« Adobe Flashの終焉がラジオ録音に影響した | トップページ | WOL(Wake on LAN)は難しい »

留守録されたラジオ番組をどうやって聴くか

 とにかくradikoとらじる★らじるの番組を他部屋にあるMacで予約録画できるようになったのはいいとして、次はこれをどうやって聴くかという問題に気づきました。
 え?単にファイルをコピーして聞けばいいんだろうと? いえいえ、実はそれは不便なのです。
 特に音楽番組は風呂やら自室でさらっとiPhone(w/bluetoothスピーカー)で聴きたいわけで、そうなると録音機からファイルをコピーする段取りが面倒くさい。
 
 その点、開発者にサジ投げられたとはいえラズパイ上で動いていたホームラジオは、録音機能のほかにウェブ&ストリーミングサーバー機能も提供してくれていましたから、このような問題は起きなかったのです。
 とはいえMacはごそごそっとhttpd.confを書き換えればCatalinaですらすぐにhttpサーバーになります。 でもストリーミングサーバーはちょっと手間がかかりそう。
 
File ではどうするべ。 とりあえずMacからファイル共有で接続してみると、コピーしなくてもこちらのFinder上で音を聴くことができることを確認。 ということはストリーミングサーバーは要らんということか。
 
 でもiPhoneにはFinderはないしなぁ、とあれこれいじっていると、ありました。 最近になってプリインストールされ、しかしあんまり話題に上らないApple純正の「ファイル」という地味なアプリが。
 こいつにローカルipアドレスを入力し、パスワードを入れればMacからのファイル共有と同じ感覚でアイコンが現れます。 そしてそれをダブルタップするとiPhoneから音が流れました。 あ、これ地味に素晴らしいかも。

 調子に乗って録音ファイルの場所をMacのパブリックに指定するとファイルは見えるのに再生できないとか、クセがないとはいえないものの、これで所期の目的は達成できたことになります。
 
 が、この間ずっとMacは電源入りっぱなしで運用。
 え?スリープにしておいて録音時だけ「X2」から解除すればいいやん?というなかれ。 これだと聴きたいときに別部屋にあるX2用MacBook Pro.を起こしにいかねばならず、どうにもスマートでは無いのです。
 このあたりのあがきはこれまた次の機会に。

|

« Adobe Flashの終焉がラジオ録音に影響した | トップページ | WOL(Wake on LAN)は難しい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Adobe Flashの終焉がラジオ録音に影響した | トップページ | WOL(Wake on LAN)は難しい »