« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

Time Machine用NASが壊れた

 iPhoneの買い替えが迫っているときにIntel MacBook Pro 13が無くなる噂が出て、こういうお金のいるときに限ってまた新たな他の散財事が起きるのは私の人生でよくあります。 それはNASの故障。
 
 MacのTime Machineはファイルバックアップシステムとして決して良い出来では無いとはいえ、それでも突然ストレージが飛んだときには頼りにせざるを得ません(幸いそういう経験はこの数十年ないけど)。 また、とりあえず常に最新の情報になっているので、ストレージぶっ飛びまで行かなくても、「しまった、上書きしてしまったぜ!」というときには正直重宝します。
 ただ、こいつが働いているときには裏で多数のデーモンが動いていて、MacBook proなんかだとボディが熱くなって冷却ファンが全開で回りだすという、あまりスマートでない仕様です。
 
 ところがここ数日はこの騒音がなくて、ボディも冷え冷え。
 最初はなんか気持ちいいなぁ、と喜んでいましたが、もしやとTime Machineをチェックすると、数日バックアップされていない。 はたとNASであるウエスタンデジタルのMyBook Liveを見ると今まで見たことのない赤LEDが点灯。
 どうやら中のHDDが昇天されたようです。
 
 はて?このドライブはいつ買ったんだろう?とこのblogを遡ってみると、なんと今使っているMacBook proと同時期。 つまり七年前です。 3.5インチのHDDの寿命として7年というのはどうなんでしょうね。 平均的ってところでしょうか。
 とりあえずその時点でMacBook pro分だけは余っている外付けHDDをUSB接続してバックアップ。 しかしもう一台のiMacまでは手が回らないので、早急に新しいNASを手配しなくてはなりません。
 
 かつては高価だったRAID NASもそこそこ値がこなれ、WDの評判の高さを気にしつつも今回はBUFFALOの4TB、つまりRAID1で2TBを選びました。価格は27kほど。 ううう。
 速攻届いたLS2220D0402Gは付属の紙の簡単設置ガイドだけではTime Machineの設定はできず、ユーティリティをダウンロードしたページにあるPDFマニュアルが必要でした。 また、LS2220D自体にパスワードを設定(ユーザー名は固定)しないとMacからTime Machineの設定をするときにエラーになります。
 が、一旦設定ができればあとはこれまで通りTime Machineが動き出しました。
 
 動作音は無音とはゆかず、建て付けの悪い網戸のように一晩中カタカタと音がしていました。 3.5インチ×2ですから仕方ないと言えば仕方ないですけどね。 ただし背面のファンからは全く音は聞こえてきません。
 
 まぁ起きてしまった災害は仕方ない。 これもまた7年持ってくれるんだろうか。 おれ、その時69だけどな。
Nas

| | コメント (1)

自衛隊バンのロゴが格好イイ

Jsdf
 GSに来る車を見ていたら、白地に鮮やかな紺のカラーリングを施したバンが来ました。
 垢抜けたデザインやなぁ、どこの会社だろう、と隙間から見えるロゴを見たらJSDFとある。
 え?自衛隊? 確かにあの数字のみのナンバープレートなので間違いありません。
 
 えらい格好ええなぁ。
 
 ロゴからサイドのストライブ、その上に乗るレタリングなど、明らかにプロのデザイナーの手が入っています。 しか紺青一色で勝負しているところが潔い。
 確か今までのこの手のバンは無地白だったと思うので、うん、なかなかやるなぁ、と純粋に感心しました。
 
 憲法的にはともかく、軍事のみならず災害救助になくてはならない存在ゆえ、求人的にもイメージ大事ですもんね。

| | コメント (0)

いいかげんにしてくれ>NHK

 総務省からの受信料引き下げの圧力に交換条件をつけるかのように、NHKがテレビ設置の報告を義務付ける要望を出しました。 これ付随する恐ろしい話は、電気やガスなどのライフライン企業もこの報告に協力させようというところ。
 つまりは他業者に国民の個人情報を提供させる国民監視行為をさせるわけです。

 ん〜以前から言われているように、どうしてNHKの経営感覚はずれまくってるんでしょうね。 受信料の支払い義務が裁判で通ってから余計に図に乗っているようにもみえます。

 現在の係員が訪問して受信契約を促すという仕組みで年300億円かかるのが理由の一つと述べています。 しかし現在NHKは年間7,000億円以上の受信料収入を得ています。 受信料を引き下げるための原資確保と言いたいのでしょうが、たかだか売り上げの4%のコストを利益圧迫とする感覚が一般人には信じられません。 どれだけ儲ければ満足なのか。

 NHKを見ない・不要だと言う気は私はありません。 ただし必要としているのは定時のニュースとたまのNHKスペシャル、AMのWeekend sunshineのみ。
 受信料減は番組のクオリティ低下を招くというのがNHKの常々のコメントです。 いや、だから年末の歌謡バカ騒ぎとか日曜のマンネリドラマのクオリティ維持なんて私は望んでいません。 
 吉本しょんべん芸人使った外注プロダクション作バラエティも要らない。 そんなの民放で十分。

 テレビラジオ合計七波も使って全ての人が求めてもいないものを押し付け、全ての人から2〜4千円をもれなく巻き上げる。 これほどの悪徳な商法はありません。

 私がNHKに求めるものにいくらなら払えるか。
 現在radikoに350円、motoGPだけを見るために(シーズン中のみ)1,290円、計1,640円払っています。 それから考えて、Eテレだけには寄付的なものが必要でしょうから、300〜500円/月が私の妥当なNHK受信料です。 もちろんBS不要。

 ということで、既に多くの批判記事にあるように、技術的には可能と言われるスクランブルをかけて視聴者のニーズに合わせた課金体制を構築するのがベストでしょう。

 しかし、本来中立と人権を守るべき公営放送が、他企業の社員をを使ってまでも国民の生活を監視するとはよく言ったものです。
 Netflix、fulu、DAZN、Amazonプライム、AppleTVなどなどが溢れて来た今、テレビが壊れたらただのモニターにしようかな。
 でもそうなったら民放も道連れかぁ。 えげつないこといい出したな、NHKも。

| | コメント (0)

交錯するアイコンメタファーの時代性

Phone 先日学生の発表を見ていると、相談室のロゴマークにいわゆる黒電話時代からの受話器のシルエットをあしらっていました。
 そこでふと、そのまだ十代の学生に「それ、受話器だって知ってるの?」と聞いてみたら「知ってる」と。 家の電話はそんなんじゃないでしょ、とさらに訊くと本人も、あ、そうですね、なんで知ってるんだろう、ということに。
 すると他の学生がスマホの電話アプリのアイコンがそれになってます、とチャットで教えてくれて非常に納得した次第です。
 
 確かに家電(いえでん)はともかく、インターホンやATMの横とかにはまだこれに近い形のはあるけど、ダイヤルとか電話ボックスを彼らはきっぱり知らないはず。(電話アプリの「キーパッド」というのがダイヤルのアイコンになってたら、もしかすると「ダイヤルする」という言葉は生きていたかも)

 アイコンといえばアメリカではGoogleのアイコンがめちゃくちゃ抽象的になってわかりにくいとの声が上がっていて、そういえば私も前回の改変時にそんなこと書いてました
 そもそもアイコンってのはユーザーが直感的に理解できるように現実世界の物体なり行動なりをメタファー(比喩)として落とし込むことがルールのはずなのに、なぜか一部のデザイナーの慰み者になってるのは残念です。
 
 が、一方でスマホという今一番人々の生活に溶け込んでいる物に、現実からは消えてしまったものが残っていると人々はそれを今あるものとして直感的に理解する、というある種不思議な現象に気づいた気がします。

 じゃ、これがどういうデザインなら「今」なのか、とさらに考えると、一時期のアンテナがヒョイっと伸びたいわゆるケータイはもう使えないし、かと言ってスマホは形としてあまりに単純すぎてよくわからないから、ホームボタンと画面枠を加えて何とかしてました。 ところがこれらも現実のスマホから消えて今やのっぺりとしただたの板。 これもわかりづらい。

 ということで昔からのこの受話器はこれからずっと音声電話のシンボルであり続けるのかもしれません。

| | コメント (0)

さてシリコンと噂される新型MacBook Pro 13はいつ出る?

 もうAppleが陰で情報操作しているんじゃないかと思えるほど正確なリークとして、11月17日に新型SocであるAppleシリコンを搭載したMacが発表されるそうです。

 私はといえばかなり悩んだ挙句、Windowsが動く最後のMacBook Pro 13としてBTOでi7搭載をオーダーしました。 このblogを掘り返すと今使っているMacBook Pro.も、その前のPowerBook G4も共に7年使ってたことがわかり、そろそろ次の7年に向かって買い換えても良いのかな、と。

 さてここからは単純にシリコンMacの予想。
 私のMacBook Pro 13は11/6から11/14の間に納品されることになっています。 その仕様そのままで別途毎日チェックしていると、今日の時点では11/22から11/29日と表示されています。 ということは最も遅い11/29日時点ではまだシリコンMacは発売されていないということとになるのでしょうか?

 いや?待てよ、考えてみましょう。
 シリコンやらなんやらを全く知らない人が今のMacBook Pro 13を注文し、納品を待っている間に新型が発売されたとしたら恐らくは揉めるではないでしょうか?
 いや唯我独尊のApple皇帝のこと、「いや?あんたが注文したのはこれでしょ?新型とか関係ないし」と新型が発表・発売された後に堂々と旧型を送りつける?

 私のように最後のIntel MacBook Pro 13が欲しい人が全てじゃないでしょうし、一般的な消費者のことを考えると、納品予定日前に新型が出ることは考えにくい。
 ということは今表示される最遅のスケジュールの時点ではまだ新型は出ないという仮説が成り立ちます。

 が、冒頭のリーク情報では11/17に発表がある、ということで、今日現在の最遅予測である11/29から大幅に早まっています。 ということは発表11/17で発売はさらに後、具体的にはこのBTOでIntel MacBook Pro 13が注文できる最後の予定日となるのかも知れません。

 もしかしたら初代シリコンはMacBook Pro 13ではない?とも思いますが、Airも16インチのMacBook Proも納品予定日は10月で、iMacは先日テコ入れされたばかり、と考えるとやはり納品予定日がずるずる伸びている13インチMacBook Proで間違い無いと思います。

 ま、個人的に必要な注文は押さえているので、あとは高みの見物なんだけど、Thunderbolt、SDカードリーダーやHDMIなど端子が豊富な今のMacBook ProからUSB-Cのみになり、ドックやらアダプターでさらなる出費が増えるのがイタい。

 でも次の7年、生きてるのかなぁ... 79歳だぜ?
 ※違う違う!十年違う! 69歳だ!

| | コメント (0)

アイツが手首に帰って来る。三年後だけど

 首都圏をカバーするPASMOがモバイル化を果たしましたが、今度はJR西日本がICOCAをモバイル化すると発表しました。 ただし三年先の2023年。
 
 先日モバイルPASMOについての詳しい記事を読んだばかりで、交通系ICカードはSuicaとPASMOだけで九割を占めるという数字を見て驚きました。
 それによると、PASMOは今回のデジタル化で数億単位の金をJR東日本に支払ったそうで、となると全国たった一割程度のICOCAがPASMOに続いてモバイル化することはないだろう、との下りを読み、関西在住の人間としては残念ながら既にSuicaをAppleWatchに入れて一年以上利用している故、まぁそれはそれで仕方ないかと割り切ったところでした。
 
 が、ここに来て三年先とはいえ突然のモバイル化発表。 う〜む、何億でケリがつくのだろう。
 
 JR西日本圏内とはいえ定期券や特急券の利用は無く、このままSuicaで問題ないんだけど、もともとSuicaの痩せたペンギンが好きではなく、でっぷりイコちゃんファンとしては実現したら即乗り換えるつもりではいます。
 
 でも2023年かぁ。 なんでそんなに時間がかかるんだ...
Smarticoca

| | コメント (0)

TBSの富嶽+理研のマスク発表報道がおかしい

 TBSの動画ニュースで、理研が中心になって富嶽を使ってシミュレートした結果、マスク着用は他人に伝染すのを防止する効果のみならず、伝染されることも防ぐ効果があると改めて発表した、と報じていました
 
 非科学的なマスク圧力に反対する私にとってこれはかなり不利なエビデンスじゃないかと調べてみたんですが、ネットに上がっているプレゼン画面は不鮮明で、ネットで発表本体を検索しても今の所みつかりませんでした。 また報道もTBSだけだったようです。

 しかたないので注意深くニュース動画を見てみると、防止の対象とした飛沫の大きさの一つは1ミクロン、さらに不可解なことに200ミクロンという大きさも想定されています。
 は? 以前私が調べて書いたように、1ミクロンはウイルスではなく細菌の大きさ。 もちろん飛沫ですから唾液などを含んでのことでしょうが、200ミクロンとなると花粉の数倍の大きさでもうチリとかホコリレベルの大きさ。 だれかに眼前で大演説をぶたれるくらいの不自然さ。
 そりゃそれだけ大きければ隙間10ミクロンの普通の不織布マスクでも発表通り三分の一くらいにはなるでしょう。

 さらにこの報道の限りではシミュレーションに使ったマスクがどういう、例えばN95だとか不織布なのかわからない。 一方で理研の発表画面にはしっかりと「飛沫」と書いてあります。 その点は確認できます。

 ところがTBSはネットニュースでは見出しが「吸い込むウイルス3分の1に抑制、マスクの重要性を再認識」と「ウイルス」に置き換えていますし、テレビ版の右上にも「やっぱりマスク!吸い込むウイルス1/3に抑え込む」とあります。
 
 つまりはTBSがマスク信望として勝手に編集・誇張して報道したということになります。
 結局科学者たちが「ウイルス」はマスクでは防げない、ただし感染した人は他人に飛沫と共に感染させるのでマスクは有効、と何度言っても「被」感染予防にも役立つと言いたいのが今の日本の盲信だということでしょう。
 
 言い換えるとマスクという念仏唱えて入れば安心、唱えない人は非国民という幼稚さに変わりありません。 テレビしか見ない、テレビは正しいと思い込んでいる大半の人たちはこれを見てますますマスク信仰を深めてゆくでしょう。

 竹槍でB29が落とせるわけがない(この表現、とても古いと思うんだけど代わりに置き換わる表現が思いつかない)。 正しく恐れて正しく防ぐ。 もっと科学しろや。

| | コメント (1)

MagSafeは意外とイケる?

 今回のiPhone12に初めて採用されたMagSafe、最初はくっだらね〜と正直思いました。 んなもんQiでいいやんか、と。(iPhone12はQiにも対応している。念のため)

 私が仮にiPhone12を買ったとすると、5s時代から愛用していた純正クレードル(スタンド)がサイズ的に使えなくなりますから、何らかの代替品が必要となります。
 クレードル必須というとよく几帳面で片付け好きですかといわれるのですが、実は全く逆で、机の上には郵便物や名刺、メモなんかが散乱してて、そこにiPhoneなぞを平置きしようものなら即行方不明になるからです。 つまりひょこっと机の上に顔を出すなり、壁にぶら下がっていて欲しいのです。
 
 今ではiPhone以外にAppleWatchとAirPods Proがありますから、どうせなら全部セットになった充電スタンドがいいなぁと酔った勢いで探すと、まずはApple Storeで出て来たのがこれ
Stand01 
 全てワイヤレス充電で、デザインもAppleっぽい。 でも値段は14,800円。
 
 価格で探すと、Amazonやら楽天で買えるこれ。 
Stand02 
 価格はたったの2,999円。 安さの理由は充電源が含まれていないのと、Watchは純正品を利用するから。 でも私はすでにQuickCharge対応の充電器を持っていますから、それが使える。
 なかなか良いアイデアなんだけど、色が黒しかないことと、AirPods ProはLightning充電なのが残念といえば残念。 逆にWatchとPodsを二階建てにしてるから幅は先のものよりコンパクト。

 うん、これかな〜と酒飲みながらシャドーショピングしてたら今朝のMagSafe。
 冒頭書いたようにiPhone12はQiにも対応してるし、別に15Wで倍速充電する必要もなし、カバーやケースもつけないし、と鼻で笑ってたら、Appleの動画に出て来たBELKINの試作品を見て動揺しました。 なんじゃこのレトロモダンなデザインは。
Belkin 
 土台はAppleらしい白ベースながら、そこからRRのフライングレイディ的に伸びたクロームのシャフト。 そしてそれらに群がる三品はまるで運動会の組体操のようです。
 あ、あ、あ、こ、これ良いかも。 でも大概私が興奮して欲しくなるものは高価であることが多いので、実際の商品が出るのが楽しみなような怖いような。

 あと、台所で料理レシピをiPhone平置きで表示させているとどうしても見にくくて、バイク用のスタンドを使って視線を上げられないかと考えていたところでした。 これがMagSafeだと、脱着時によいしょっとクランプを広げなくても良いわけで、うん、悪くないなぁ、と。
 こういう目的では充電機能は不要ですから価格もお安いのがあれこれと出て来そう。

| | コメント (0)

iPhone12発表

 ついにiPhone12が発表されました。
 翌日の仕事に差し支えるので情報に触れたのは朝でしたが、まぁすごいですね、リーカーというのでしょうか、ほぼほぼ事前に漏れていた情報そのままでした。
 しかも二種類に分かれた発売日までぴったりというは、もうこれはAppleが意図的にティザーとして流しているんじゃないかと思えるほどです。
 
 その発売日というか予約開始日時、とりあえずは発表直後からでなくて良かった。 んなもん起きれられんわな。 逆に、それでももしかして、と眠い目をこすりながらポチに備えていた方はお疲れ様でした。
 
 とはいえ狙いのminiは11/6予約開始ということで、これはぼやぼやしてたらかつてのAirPodsのように数ヶ月待ちになりそうです。 年内に届けばラッキーという感じでしょうか。
 まぁ一般人はそれでいいとしても、一番乗り報告したい人にとってはまだ緊張の日は終わらないというところでしょう。
 
 今の感想としては、TouchIDが新型iPad Airのようにサイドボタンに組み込まれなかったことだけが不満で、それ以外は文句ありません。 今のところミリ波5Gにも凝ったカメラにも必要性を感じませんし、やっぱりあの大きさは誰かも書いていたように「これぞ待ち望んでいた新型SE」です。
 
 二年以上使っている中古の初代SEは朝満タンにしても夜まで持つかどうかまでへたって来ましたから、12 mini欲しいです。 でも例のシリコンMacBook Pro回避もありますしねぇ... 幸いまだ悩む時間はしばらくありますが...

| | コメント (0)

シリコンMacが突然の憂鬱

 AppleがMacのCPUをインテルから自社設計のシリコンなるSoCに順次変更してゆきます。
 速くなるんだろうし、消費電力やiPhoneやらiPadなどとの親和性など異論はないといいたいのですが、唯一残念なのがWindowsがネイティブで走らなくなること。
 
 いやWindowsに興味はないんだけど、Mac非対応のソフトウエアを動かす、webサイトのWindows上での互換確認には使わざるを得ない。 かといってそのために一台PCを用意するのは無駄。 という環境下でBOOTCAMP、ネイティブ問わずWindowsが動く現在のインテルMacは最適でした。

 シリコンになってもParallelsがエミュレートするんじゃないかとか噂があるものの、いくらシリコンがインテルより大幅に性能アップしていたとしても所詮ネイティブに並ぶものではありません。
 
 一方で私のメインノートマシンであるMacBook Proはもう7年落ちながら、春にバッテリーを交換して日常の使用に問題はありません。 さらに本当に壊れるまで使い切ればいいようなもんだけど、問題はOSやプログラムのバージョン環境。

 これまで何度もぼやいているように、XcodeでMacOS、iOS、WatchOSやらのプログラミングをしていると、それぞれのバージョンが密接に絡み、例えば現時点でのiOSの最新である14でプログラムしようとするとXcodeは12が必要でCatalona必須、やがてXcodeが13か14nになると多分MacOS自体も11しかサポートしなくなるはずです。
 このOS11に愛機MacBook Proが非対応なのはすでに決定してて、その時まで粘ると当然インテルMacはもう買えません。
 
 もしいま私がMacBook Proを買うなら13インチ、BTOでi7、何より必須のUSキーボードにしなくてはなりません。 そんな仕様をアップルストアのカゴに入れてずっと見ていると、ここにきてMacBook Proの納期がそれまでの数日から数週間、そして今朝ネットで一ヶ月くらいに伸びていることを知りました。

Macbookpro

 やばいのである。
 
 これは新モデルが出る時の常態で、このまま伸びて、ある日「注文できません」という非情のメッセージにすりかわります。
 今は来週のiPhone発表がネットを賑わせていますが、実は来月11月にも新製品発表があってその時には初のシリコンMacとしてMacBook Pro13が出るというもっぱらの噂があります。 ただ、それまで納期が延びつつも現モデルのBTOが買えるかどうか、もっと早い時期に受注締め切られるかもしれません。
 
 もともと来週のiPhone発表がずっと気になっていたのに、さらにこのMacBook Proの件。 しかも高額。
 憂鬱なのである。

| | コメント (1)

多忙な一週間が終わったら食欲が爆発した

 明日は胃と腸の内視鏡検査、と書いたきり一週間が経ってしまいました。
 まずい腸内洗浄剤のおかげで腸も綺麗になり、恐れていた初の経口カメラも麻酔のせいでまったく嗚咽なし、というか何も覚えていない。 気がつくとベッドの上で胃を膨らませる発泡剤のせいでブーブーおならをこいてました。 あらあらお下品なこと。
 
 さて、木か金曜には学校に行って採点を始めないと週明けの締め切りに間に合わないな、と思案してたら予てから末期ガンに苛まれていた叔母が亡くなったとの電話あり。
 おりょ、通夜と葬式で木と金が潰れ、採点は月曜と締め切り日の火曜午前しかなくなりました。
 
 ただし幸か不幸か今期はコロナ対策で多くの提出物はGoogleのClassRoomというシステムを使っていたので在宅やバイト先である程度採点ができました。 それでも全部終わったのは本当に締め切りぎりぎり、危なかったぁ。 そして気がつくと一週間が過ぎていたという。

 その開放感か、昨日は帰宅して娘と二人でお好み焼き屋で昼食。 ビールとモダン焼きのみならず焼きそばも追加して二人で分けるという乱心。 
 これではいかん!晩飯が食えなくなる!とキャベジンを飲みながら消化促進。 おかげで予定していたお気に入りの冷凍麺を平らげることができました。 うまいな〜
 
 さらに。
 0時過ぎに娘がパックに入れたまかないを持ってバイトから帰ってきたので、それも頂くことに。 あかん、完全に満腹中枢破壊や...
 
 でまぁ今、こうして朝飯も昼飯も食べず、明日から雨だというのでワークマンに行ってネットでゲットできたレインブーツを引き取りに行ったり、あれこれあれこれしてなんとか人としての胃袋と体重を取り戻そうとしているのですが、すでに今晩はシチューフォンデュと決めていて結構楽しみにしているという。
 鶏肉〜、豚肉〜、シーフード〜、ブロッコリー、じゃがいも〜、エリンギ〜、フランスパ〜ン♪
 
 いかんいかんいか〜ん! 食欲が止まらん〜!!

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »