アニメで見かけた古典物理学

 先の話の元々のきっかけは、放送大学の授業を聞いていて日中の空の色が青であることの原因がレイリー散乱である、という一節。(得意じゃない分野の話を書こうとするとウラ取るのが大変で、効率が悪いです。)

 あれ?これ何かのアニメで聞いたような、と検索をかけたらアルドノアゼロでイナホがアセイラム姫の間違った知識を訂正するシーンでした。
 この時はレイリー散乱だけでなく、雲が白い理由であるミー散乱にも触れていて、恥ずかしながら、ライブでこのシーンを見ていた時には私は全くそのセリフの意味を理解していないことに今更ながら気がつきました。

 一方の授業の方は、自由電子の散乱であるトムソン散乱にも触れており、いやもっと数学が理解できたらワクワクできるんだろうなぁ、と。 いえ、( ^ω^ )などで使う顔文字の鼻のwみたいなのがオメガと呼ばれる記号だったと初めて知ったくらいですから...(いや普通オメガといえば時計で有名なΩだろうて)
Math2

 で、SFには欠かせない、言い換えるとこいつさえなければもっとSF世界にリアリティを感じられたのに、というアインシュタインの相対性理論。 モノは光の速度を超えられんのだよなぁ、よって外宇宙にも行けなければ時間を支配することもできない、というわけです。
 ところが、たった1%程度の理解であっても、光は屈折することで遅延する、だとか、ブラックホールで時間空間がゼロになる、という相対性理論の限界があることはわかりました。 そしてそれを解決する鍵は量子論かもしれないという希望(?)をも知ると、いや、NASAがワープを真面目に研究しているというのもただの無駄遣いじゃない気がしてきました。
Math3

 その一方、相変わらず未来からは人間はおろか単純なメッセージすら「今」に届いてないし、光年を超えて地球外生命が来た痕跡もないしという事実を省みると、やはり古典物理の限界は厳然たる限界なのかという絶望もかき消せません。
 
 放送大学の他の授業で、地球の属する銀河系を包む球体のことをハロと呼ぶことを知りました。 あぁ、これがあの日本のアニメ界の代名詞である作品の(時にSEEDではうっとおしくもあった)球体名の語源であったかと思うと、この散乱と言い、アニメ業界の制作者たちは日々の食うことすらままならない生活にあっても、これまでどこまで無駄知識を蓄えてきたのかと、ただただ尊敬するばかりです。
 
 「知識は必ずしも飢えを凌いでくれるとは限らない。しかし他人ひとに感銘を与えることはできる」
 
 ってか。
 
※引用:放送大学「場と空間の物理 〜電気、磁気、重力と相対整理論〜」

| | コメント (0)

2017春アニメは豊作(2)

■正解するカド
 先に続く今期SF四作品目ですが、大御所東映なのにすごく3Dが不自然です。 RE:009の頃のサンジゲンみたいで、制作もサンジゲンからのスピンアウト?と思うほど似ている気がします。 でも先に書いたように、彼らは今はずっと先を歩いていますけど。
 ただ、いわゆる「カド」の幾何学的かつ連続的に変化する様子は3Dでないと無理だったでしょうから、自然な人の3D化がいかに難しいかが改めて伝わってきました。
 内容的には、主役級が若ぎるところなど、気持ち悪さも感じつつ、発想に比類がなくて面白く、ただただSF小説の朗読のように観ています。

■有頂天家族2
 これは1からのファンで、そののどかでありながら奇想天外な物語運びと、嫌味のないしっかりした絵作りが好きです。(元来、狸好きだし)
 実は大の京都嫌いなんだけど、今教えている生徒の一人にファンがいて、その影響で先シーズンの四畳半神話大系も観ました。 そして■ピンポン再放送も録画しています。 ただしこちらは途中からライブで見ていたので、本当に録画するのみ。 あの汚い(?)絵がアニメとして動く不思議さは今でも新鮮です。

■進撃の巨人2
■アトム ザ・ビギニング 
■サクラクエスト
 なんかダラダラっと録ってます。 いえ、レベルは三つとも高いんです。
 でも巨人は少し飽きてきたのが正直なところで、アトムはいかにもNHK夕方アニメっぽくて、クエストはもうすでにストーリーが見えているという、いえ、巨人はともかく、残り二つは綺麗で丁寧な絵なんですけどね...

■フレームアームズ・ガール  
■エロマンガ先生
 いやぁ、正直これら見てますってのは恥ずかしいのかも。
 ただ、FAガールズは一応本人達がボディスーツだと言っているパンツ丸見えながら、気持ちの悪いエロも巨乳もなく、バトルものなのに流血や死人もなく、ひたすら明るく可愛い、でもいわゆる日常系と違うってところが良いのかも。 轟雷を始めとするキャラもいい感じです。 一方で登場人物が他にいないところが低予算を物語っています。
 E漫画先生は、単に「クラ☆クラ」の絵が好きだったのが理由。 学生にそう言うと、「俺の妹…」の絵だと教えてくれましたが、あの時はあんまりアンテナが振れませんでした。 多分、私は大きく左右に広げて笑う口が好きなんだと思います。

■ソード・オラトリア
 ゲームとかダンジョンとか、そもそもソード振り回しに全く興味はありません。 でも前作見てたのと、何より「とある…」の灰村キヨタカ関与シリーズですから、ついつい。 こちらも前作との絡みが「魔術」と「科学」みたいに時々絡み合ってて、こういう小技を楽しんでいます。

■終末なにしてますか?
 プラスチックメモリーズですね。 最初からいきなり最終回のお涙頂戴演出が目に浮かびます。
 切るかも...、と言いながら溜めることなく観てるから不思議。
 
■冴えない彼女の育てかた♭
 この手の、いわゆるハーレムのもについては、長くなってきたので、また日を改めて書いてみようかと。

| | コメント (0)

2017春アニメは豊作(1)

 と言われていますが、完全同意です。
 
 いろいろ削りつつも、とりあえず現時点で録画継続しているのが下記の通り。 なんと14本。

 ID-0
 Re:CREATORS
 アリスと蔵六
 有頂天家族2
 正解するカド
 フレームアームズ・ガール  
 終末なにしてますか?
 エロマンガ先生
 冴えない彼女の育てかた♭
 進撃の巨人2
 アトム ザ・ビギニング 
 ピンポン
 サクラクエスト
 ソード・オラトリア

 まぁ、後ろ二つくらいは切るかも、と思いつつ、それでもなかなかの充実ぶりです。
 
 とりあえず、そのうちのトップスリーの感想などを...

■ID-0
 サンジゲンの日々進歩する3Dに感服です。
 ついこの間までは今期でいうと「正解するカド」みたいな姿勢の良すぎる死人が動いている絵だったのが、え?サンジゲン、もう3Dやめたの?と疑うくらいの自然さです、
 でもアリみたいな細っこいIマシンの派手なアクションは3Dならではだし、しかも彼らが以前から目指していた「ヌルヌル動くのではなくケレン味のあるアクション」も実現しています。
 そして、監督があのルルーシュの谷口悟朗ですから、これ、なんでMX-U局系なんだろうと不思議に思うくらいの大作です。
 エンディングは一転して手書きのイラストになるわけですが、コンテは監督作となっています。 なかなか味のあるイラストを描ける人だったんだなぁ、と(コンテだけ?)。 ともあれ、絵の内容もストーリーを補足するかのような意味深いものです。

■Re:CREATORS
 一言で言うと召喚とか転生ものになるんでしょうか。 ただその数が多数で、しかもそれによって現実社会に物理的な損害や歪みができると言うリアリストに向けても説明しようとしてい設定が面白い。
 次々召喚されてくるキャラクターにしても、オープニングを見ていると、それぞれがひと番組持てそうな感じの背景絵が付いていることから、現状のラノベの世界を見据えつつ、複数の設定を必死で考えたなぁ、と感心しています。 
 プロアマ問わず、筆者が書き起こす世界の登場人物が現実になる、というのは、アホらしいと思いつつふとその風景を想像したことがあるのではないでしょうか。
 なぜか鉄腕バーディーを思い起こさせる懐かしさも備えていたり、ストーリー的には、第一話の冒頭で自殺した真面目そうな女の子が、あの軍服の姫君のヒントではないでしょうか。
 そして何より、オープニングの音楽が今一番気に入ってて、まずずっしりしたバスドラの音に惹かれ、Cメロ(絵的には青い月にデジタルノイズが乗るところから)に至る所が最高です。 フルバージョンは6月末にならないと発売されないそうですが、これは狙いです。

■アリスと蔵六
 絵が酷い、作画崩壊、と早くから叩かれてますし、私自身も放送前のオフィシャルサイト見て、第一話すら見るのをためらってました。
 が、話自体は悪くない。
 いわゆる超能力者+研究所もんなんですが、よくある子供時代だけ能力ではなく、大人でもその能力を持っているのがいる設定で、なんなんでしょうね、昭和の人間としては石ノ森章太郎の香りを感じてしまいました。 構成も、どうやら四話ほとで一区切りになるコンパクトな仕組みのようです。
 そう思うと、絵についても、もともと原作自体がああいう絵で、これはこれでひとつの個性なのかな、とも捉えられないことはありません。 面白いのは背景や車、ヘリなどは比較的ヌルヌルした3Dで、リアリスティックに描かれていること。
 つまりは、どんどん手早く廉価に作ることができる3Dに、どう考えても手間のかからない手書きの上絵を加え、さらにストーリーも短い構成を単位とすることで、複雑化することを避ける、という一つのアニメ界の新しい省エネ・製作者生活改善提案なのかな、とまで深読みできてしまう作品です。
 あと、ヒーローがジジイだったのが救いだったかな。 これがお兄ちゃんとかだったら、もううんざりだったかも。

| | コメント (0)

ACCA13区のサントラ出た

 サントラでないかな、と呟いてたら、ACCA13区監察課のサントラが出ました。
 
 え〜二枚組?、あの番組にはそんなに曲が詰め込まれてたのか、と。
 クレジットを見る限り、高橋諒はギター&ベースがメインのようで、他にもドラム、ブラスやフルートなどが生音のようです。
 ピアノもエレピもいい音しているので、これも生音?と思ったけど、どうやらこれはデジタル音源みたい。 まぁ、チョーキングやフレットレスのような平均律間の音の遷移がないキーボードは電子音源を嫌う理由がないのかもしれませんね。(だったらドラムはどうやねん、って気もしないでもないけど)

 さて大方のサントラってのは、不安、戦慄等の緊張シーン向けの曲が抽象的だったり前衛的だったり、とにかく普段の生活の中で聴くにはちょっと辛いことが多い。 
 ということで、日常、我慢せずに聞けるような曲だけをプレイリストに入れてさらに並べ直したものを作り、多分これからはそれしか聞かないだろうと思います。

 これ全28曲だけど、一曲あたりが短いので55分で収まっています。
 プレイリストはiTunesでは簡単に書き出せず、プレイリスト表示を全部コピー、項目間はタブで区切られているので、Excelで読んで曲目以外を削除しました。 いや、決して暇じゃないんだけどね...
 
 Shadow and Truth -TV Size-
 Our Place -TV Size-
 SMOKE and MIRRORS - Theme of ACCA
 Manic Funk
 Listen to Me!
 Kiss Me
 Innocent Dance
 Movin' On
 In the Night Wave
 Eyes to Find
 Cold Talk
 Rendezvous
 Weekend
 Rising Over
 New Year's Eve
 My Own Order
 Walking on the Air
 Funny Buddies
 Chase!
 Mistic Motion
 Snack Time Now?
 Daylight
 Drink, Drink, Drink
 The Bird, ACCA!
 Royal Waltz
 Breaking News
 It's my life -TV Size-
 ペールムーンがゆれてる -TV Size-
 
 しかし、そもそもなんでジャケットイラストがモーヴ本部長やねん。 いや、嫌いじゃないし、田中敦子も好きだけど、表情が違うやろ! こんな甘い顔の本部長嫌だ。
 ということで、やっぱ「ロッタちゃん」(by レイル)だろう、と裏面をスキャン、彩度を上げ、碧眼に加工したのをプレイリストのアイコンにしました。

 「謝ってくれたから。そしてなにより自分の母の姉だから」
 
 天使...

Acca13

| | コメント (2)

クズの本懐

 冬アニメの「クズの本懐」が終わりましたね。
 最初は題名だけから悪の華みたいなのを想像していたら、なんといきなり昼ドラ顔負けのエロアニメ。 というか、今時日本のアニメでエロなんて言ってもみんな慣れっこになってしまって大した表現に聞こえないだろうから、青春セックスアニメ、とでも形容しておきましょうか。
 
 というくらい、性交へとイメージさせるキスや、ベッドで普通にやってる絵があるのがすごい。 まぁ、深夜枠だし、一定以上のいわゆるAV的なものじゃないからいいのか、と思いつつ、そのうちストーリーが凄いことになってきて、最も大人で清らかに描かれていた茜先生が実はすごいビッチで、最後にはほとんど主人公食っちゃうくらい、どこまで行くんじゃ、という流れ。

 やな感じだな、いつ切ろうかな、と思いつつ、絵が丁寧だったのが救いで、なんだかんだで回数が重なってきました。
 果てはイモの鐘井先生と花火の母親が実はできていた、なんて鬼畜の展開もありか?とか心の準備をしつつ見てたら、最終回マイナス二話あたりから茜先生のビッチがカミングアウト。 そこで最後までイモぶりがブレなかった鐘井先生の神対応でまさかの展開に。
 あれ?これで最終回? いやもう一話あるし、そもそも主人公の花火はどうなったのよ、どうなるのさ、と思っていたら、まずまず、というか最初のインパクトからするとごくごく当たり前の青春独白物語で終わりました。

 ん〜、これ、今私がこの歳だから冷静に捉えていますが、もし二十歳前後だったらどうだったでしょう? 心穏やかに見れたでしょうか。
 紛れもなく、あのころの男子の煩悩といえば殆どが異性との、それもエッチのことだったし、当時はそれなりに、こんなんでいいのだろうか、と自問も自戒もしたことがあります。 もちろんそれは生物的に全く問題なく、むしろ健康の証であるとわかっているんだけど、そこは若気の至り。
 好きな人が、明らかこの時間にホテルで自分とは違う異性と体を重ねている、なんてことを知ったり想像すると多分脳みそ沸騰してると思います。
 
 一方で、主人公たちがともに美形であったり、にもかかわらずヒロインが処女だったりという設定がいかにもフィクションっぽくで、単なる物語と多くの女子は見ていたんじゃ無いかとも想像します。 つまり精神年齢的にそういう見方ができるのはいつの時代でも女子では無いかと。
 そして多くの真面目な男性はラストの先生カップルの誕生に、安堵したのかも知れません。(そして女子は白けてしまう、と)
 
 こういったラスト三話くらいで面白くなるのがあるから、やっぱりアニメは最初だけで判断してはいけないと言うことなのでしょうか。 いや、明らか切ってもいい作品も多数ありますよね。 よね?

| | コメント (0)

2017冬アニメ

 確か2016秋アニメについても書いていないような気がしつつ、手っ取り早く今現在の報告をしておきましょうか。
 (ACCA13区について3/1加筆しました)

○幼女戦記
 これ、一話だけしか見なければ絶対に切り捨ててたと思います。
 ミリタリーに幼女なんて、売れるならなんでもやりゃあ良いってもんじゃ無いだろ、としか思えませんでした。
 が、たまたまその頃にジュンク堂に寄ったら、ダイジェスト版というか薄い見本誌が置いてあって、ターニャ・フォン・デグレチャフの正体を知り、その途端に逆にめちゃくちゃ楽しみに見なってしまった作品です。
 科学の設定的にはなんであんなに軽々と空中を移動できるの、と訝しがりつつも、それ以外は妙にリアルなのも、今ではお約束の設定なのかもしれません。
 さすがに十字架は描いてないけど、存在Xなる神を軸にしたこの展開ってのは、いわゆる有神論者からみたらどう映るんでしょうね。

○ACCA13区監察課
 今季の個性的絵柄No.1はこれ?と思ってスタッフロール見たら、やっぱりあのオノ・ナツメ作。 しかもアニメ的に特に女性キャラは馴染みやすい可愛らしさに書き換えてあるのも良い感じです。 文句なくロッタはかわいい。 でも声が上のターニャ・フォン・デグレチャフと同じと知って声優の奥の深さに唸ります。
 気になるのがJazz調のBGM。 オンマイクで音が一つ一つ丁寧に流れてくるのが、ヘッドホンで見ているととても良い感じです。 これ、坂道のアポロンやあまんちゅみたいにサントラ出してくれないかな。
 ストーリーは既視感のある、無難な、ってところでしょうか。 ただ、、メインキャラが目つきのせいか究極超人あ〜るに見えてきます。

○四畳半神話大系
 BSでの再放送です。 新編映画化のプレ宣伝。
 放送開始少し前、学生と有頂天家族について話が盛り上がり、だったら先生、四畳半神話大系も見てましたか?てな話に偶然なっていたところです。
 これも私の好きなタイムリープものと言っても良いのかな。 話は難解で、どちらかというと(違う監督の)京騒戯画的不思議さ。 でも先の生徒曰く、最後に向かって全ての話が繋がりますから、楽しみにしておいてください、だそうですから、ひたすらフォローです。

○このすば!2
 もう惰性ですね。 一期で受け入れられたからあとはその流れで、って。
 でもある意味、二期ではなく、あのまま一期の続きを見たかった、という人にはちょうど良いのかもしれません。 異世界転生の日常系とも言えます。
 でも巨乳あり、ほぼノーパン?という絵なのに、嫌悪感を感じさせないのは妙に好感が持てるし、変にベタな恋愛が無いのも良い感じです。 

○政宗くんのリベンジ
○冴えない彼女の育てかた
 片や再放送なんですが、別々に語るほどの値打ちも無い(でも一応ほぼ毎週見ている)ので、まとめて。
 この手の絵とストーリーって、これも最近の異世界転生と共に定番なんでしょうね。 つまり有り得ないけど罪の無い話と、綺麗な少女絵、ところどころ突飛なキャラ設定。 このすば!同様、仕事が終わって酒飲んでぼ〜っと見るのにちょうど良い感じです。

●ユーリ! in ICE
 関西で地上波初(しかもローカル旧U局)、一部では話題作と言われているにもかかわらずあまり盛り上がらない感じでした。
 放送はすでに終了していて、全編録画しているんだけど、フィギュアスケートに興味が無いせいもあって、絵だとか演出も悪く無いのに視聴しておりません。 積ん読になるのかなぁ...

●クズの本懐
 これも録画のみ。 絵も綺麗なんで、忌避する理由は無いんだけど、なんとなく悪の華的というか、最後はドロドロになりそうな気がして気が進まないのが正直なところです。 でもそこそこSEXを意識する場面があったりして、むしろその正直さは評価しているんですけどね。

●セイレン
●亜人ちゃんは語りたい
 切るかも... 切るかも... 切るかも...

<繰り越し>
○機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期
 順調に東映ヤクザ映画路線を突っ走ってます。
 三日月の肉体的な壊れ方といい、(個人的に好きだった)ラフタが地上で殺されたりと、暗いですね。 ブルースです。 でもGのレコンギスタみたいな何描きたいのかさっぱりわからんのよりはずっとわかりやすいので、最後まで見ます。

●三月のライオン
 これ、最初スルーしたんですよ。 将棋に興味無いから。
 でもさすが羽海野チカですね、たまたまテレビで流れているのを見て後悔。 ところが天下の国営放送。 後半が始まる前に前半の一気放送があり、それを確保した上で録画続けています。 将棋に興味が無い人でも普通に見られる登場人物設定や演出で、でも視聴は途中で滞りがち。 あぁ、多忙なのであるよ。


 てなことで、気になる作品が少なかった2016秋に比べ、今季は少々嬉しい苦労をしています。

| | コメント (1)

2016夏アニメ(繰越編)

 皮肉なことに、いま毎週リアルタイムに見たいほど楽しみにしているアニメは春からの繰越組だったりします。
 一つは、何と言ってもリゼロ。 そしてクロムクロ。
 
○Re:ゼロから始める異世界生活
 これは三ヶ月前から推薦してましたっけ。
 ついこの間までちょっと暗くて鬱々とした展開が続いていたんだけど、これからラストに向けて快進撃になれば良いな、と改めて期待しています。 というか、レム魅力ですよね。 相変わらずスバルのセリフはクサイし。
 原作知っている人からの話では、2クールでは表現できないスケールなんだそうですが、必ずしも原作忠実でなくても良いから、ガシッと納得のゆく最終回に期待しています。
 
○クロムクロ
 これは三ヶ月前には見るか切るか悩んでいた作品です。
 なぜなら、このP.A.WORKS+石井百合子の絵、以前まるで昼メロ的な気持ちの悪い色気を漂わせていた「凪あす」でちょっと嫌悪感を抱いていたせいです。
 幸いなことに、今回はあんな深い愛情の深淵(?)に触れることなく、不思議な時間軸の物語に徹していて、今ではリゼロとともに楽しみにしています。
 面白いのがメカ3Dで、これまで様々なプロダクションが追求してきたアニメ作品らしい3Dの新提案が興味深い点です。 いわゆるヌルヌル動いて、業界でいうケレン味もメリハリもないという問題も然り、3Dゆえに連続的に線と塗りが連続する違和感しかり。
 その点、この作品は独特の塗りアルゴリズムを用いることで、非常に明快な、しかし3Dならではの精密なモデリングの両立を見せてくれている気がします。
 個人的にはDimension Wで好きだったミラのソフィーが好きだったりしますが。
 
○マクロスΔ
 フロンティアは再放送でギリギリ最後まで我慢できたけど、音楽で宇宙世界を制するってのはやっぱり昭和のSFおっさんには難しい課題です。 ヒロインやワルキューレ達の結構ギコギコした線と彩色が新鮮で、一応ずっと録画してるんですけどね〜 結局通しではまだ見ていません。
 新鮮な彩色といえば、先に終わった「甲鉄城のカバネリ」もそうでした。 PhotoShopの追い焼きツールを駆使しすぎたような影のつけ方が、基本ただでさえ暗い内容をさらに暗く重くしたとは思うんですが、不思議な世界観が漂っていました。

| | コメント (0)

2016夏アニメ(新規編)

 夏アニメも折り返し点を過ぎたものが出てくるころ、お盆でございます。
 
 今季は驚くほど気に入ったものが少なくて、おかげでレコーダーの空き容量を気にせずに済むという、珍しいシーズンです。 そんな中、何が残ったかというと、たったの四本。 これに先シーズンの繰越が加わるという流れです。

○ReLife
 ちょっと地味な絵なんだけど、声優は一流。 どうも最近の個人的な好みがタイムリープものが多い中で、これもそんな感じ。 でも「人生やり直したいっ!」っていう後ろ向きなシリアスさよりも、なんというか、軽い、でも軽すぎない学園モノという感じで、妙に見続けています。
 最終的には、登場人物の真実がどうなっているのかを楽しみにしています。 この辺りはAngel Beats!的で、最後の最後は本当に記憶から消えるの?という興味はプラスティック・メモリーズ的?(僕だけがいない街か?)
 絵的にはサムライフラメンコにタッチが似ている気が。
 
○モブサイコ100
 あまりの絵の汚さに、最初はすぐに削除しようと思いましたが、結構真面目な、いい意味で古臭い正義みたいなのが安心して見られることに気がつきました。 こないだ終わったワンパンマンと似てながら、こちらのほうが登場人物や設定が自然で(って超能力自体はまったく自然じゃないけど)、結局今でも見ています。
 まったく受け入れられないあのいい加減な探偵もどきも、ED見てるとなぜか茂夫との親密さが想像以上で、彼も何かあるのか、いや単なるいい加減な奴かと、案外気になっています。

○天鏡のアルデラミン
 絵的にはなんか安っぽいんですが、ストーリーが戦略(戦術?)系で、ヒロインのありえないほど強い剣術に白けつつも、毎週楽しみにしている一本です。 コクがいまひとつないのは、恐らくアニメ版では主人公の女好きだとか自堕落さが、設定ほど描かれていないからかも知れません。
 
○あまんちゅ
 先シーズンのふらいんぐういっち的に、癒しですね。癒し。 季節もリアルに合っていて、GONTITIの音楽も併せて環境アニメになってます。 水際ものなのに巨乳エロデッサンに走ってないところも良いです。(変な犬猫もどきはどうでもいいかな...)
 ただの日常系かと思わせつつ、リアリティの低い女子の制服設定が軽い異世界感を醸していますね。 まぁ伊東なんだけど。
 関係ないけど、仕事で伊東のハトヤ(正確には別館らしい)の前を通った時には正直感動しました。 だってあの「伊東に行くならハトヤ」ですから。 やっぱり今でも電話は4126なんでしょうか...

 閑話休題。考えてみればこの四本の新規ものの中で、絵が最もきれいなのがこれですね。 あんなに目と眉が離れている(彫りが浅い)のに綺麗に見えるってのが新鮮な発見です。 絵といえば、配色が好みなのでエンディングに目を凝らしたら、J.C.STAFFで、あぁ、とあるシリーズの夏の色だ、と納得した次第。

 先シーズンからの繰越ものについては次の機会で。
 
 さて、夕食の材料を買ってこなければ。 ればればれば。 って肝を買ってくるわけではない。

| | コメント (0)

大学生の娘が嬉しそうになかよし買って来た

Nakayoshi2 しばらく前、普段それほど軽い話題を自分から切り出さない娘が、「今、最もレアななかよしゲット」と一冊の「なかよし」を見せてくれました。
 え? なかよし? あんた大学生やろ? 花とゆめならともかく(いや、同じか...)
 近所のイオン内本屋では発売開始三時間で売り切れたそうで、わざわざ田舎にある大学の近所の寂れた本屋で見つけたそうです。 試しにamazonで見たらなんとプレミアが付いている。

 それから娘は「カードキャプターさくら新連載開始やねん」と、よほどうれしかったのか、売り切れ続出の説明してくれました。
 あぁ、そういえばあのアニメ好きだったね。 私もケロちゃんは好きだった。 でも二十年近く経ってもまだそんなに好きだったとは知らなかったよ。 

 なかよしと言えば、一時期とんでもなく大きな瞳の作風が主流になっていた時期があって、デフォルメというよりデッサン崩壊にしか映らない時期があったんですが、パラパラと今開いてみると、あれは単なる流行だったのか、さすがにあれほどの画風は影を潜めていました。
 構図構成にメリハリが無いとか、印刷インクの関係でとても読み難い作品があったりとか感じつつ、まぁおっさんが読む本じゃ無いからそんなのは無粋なこと。
 で、私がたまたま読んだのは8月号。 上記プレミア付いているのは7月号。 ってことはおい、毎月買うのかい!?
 
 でもまぁ、これに限らず、ハリーポッターに至るまで、人間って老若男女問わず魔法が好きなんですねぇ... ファンタジーと言えば聞こえがいいものの、作り物、嘘だとわかってても永久にみんなが惹かれるってのはなんでしょうか。
 確かに、すべての読み物が蟹工船みたいなノンフィクションものだけだと息が詰まりますけどね。 それだけ現世がままならぬ、ってことなんでしょうか。
 
 と書いて、そうか、魔法ものを含むファンタジーって、宗教やお経みたいなもんなのか、と気づきました。 南無南無...

| | コメント (0)

2016春の面白いテレビ

 テレビといえばNHKとmotoGP、それにアニメくらいしか見ない私ですが、今季は珍しくドラマを見ています。
 
○それは「重版出来!」。
 原作はコミックで、以前から関係誌で紹介されていて、私も一巻は読んでいたのですが、原作を読み終える前にドラマ化されてしまいました。
 もともと仕事がグラフィックデザイン関連なので、業界、それもあまり縁の無い大出版社のコミック部門が舞台で、非常に興味深いことがいっぱい散りばめられています。
 話はすでに五話を経ていて、いま何より面白いのが「新人潰し」。 これはすでに音楽の世界で顕著で、ほんの数年前に大人気を博したアーティストが「今何処」状態にすぐなってしまう仕組みです。
 そこそこの実力のアーティストを拾ってきて、お手軽パッケージでデビューさせる。 いろいろなメディアを絡めて、全国ツアーが一度できればしめたもの。 そのうちギャラや待遇アップを要求してきたら「同じ値段で君らより実力あるのはなんぼでもおるねんで(なぜ関西弁なのかは不明)」とあっさり捨てる。

 同じ図式はアニメ制作、俳優や声優にも見られるんですが、コミックの世界での「新人潰し」が見られるとわかって、興味津々です。 ドラマでは、新しい漫画家をpixivから拾ってくるシーンがあって、思わず唸ってしまいました。
 いやほんと、大人って汚いのよ。 大人と大企業が生き残るために若者の才能がどんどん乱暴に食いつぶされてゆく時代なのです。
 
 
○アニメも放送開始から一ヶ月が経過、そろそろ取捨選択をする時期に急激に面白さを増しているのが「Re:ゼロから始める異世界生活」。
 最初は先の冬アニメでやっていた「この素晴らしい世界に祝福を!」の後追いリアリティゲームワールドかな、と軽く捉えていたら、実は私の好きなタイムリープ絡みの設定で、今では一週間の中で最も楽しみにしている作品となってしまいました。
 考えてみればゲームの世界でゲームオーバーやリセット、あるいは保存したところからの再開というのは一種のタイムリープであり、でもそれに着目して物語にした原作の着眼点に感心しています。
 あとはヒロインを筆頭とした女性キャラの超可愛さもあり、加えて新井里美や子安武人の存在もプラスだったりします。
 
 
○放送大学「データ構造とプログラミング」 これは偶然CATVBSのザッピングで見つけたのですが、いや、本当に興味深い内容です。
 いわゆるEテレでたまにやっている一般向け的な生易しいものではなく、本当に大学の専門過程レベルの内容です。
 これまで泥縄的にスクリプティングやプログラミングをやってきた私は、いつかこういう風に専門レベルの基礎知識を体系的にしっかり学んでみたいと思っていたので、まさに渡りに船。 この放送大学、カリキュラムを探すのがちょっとややこしいのが難点ながら、こんな感じで、今上っ面しか撫でていない知識をしっかりと補強していきたいと考えています。
 いや、単にいまさら他人に訊けない、ってだけなんですけど。
 
 まぁ、こうした切り方をすると、まだテレビ媒体は私にとって鋭さを失っていないわけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧