« 一応Swift基礎勉強の成果かと | トップページ | ワークマンの超廉価レインウエアをバイクで試す »

我が町の民度を嘆く

 ペットボトルは野放しでいいのかという批判もありつつ、とりあえずスーパー、コンビニを始め、ホームセンターから百均まで一斉にレジ袋が有料となりました。
 というか、私が利用している近所のイオンはもう半年くらい前からレジ袋は有料となっていたので、逆にコンビニや百均で有料と言われてはっとするという感じです。
 
 で、そのイオンで有償化が始まった時、市や環境庁とタイアップしてシェアバッグという制度が始まりました。
 これはその名の通り、無料で利用できるマイバッグで、次回来店するときに決められた場所に返還する、仕事帰りで普段使っているマイバッグを持参できないときにとても便利で重宝していました。 これならレジ袋が廃止されても困らないね、と。
 
 が、ある日この制度が休止され、以来ずっとそのままです。
 新型コロナ騒ぎの前なので消毒がどうとかではなく、しばらく理由がわからなかったのですが、どうやらモノ不足、つまり借りたまま返却されないケースが多くてバッグの数が不足してきたからだとわかりました。
 
 はぁ? ここは中国か。
 
 確かにかなり前、少し知能に問題がありそうな男が離れた場所で完全にマイバッグ化しているのをみたことがあるものの、たぶん公私の区別をつけるのが難しいのでしょう。
 でもそうそうそんな人ばかりではないと思っていたら...
 
 ついこの間、まともでそこそこ品があり、お金もしっかり持っていてそうな夫婦がプリントされている市のゆるキャラも誇らしげに、そのシェアバッグを提げてなんとそのイオンの前を歩いておられました。
 
 はあああああ?
 
 見る限り、多分住む家もあり、子供を育て、もしかすると孫すらいるかもしれないこんな夫婦が普通に生息している我が町。
 
 廃プラ問題以前の民度。
 

Sharebag2

|

« 一応Swift基礎勉強の成果かと | トップページ | ワークマンの超廉価レインウエアをバイクで試す »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一応Swift基礎勉強の成果かと | トップページ | ワークマンの超廉価レインウエアをバイクで試す »