« Wi-Fiネットワークアクセスからのスリープ解除 | トップページ | どれを観てたか2020年秋アニメ »

Touch IDと新型コロナ

 本来これが今年最初の発言になるはずでしたが、やっと念願のLAN経由でスリープしているMacを起こすことに成功したのでそちらを優先しました。 というか問題解決で気持ちが良かったんでね。 うんうん、今年もこうやってどんどん解決してすっきりしたいものです。
 
 んで話はMacBook ProのTouch ID、いやなかなか今ならではのネタかも。
 
 Intelモデルとしては多分最終型となるであろうMacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)。 こいつにはiPhoneでお馴染みのTouch IDなる指紋認証機能が搭載されていて、スリープや画面ロック解除時にキーボード上のキーに触れるだけでパスワード入力を省いてくれます。
Touchid 
 が、こいつが最初からずっとうまく機能しない。
 一旦登録した指紋を削除して新たに登録し直したり、人差し指に親指も加えてみたりするも全く認証を受け付けてくれません。 壊れてるとしたら修理に出す期間が憂鬱です。 もちろん従来のパスワード入力は受け付けるし、AppleWatchが認証キーの代わりになるのでどうしようもなく困るわけでもなく諦めかけていました。

 そんなある深夜バイトの日、日々のアルコール消毒と洗剤手洗いのおかげで、かさかさになった指を労わろうと備え付けのハンドジェルを使わせてもらいました。 ところが予想以上にジュルっと出過ぎて両手裏表がヌルヌルに。 うわぁ、これはまずいとしばらく手のひらをぶらぶらしてたのですが、はたと閃いてこの状態で指紋を再登録してみることにしました。

 するとなんということでしょう。 ちゃんとTouch IDが機能するようになりました。 一旦登録が成功すると認証自体は指がカサカサでも大丈夫ですから、認証時の厳格性がより高いと思われます。
 
 そりゃあんた歳食ってポンコツ乾燥指になってるんだろ、と言うなかれ。
 一ヶ月ほど前にプリンターのインクカートリッジ交換時に誤ってインクが指についたことがあり、その時浮かび上がってきた指紋の破壊度は凄まじいものでした。 本来同心円状のはずの指紋をみじん切りにするような放射線状の細かいヒビが多数。 年齢関係なく今の日本人の指紋って特にケアしていなければ大方がこんな感じなんじゃないでしょうか。
 
 ただ、このトラブルはiPhoneではどうなんでしょうね。 MacBook Proとの台数差を考えるともっと大ごとになっててもいいようなものです。 もしかするとコロナ禍前に登録を終えていればことなきを得ているのかもしれません。 とすると新SEや中古Touch ID付iPhoneを最近買った人はどうなるんでしょうね。
 え?やっぱ歳のせい?
 
 とにかくそういうTouch ID登録のエラーが出るときには、少々やりすぎぐらいに指に油(クリームではなくジェル)を与えたほうが良いというお話でした。 ちなみにお名前はメンソレータムの「うるおい さらっとジェル」。

|

« Wi-Fiネットワークアクセスからのスリープ解除 | トップページ | どれを観てたか2020年秋アニメ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wi-Fiネットワークアクセスからのスリープ解除 | トップページ | どれを観てたか2020年秋アニメ »