« 新型コロナ、変異種は海外産だけなのか? | トップページ | AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった »

楽天モバイルMVNOとの別れが近い?

 楽天モバイルNVMO(ドコモLTE回線)の毎月の支払額が昨年11月にそれまでの1,600円台から3,200円台にポンと跳ね上がっていました。
 特にヘビーに使った覚えもないので、もしやと思いつつもう一月待ってみたら12月もほぼ同じ金額。 あ、ついに料金プランが本来の価格になったんだと認識。
Fee
 二年前にはじめて楽天モバイルMVNOと契約した時から、最初は1,060円、一年後には1,638円、そして最終的に二年後にこの値段に落ち着くとは知っていました。 それを記した自分の記事の末尾には「二年経てば通信インフラもまた変わっているでしょうから、その時はその時でまた良い方法を見つければ良いのでしょう。」と書いており、さて、と見回すとやはりdocomoの新格安プランahamoが目につきます。
 
 単純な価格比較ではいきなりahamoの完勝。 しかも今のところ私の生息地域では役に立たないとはいえ5G対応。 さらに災害時やラッシュ時の大ターミナルでの接続性も明らか上であると想像。
 iPhone対応が明確ではないとは言え、ならばもう迷うことなくahamoでしょ。
 
 と言いたいところですが、最近仕事で楽天をよく利用しており、ポイントが楽天モバイル分で上限の5,000ptが毎月付与されています。 となると値上がりした楽天モバイルNVMOを支払ってもahamoより得となります。 これと先に挙げたahamoの料金以外のメリットも勘案すると感覚的にはどっこいどっこいかなと。(5Gを普通に使えるようになったら問答無用ですけどね)
 当面はまずiPhone対応かどうかを気にしながら三月を待つこととしましょう。

|

« 新型コロナ、変異種は海外産だけなのか? | トップページ | AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

 もともと今回の騒ぎは国からの圧力が発端ですから、長期利用者は流動性が低い忌むべき存在になってしまいました。 それよりいつでもお得で好きなサービスに掻痒感なく移れた方が国民の利益、というのを目指したい(目指させた)のでしょう。
 
 とはいえmineoも根性あるプランを出してきましたから、ahamo一人勝ちと決まったわけではなさそうです。 ただmineoは音声通話アプリのクオリティが低かったからなぁ。 私が離脱後に改善されている可能性もないとは言えませんけど...

 契約者の死亡?
 引き落とし口座が潤沢かつ放置であれば別ですが、口座が整理されて引き落としが止まったらそれで終わりなんじゃないでしょうか。
 私的には私が死んだ後このblogをどうするかそろそろ考えねばと。

投稿: あやおば | 2021年1月28日 (木) 23時46分

もはやdocomo(や各キャリア)は長期利用ユーザーへの優遇は超低優先度なんでしょうね
キャリアメールを諦めれば、ahamoは魅力とは言えそうです
端末サポートも切れたので、カケホーダイ+シェアパック+iPad用OCNモバイルからどのプランに移行するか悩んでます

気になる点
・APNはこれまでと同じなのかな
・通話放題オプションが無いのが惜しい
・ギガライトはテコ入れされるのかな

もっと気になる点
・契約者が死亡したら家族はどうやって解約や名義変更するのだろう
 ショップは家族の本人確認さえちゃんと出来れば色々対応してくれるらしいが

投稿: かもめななごう | 2021年1月28日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナ、変異種は海外産だけなのか? | トップページ | AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった »