« マスク偏執が狂気化してる(暴言注意) | トップページ | リーガルの革靴をリペアした »

アニメの女の子が流す涙に癒されてる

 ここしばらくストレスを感じない生活をしようと心がけた結果、淡々と日々を過ごし、気がつけば一週間が終わり、気がつけば一ヶ月が過ぎるみたいな生活になっています。
 と書くと、なんだか無味乾燥な日々と勘違いされそうですが、全く逆。 心静かな毎日がひたすら続くという幸せな日々を過ごしています。
 たまに些細なことですごく腹が立ったりもするんだけど、それも可能な限り短時間で収めるように努めています。

 アニメの話ももっと書きたいんだけど、その淡々とした日々の歯車が回る中ではどうも創作意欲というか、何かを生み出したいという意欲が低下しているようで、これはこれで困ったもんではあるんですけどね。
 
 そんな中、ここ一週間ほどアニメの中の女の子が泣いているシーンが妙に気に入って何度も何度もリピートしている私です。
 
 まずはしばらく撮りっぱなしで少し溜まっていた「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」。 もとからあんまり明るい作品じゃなかったけど今回はさらにどんよりした印象で、もう切ろうかなと思いつつ見ていた第4話。
 由比ヶ浜結衣が物陰に隠れて「私は可哀想な子にはならないんだ」とボロボロと涙を流すシーン。
 
 次に録画の関係でほぼ同じ頃に見た「彼女、お借りします」の第7話で更科瑠夏がわんわんと歩道で泣く場面。

 女性を泣かせて喜ぶ趣味は無いのは当たり前としても、あぁなんか懐かしいなぁ、青春だなぁ、と。 が、思い起こしても私を主題として女の子がこれだけ泣いてくれたことは... やっぱ無いよな。 うん、無い。
 ということは単なる憧憬か。 アニメゆえの美形女子が大きな瞳からボロボロ大粒の涙を流すという場面。 あぁそういえばそういうシーンをえせ小説に書くのが好きだったりするなぁ。

 思えばモテ期のない人生であった。
 ま、いっか。 今夜もバーボンと麦焼酎が美味い。

Tear1
※引用:mbs やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第4話
Tear2
※引用:mbs 彼女、お借りします 第7話

|

« マスク偏執が狂気化してる(暴言注意) | トップページ | リーガルの革靴をリペアした »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスク偏執が狂気化してる(暴言注意) | トップページ | リーガルの革靴をリペアした »