。
 
 で、何鍋にしよう、と仕事の合間に(今日は検定試験の検定員だったのだ)あれこれ考え、「そうだみぞれ鍋にしよう」。
 いつもならなんとか鍋スープってのをベースにするんだけど、今回は味の素の丸鶏ガラスープの素だけというレシピに決定。
 ただし、豚バラだけだと飽きるので、半量を鳥ももにしたり、しめじのかわりにえのき茸にしたりと一工夫。

 んで、みぞれ鍋っていうくらいだから大根2/3本をフープロで一気におろすんだけど、レシピを見ると「水に軽くさらしてざるに上げ、水気を切る」とあります。
 え? それ大根の美味しいスープとジアスターゼを捨てろってことじゃない? それはあまりといえばあまり、大根の魂を冒涜する以外何者でもありません。 水切りしたスイカを食うようなもんじゃありませんか。 大地の神の罰が当たるぞ。
Daikon 
 ただ、言いたいことはわかる。
 普通に大根おろしを鍋に入れると、旨味が加わると同時に水っぽくなるのも事実。 それを防ぐには水分を切るしかないのでしょう。
 
 仕方ない、ザルからこぼれた大根汁は別途ありがたく頂くとしましょう。 スープカップに注いでズルズルズル…
 旨い! 加えてさすが消化酵素ジアスターゼ。 胃がみるみる軽くなるのがわかります。 これ、なんかに混ぜると旨いんだろうになぁ、と考え中…
 
 焼酎を割るか?

| | コメント (0)

この冷凍あんかけラーメンが旨い

 また食いもんネタか〜い? そうで〜す。
 いや、他にもネタはあるんだけど、もう少し経たないとまとめられないものばかりで。
 
 で、これが毎週とは言わないけど、月に2回は食べたいマルハニチロの横浜あんかけラーメン。 公式サイトには横浜を中心に「サンマー麺(生碼麺)」の名で根強い人気のラーメン、とあります。Ankake2
 あんの旨み、野菜の歯ごたえ、麺の太さが絶妙で、これで税抜き300円切ってるってすごい。
 調理法はレンジだけと鍋も加える二種類ありますが、オススメは鍋併用。
 欠点といえば、あまりの旨さにあんを最後まで頂いてしまうことでしょうか。 普通の汁出しならぜったいにそんなことしないんですけどね。 油はしつこくなく、食後に胃がもたれるようなこともないとはいえ、塩分はそれなりにあるでしょうから。
 
 うちの定番冷凍食品はこれと、あとあまりに有名になった味の素の餃子の二つ。 チープだけど(チープだから?)幸せになれます。
 
 さて、わざわざ丼の縁に乗せたお箸は知り合いからベトナム土産でもらったもの。
 よく見てください。 先端が平坦になっていて、麺を中心としたベトナム料理に最適なんだとか。
 確かに麺類には最適で、一方で細かい箸さばきが必要な焼き魚とか豆料理とかには不向きです。 でももう一つのすごいメリットは、納豆練り。 普通のお箸ではプラスチックケースに穴を開けてしまうことがよくありますよね。 でもこの箸なら安心してネリネリできます。
Ankake1
 ラーメンといえば、イオンのレンジで温めるだけという生タイプの野菜味噌ラーメンもお気に入りだったのに、いつのまにかスープが液体から電子レンジ用のゼラチンタイプになり、同時に麺もそれに特性を合わせたのか不味くなって定番落ちしてしまったという悲しい話もあります。
 あれ、野菜がいっぱい入ってて美味しかったのになぁ... 

| | コメント (0)

寿司が洋食になるとは

 料理ネタ連続御免。
 
 先の料理記事を書く時、確認のために改めて開いた永谷園のサイトに「ウインナーと目玉焼きのっけめし」という新メニューが出ているのを目にしました、
 ちょっとランチっぽいんだけど、こんなにたくさんのご飯をランチに食べたら大変。 むしろ夕飯に良いのではないかとよく見ると...
 
 なんと混ぜご飯のネタは「すし太郎 黒酢入り」。
 え?寿司? これって洋食じゃないの? チャーハンとかピラフの素じゃないの? と少々混乱。
 が、他にも担当者が調子に乗ったのか、「豚バラコーンのっけめし」とか「から揚げのっけめし」とか全部すし太郎で作ってる。 え〜、酢飯がそんなのに合うのかぁ?と首をひねりながらも、天下の永谷園、ゲテモノ味になっているはずもないか、と挑戦してみる。

Nokkemeshi

 結果、立派な洋食になってました。 旨い!。
 いや、むしろ意識しないとちらし寿司だとは思えない不思議さ。 感覚の錯覚なのか?
 目玉焼きを見るとついついケチャップをトッピングしてしまいそうですが、レシビではマヨネーズを推薦していて、これがまた合う。 寿司にマヨネーズねぇ、と思うも、サラダ巻きですでにお馴染みか、と改めて納得してみたり。
 難易度も、料理好きな小学生でも作れそうなほど簡単。
 
 これにお気に入りのなんちゃってミネストローネとサラダを添えて、今日の夕飯も完食〜

| | コメント (0)

チートぶりソテーと卵焼き

Buri3


 これが前回昆布と豆の煮物を紹介したときに触れた(というか写真を撮り忘れた)「永谷園の松茸味お吸い物をつかったぶりのソテーと、ふっくら仕上がる液体を混ぜた卵焼き」です。(写真を修正し直しました)
 
 まずはぶりの方。
 短い間一緒に働いていた主婦から教えてもらったのが、永谷園のお吸い物を使ったレシピが結構行ける、というネタ。 確かにネットを見ると永谷園自らが自社製品を基にしたレシピを多数掲載しています。
 その中でも彼女のイチオシだったのがこのぶりソテーで、切り身にお吸い物の中身をまぶして一晩寝かせます。 
 ポイントは「ソテー」。 強火で三分ほど両面に焼き目を入れたのちにフライパンに蓋をし、弱火で五分。
 身がパサパサしがちな焼きぶりも、おそらく松茸の味お吸い物が一晩かけてしっかり染み込んでいるせいもあってしっとりと焼き上がります。
 写真ではぶりが小ぶりですが、一回り大きくて厚い切り身でも大丈夫です。
 冷蔵庫で一晩寝かせるという条件ゆえ、はっと思いついてすぐにという時短ではないものの、むしろ最近では照り焼きやぶり大根よりも気に入っています。
 
 その隣は一見普通の目玉焼きなんだけど、ヤマキの「ふっくら卵焼きだし」という液体を加えて焼いています。
 わたしはどうも卵焼きの才能がないようで、いつもパサパサ、味も今ひとつ。
 
 ある日、スーパーの陳列棚端の壁にこの製品がずらっとひっかけられており、値段も庶民的だったので即購入。 卵二つに中袋一つを混ぜ、あとは焼くだけ。
 いつもパサパサになるのは焼きすぎるからとわかってはいるので、半ナマの状態でくるくる巻いてゆく。 あれ?まだ下手くそだ。
 でも味は良い。 原材料名見ると甘いの辛いのなんたらエキス満載ですから、ピュアを求める人から見たら禍々しいものなのかもしれません。 でも美味しい。 朝食にしか出せない卵焼きが堂々夕食デビューって感じです。
 てなわけでこれはとっても時短。
 

| | コメント (0)

この煮物に痺れた

 ここ数ヶ月、昔祖母がよく作ってくれた昆布の煮物を作るようになりました。
 昆布巻きの要領で、圧力釜を使います(祖母は普通の鍋でコトコトやってたけど)。 と言っても巻いたりはせず、ハサミで2〜3センチ幅に切って戻したものを煮るだけ。
 ただ、これだと見た目が真っ黒でちょっと彩りに乏しい。
 
 ということで市販の五目豆の水煮パックを購入し、圧力を落した後に加えてさらに煮る。 この時、調味料も少々追加。
 
 ここで思い出したのが「冷まし」。
 こないだサバの味噌煮缶詰と大根を炊いた時、大根に味が染み込まずにがっかり。
 しかし数時間後、冷蔵庫の残りを何気なくつまみ食いしたら、大根がまるで別物のような旨さになってて、冷ます時間を置かなかったのが原因だと痛感しました。
 
 よって今回は圧力釜ごとベランダに。 冬だから15分くらいでもよく冷える。
 
 結果、
 「痺れるほど美味かった」
 
 実は、この時のメインおかずは、永谷園の松茸のお吸い物を使ったブリのソテーと、チート調味料を混ぜた卵焼きで、これも超うま。 なんだけど、写真を撮るのを忘れたのでまたいつかご報告しますです。
P1040015

| | コメント (0)

ご飯にゼラチン

Rice2

 なぜか書く機会を失ったまま数年経っているのが、白米を炊くときに混ぜるゼラチン。
 元はと言えば二年以上前にNHKのガッテン!でやってたネタです。
 ガッテン!のネタには時々「?」ってのもありつつ、これはとても素晴らしくて以来ずっと継続中。
 
 うまいご飯を炊くコツの一つに大量炊きがあり、確かにこれまで一番美味しいご飯だと思ったのが、知り合いが経営している焼肉屋のそれ。 訊くと二升とか三升を一気に炊いているのだとか。
 一方で我が家はと言うと、もともと同居人は白米を取らないようになり(にもかかわらずデブ)、さらに今は娘が不在なので、米を食うのは私のみ。 いえ、体重には気を使ってはいるものの、糖分は五大栄養素の一つ。 お菓子で取らずにご飯で摂れば良い。
 だから量はというと、一度に二合ってところですから、美味い大量炊きには程遠い条件です。

 が、それでもなんとかそこそこの米でそこそこの味を頂いているのは、このゼラチンのおかげ。 理屈はゼラチンが炊飯中により高温下に米を閉じ込め、さらに炊き上がった後も水分を保つって仕組みです。
 コツはと言えば、入れすぎは厳禁で(なんでも消しゴムの味がするようになるのだとか)、二〜三合ならスティックタイプの半分くらいが適量です。
 
 この仕掛けを知らない(私もあえて伝えない)同居人が、数ヶ月に一度くらい思いついたように米を炊くのですが、この時に感じるバリバリ感というかパサパサ感が逆説的にゼラチン炊きの値打ちを証明しています。
  
 また、ゼラチンには豚由来のものと牛由来のものがあり、炊飯には牛由来が向いているそうで、森永から出ているクックゼラチンが手に入りやすいです。 お菓子づくりをしている人にはお馴染みかもしれませんね。
 
 炊きあがってからさらに十分ほど蒸らし、まずは仏壇に備えた後に小皿に少し掬ってつまみ食い、もとい試食。 あぁ生きてて良かったぜって思うくらい、この瞬間がささやかに至福。
 

| | コメント (0)

独居老人の自炊生活を憂う

 娘が短期留学に出て三ヶ月。
 その間、ずっと同居人に夕食を作り、互いに無言で食しています。 まぁ、それはいい。
 自分で納得がゆく献立が作れることはむしろありがたいこと。

 が、この同居人が突如、この献立にしてくれ、と写りの悪いiPhoneの写真を見せた。
 どうも、プチ断食というのをするらしく、月曜の夕食を断食、その他の夕食も野菜、それもカロリーが高いジャガイモやニンジンなどの根菜を除く、とある。
 はぁ、さすがにそのスターウォーズのジャバみたいな腹をなんとかしないとと思ったのか。 それとも持病の高血圧が悪化したのか。 会話しないので詳細不明。
 
 もちろん幾ばくかの食費をもらっている以上はそれに従うけど、私は特にそんな制限の必要もないので、普通にタンパク質やら脂質を含んだメニューを加えることになります。
 ところがここに問題発生。

 スーパーの場合、豚ステーキだとか、ハンバーグ、魚の切り身、鶏ももなど、大方は2〜3人前前提。 4人なら2人前×2で賄えるので、ある意味普通の家族構成ならこれはこれでいい計算式。
 ところが今回のように、一人前だけ、となると探すのに結構苦労します。
 焼き魚にしようかと思っても一人前だけの切り身なんて売ってなくて、仕方なく不本意ながらもいわゆる総菜物、つまりすでに焼きあがったものを買ってしまうことになります。
 煮魚も一人向けに炊くとなると中途半端で、比較的小分けができている刺身に手を出しがち。
 最近餃子は味の素の冷凍にしてたんだけど、これも一人には多すぎて、そしてフライも一人前だけのために油温めるのもなぁ(そもそも一人用の粉付きフライ素材なんて売ってない)、やっぱ油悪そうな惣菜かい、と一事が万事こんな感じ。 なんのために自炊の調理油を全てオリーブオイルにしてるのか。
 当然カレーやシチューも一人分なんて作れるわけがない。
Sawara

 あぁ、でも世の独居老人はこういう悩みを抱えているのか、と気づきました。
 ある程度料理を作り慣れ、ささやかながらも毎日食べたいものをしっかり食べたい、と思っても、これじゃぁなぁ、とふとスパ地下食料品売り場に佇む私なのでありました。

 あ、冒頭のプチ断食。 合間に糖分たっぷりのグレープフルーツとか、「おかずのみ」となっている昼食にチキンラーメン食ってますから、絶対効果あるはずありません。
 低アチベットダイエットで一夏で5kg、二年かけて10kg落とした私はそう言い切れます。
 この人、相変わらずの喫煙者だし、死ぬまでこうなんだろうなぁ、と諦観。

| | コメント (0)

今日この頃の鉄玉子

Iron
 これが何かと言うと、料理に使う鉄玉子。
 経口の鉄分補給として昔からあると記憶していますが、いわゆる表面積を増して効率改善したらこういう形になった、と。

 思えばうちの什器はアルミやフッ素、ホーロー主体で、鉄製はフライパンのみ、しかしそれも表面が特殊な酸化加工が施してあり、確かに日々意識せずに鉄分が取れる環境ではありません。
 我が家には年頃の娘もいるし、なによりアニメの「はたらく細胞」だとか、NHKの「人体の不思議」で赤血球やヘモグロビンの重要性を知ったこともあってamazonのポイントで購入。 価格も昔は3〜5千円ほどした覚えがあるなか、今ではこれさえ二千円代というありがたさ。

 使い始めて半月ほど経つけど、気持ち体調が良くなったというか、元気度が増したというか、血が元気に体を流れまくっている気が「しないでもない」。 今度娘にも確認してみよう。

 最初はこんな大がかりなもの鍋に入れて鉄分過剰摂取にならんのか、と案じたものの、ネットで検索すると、食事として摂取する限りは心配無いのだとか。 一方でサプリメントなどでダイレクトに鉄分補給をしている人は要注意で、最悪肝臓や腎臓に障害が出るという警告もあわせて掲載されています。

 にもかかわらず、先日の女子陸上長距離選手への鉄剤注射事件。
 超過剰な鉄分補給により一生透析を続けなくてはならない身になった選手への責任は誰が取るんでしょうか。
 「ビタミン剤の一種だと思っていた」と連日医者に連れて行った脳筋指導者たち。 選手も一時期は確かにタイム向上が見られたせいもあって断りきれずずるずると摂取。
 さらに頼まれると断れなかったと言い訳する専門家である医師。 新聞では鉄分過剰摂取の副作用については医者でもよく知らないがいるのだとか。
 いやいやいや、冒頭のようにネットでも出ているレベルを知らないというのは怠惰もいいところでしょう。

 我々は運動中は水を飲むな!なんてアホな時代を経てきましたが、今は科学の時代。 と信じてたら、指導者のみならず、医者までアホばかりのスポーツ界が永遠に不滅だったことを知って唖然とした今日この頃の鉄事件でした。

| | コメント (0)

シチューオンライスというのを見つけた

 行きつけのイオンは毎週火曜がセール日で、定番として玉ねぎ、じゃがいも、人参などの、大凡カレーに最適な野菜が安くなります。 品質も人参がすぐしょぼしょぼになること以外はそこそこで、この日にカレーなどの例えばシチュー、ハヤシライス、肉じゃが、ポトフやポテサラの野菜を仕入れます。

 とはいえ、これもパターンになってしまうとなんとなく飽きてくるというもので、なんかないかなぁ、と悩みつつ売り場を歩いていたら、ありました!ハウス製「シチューオンライス」なるものが。
Stewonrice

 要は、シチューなんだけど、カレー的にご飯にかけることを前提に作ってあるということで、ちょうどご飯を多めに炊いていたところなので、思わず飛びつきました。
 これは豚肉に最適化されたカレー風味なんだそうで、他に牛肉最適化、鶏肉最適化のパッケージも並んでいました。 いや、昨今牛は高いので、今日は豚用で。

 作り方はどちらかというとハッシュドビーフに似ていて、最後に牛乳を300cc加えますから見た目はクリームシチュー的です。 が、味は確かにカレー風味、ご飯に合う。
 豚肉ということでニンニクを加えましたから、ビタミンB1の摂取も万全。
 翌朝には全量完食、昼には残りませんでした。

 うん、次は牛版、鶏版もぜひ試してみよう。

| | コメント (0)

魚の煮汁に酸味を加える

Nizakana

 ラズパイネタは部品待ちのため置いといて、突然の料理ネタ。
 半月ほど前、サンマの煮物レシピで煮汁に酢を加える、とありました。
 煮魚の煮汁といえば、砂糖、酒、みりん、醤油、そして生姜を加えるというのが定番で、そこに酢?とは思いつつ、その通りにして見たら、なるほど味の輪郭が立つというか、キリッとした味になりました。 でも量を間違えると怖いなぁ、とも。

 そして先日、綺麗なからすがれいがあったので、久々に煮るべ、と購入。 そこでふと思い出したのが、サンマ煮に加えた酢のこと。
 同時に、焼きサンマには大きすぎるだろうこれ、という貰い物のスダチが冷蔵庫にあるのを思い出し、これを酢の代わりの酸味にして見たらどうだろう、と考えついたので、スクイーザーでぎゅうぎゅう絞って鍋の中に。 サイズがサイズなのでそこそこの量になって、う〜ん、酸味が勝ってしまったらどうしよう、と思いつつ適当に煮詰めて出来上がり。

 恐る恐る端の方を摘んで食べて見たら、おお、なんともいえない高級めいたお味。
 普段の煮汁がどちらかというと甘みが強い、どろっとした捉えどころのない味なのに対して、前回のサンマと同じく、味がキリッと立っています。
 とはいえ、例によって食事中に会話のない家ですので、特に賛美の声もあがらず。 でも非難の声もなし。 いや、悪くないと思うよ、この酸味。
 
 でもやっぱり量が怖いと感じるのは相変わらずで、スダチもこれ以上入れてたら「なにこれ?」って感じになっていたと思います。
 まぁ、また機会があったら挑戦してみるとします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧