« 天下のUFJが高齢者イジメを堂々と始めた | トップページ | Apple WatchのNFC特性 »

ハウスのソテーカレーというのを試す

Curry2 ハウスから出ているソテーカレーというのをカレー好きの娘がいる日に作ってみました。
 
 普通のカレーとどう違うかというと、その名の通り煮るのではなくあくまで炒めるのがメイン。 またルーではなくペーストなので水に簡単に溶けて五分ほどで硬めの粘りが出ます。
 つまりめちゃ時短。

 写真のプチトマトとナスは箱書き指定のものだけど、ゴーヤも加えているので意図せず夏向きのメニューとなりました。

 この硬めの粘り、ご飯よりも何かにディッピングするのが向いてそうなので、今回はナンとフォカッチャを用意(写真なし)。 イメージ的には翌日カレーをパンにつけて食べるあの感じかな。
 
 なぜか今回は中辛と辛口の両方が手に入ったので二箱同時に作っちゃいましたが(ゆえにフライパンではなく中華鍋)、ディッピングを考えたら辛口がいいかもしれませんね。
 あと、関西人なので指定の豚肉では少々舌が寂しかったです。
Curry3

|

« 天下のUFJが高齢者イジメを堂々と始めた | トップページ | Apple WatchのNFC特性 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天下のUFJが高齢者イジメを堂々と始めた | トップページ | Apple WatchのNFC特性 »