« WOL(Wake on LAN)は難しい | トップページ | Touch IDと新型コロナ »

Wi-Fiネットワークアクセスからのスリープ解除

 新年あけましておめでとうございます。
 といっても特に初詣などという暖かなイベントがあるわけもなく、淡々と、しかして平和でささやかな新年を迎えております。
 
 で、あらかじめ他のネタ(といってもMacの話)を用意していたのですが、昨日のWake on LANは難しいというぼやき話の続きを急遽書くことにしました。
 
 上の発言に自分でコメントしておりますが、Mac>環境設定>省エネルギーに「Wi-Fiネットワークアクセスからのスリープ解除」とあるわけで、Wi-Fiイコールワイヤレスであり、有線でないとWake on lanは機能しませんと言うのはおかしいのでは?と気づき、調べてみることに。
Awake1 
 するとAppleのサポートにApple Remote Desktopというアプリを使った例がありました。 Apple Remote Desktop、懐かしいね。 その昔は電話モデムを使って離れたMacをコントロールしてましたっけ。 もちろんこれはそれとは全くの別物です。
 「どこでもMac」ってのがついこの間までMac OSにあって、それが簡易な方法に置き換わったのにあわせて、より複雑な操作を可能にするために生まれたMac用アプリ。
 は〜なるほど、それをダウンロードすれば良いのね、とすぐにAppStoreで発見。 が、ふと価格を見たら1万円。
 え? い・ち・ま・ん・え・ん? 2〜3千円程度ならわかるけど... と緊急停止。
Awake2 
 落ち着いて整理してみた。
 一旦スリープしたマシンはipアドレスではアクセスできず、MACアドレスが頼りとなるが、「画面共有」はipアドレスもしくはホスト名でしか接続できない。 つまり何をさておいてもMACアドレスを頼りにmagic packetという信号をスリープ中のマシンに送らなくてはならない。
 それだけなら1万円のApple Remote DesktopでなくてももっとコンパクトなMacユーティリティがあるだろうと検索すると、ターミナルでどうのこうのという専門的なものとか案外見つからない。

 まてよ、じゃiPhoneならどうだ、と視線を移すとこちらはいくつものアプリが出てきて、あれ?おれこれ持ってるわ、と気づいたのがRemoteBoot WOL。 ほんと、Wake on LANに何度も挑戦して挫折した残滓ですね。
 それはともかく、起こしたいサーバーのMACアドレスを入力、そしてちょっとややこしいのがipアドレスの欄で、これは末尾が255のブロードキャストアドレスとなります。 ポート番号はデフォルトのまま。
Awake3 
 そして留守録マシンの方は、環境設定>省エネルギーでリモートマネジメントをオンにし、ユーザーのオプションで画面共有の代わりに「監視」と「制御」を、そして「再起動とシステム終了」をオンにします。
Awake4 
 iPhoneを手に取り、RemoteBoot WOLのBOOTというボタンをタップすると、おおっ!見事離れた部屋の留守録Macが目覚めてipアドレスが生き返ります。 もちろん画面共有も使えるようになります。

 これで外部モニター接続+常時稼働ではなく、本体モニターを閉じたままで必要な時以外はスリープという非常に素直でエコな運用ができるようになりました。
 
 元日未明からこんなことやってていいのなぁ、と思いつつ、いやこれこそ私らしいめでたさってわけで、こんな調子で皆さん、今年もよろしくお願いします。

|

« WOL(Wake on LAN)は難しい | トップページ | Touch IDと新型コロナ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WOL(Wake on LAN)は難しい | トップページ | Touch IDと新型コロナ »