« AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった | トップページ | 市中に累々とデジタルゾンビが打ち捨てられる »

HONDA NAVI 110の半年

 インドホンダ製NAVI 110、昨年末にやっと1,000kmを突破、初オイル交換しました。 加えて各部当たりがついてきたせいか走りも少しスムーズになったような気がします。

 燃費はなにせタンク容量が少ないので計測誤差が大きく、半年の平均で37km/Lというところが見えてきました。 予備タンク切り替えなしで100kmはギリギリ無理、ショートツーリングでもGSのまばらなところには行きたくないですね。
 
 外見的には、納車されてすぐに注文しようとしたもののショップで品切れたままだったリアのグラブバー がやっと到着。 これでミラー、ヘッドライトケース、グラブバーがボディと同色になり、前から後ろまでオレンジ色のラインが綺麗に揃いました。 買ったばかりの頃に比べるとポップ感が違うでしょ?
Navi31 
 乗り味で特に好印象なのは強い横風もしなやかにいなすこと。 納車された時からそれは感じていたのですが、あの春の強風から今の強い北風まで変わらず肩から下だけがゆらりと振れるだけで進路はほとんど影響されません。
 もともとスクーターとしてのアンダーフレームにさらにアッパーボーンが加わっているので、このクラスとしては相当剛性があるのでしょう。
 オプションのアンダーボックスも取り外せばここを横風が抜けてさらに安定するのでしょうけど、そうなるとあまりに使い勝手が悪くなるのでここはこのまま。 逆に言えばあんなでかい壁を抱えているにもかかわらずの安定性とも言えます。

 納車されてしばらくは久々のバイクで正直オタオタしてましたが、今ではかなり慣れてきました。 防寒や雨天対応もユニクロやらワークマンで安くて良いものが手に入るので昔に比べてずいぶん快適です。
 あと数ヶ月、気持ちの良い季節が来るのを待つことにしましょう。
Navi32

|

« AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった | トップページ | 市中に累々とデジタルゾンビが打ち捨てられる »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AppleWatchの心電図機能がやっと有効になった | トップページ | 市中に累々とデジタルゾンビが打ち捨てられる »