« 2020年6月 | トップページ

ALS患者嘱託殺人報道への違和感

 ここ二日ほど、goto コロナウイルス全国ばらまきキャンペーンや豪雨洪水を差し置いて題名のニュースが幅をきかせています。
 
 もともと十年前から私は合法的自殺システムを作れ、と訴えてますから、今回の事件は、あぁ楽になれて良かったね患者さん、世話になった二人の医師に感謝しなくてはね、と捉えました。
 
 ところがマスコミはそうではないようで、ご丁寧に安楽死の条件を掲げてこれに該当しないただの金目当ての殺人と非難しています。 え?日々の地獄にいっそ死んでしまいたいと切に願った患者の意志はどこに?
 警察は八ヶ月の間内偵を続け、振込を確認して金銭目的の犯罪だったとても得意げ。 おい、私こないだ健康診断で医者に金払ったぞ。 あの医者も金銭目的だったのか? だったらあいつも捕まえないと!
 
 いや、医者でよかった。 本当に亡くなった患者さんは二人の医者に感謝すべきです。
 使用されたのは睡眠薬、とありますが、今時一般市民が手に入れることができる睡眠薬は百錠飲んでも死ねません。 昔とは睡眠中枢に働くシステムが変わっているそうで、小説やテレビで定番となっている睡眠薬一瓶呑みでの自殺は不可能なのだそうです。(放送大学「睡眠と健康」より)
 しかしそこは本物の医師。 一般には手に入らない医療用医薬品から時代遅れとも言える古典的睡眠薬を選んでして処方してくれた。 おかげで患者さんは文字通り眠るように逝くことができたはずです。 これが素人ならそれこそ役に立たない睡眠薬を大ジョッキ一杯飲ましていたかもしれません。

 またあざといのがカウンターオピニオンとして他のALS患者団体の「私たちの命を否定しないでほしい」というメッセージを扱っていること。
 いや、誰も否定してないやん。 最後の最後まで自然死を望むならそれを誰も否定しません。 むしろその考えを自然死ではなく選択死を選ぼうという人に押し付けるのもやめてほしい。
 
 また父親からのコメントも、可能な限り「娘は金目当ての悪徳医師に殺された」方向に編集してある気がします。
 初期の段階で父親は「やりきれないが、犯人を非難しない」と言っているのに、「せめて最後に会って話したかった」的なコメントを付加しています。 まるで娘の命が奪われたかのように。
 いや、もし最期に付き合わせていたら親父も幇助罪に問われるでしょ。 それを知っていたからネット界のみでけりをつけたわけで、本当に聡明な娘さんでした。
 というようなことは当の父親もわかっているはずですが、マスコミはそれでは面白くないからいつも通り事実ではなく、望んだストーリーへの編集と誘導を加えるわけです。

 身体障害者やジェンダーについては揃って多様な価値観の尊重を唱和するくせに、自らの命の選択である自殺についての多様性については途端に口を閉じてしまういわゆるえせラディカルたち。
 
 視力低下した人や妊婦の身体的困難を疑似体験させるスーツのようなものがありますね。
 ああいうのでALSや末期ガンの苦痛を体験できるものがあれば、今回の事件に批判的な人々に着せてみたいものです。
 どう?これでもまだ生きてた方がマシ? と。
 
 二人の医師は多分有罪となるでしょうが、執行猶予がついて、裁判官の「安楽死に対する一層の社会の議論を求める」のコメントがつくことを切に望みます。

| | コメント (0)

原二バイクのウインカー戻し忘れを振動でモニターする

 インドホンダ製のNavi110、ウインカーを出してもカチカチとか音がしません。 あれ?そもそもバイクってそんな仕掛けあったっけ? 輸入車ならでは?

 ともあれこれで何が困るかというと、出しっぱなし。 戻し忘れ。
 中〜大型車だとメーターパネルがそこそこ高い位置にあるのでウインカーモニターが視界の隅に入りやすいけど、小柄な原付二種では意識しないとメーターパネルが目に入りません。
 私が時々走る道は、一旦右折したらあと8kmほど一切ウインカーを出さないルートです。 ここを一度5〜6kmずっと右ウインカーを出しながら走ったことがあり、まぁ、私も含めて多くのドライバーはあるあるとしてある程度は許容してくれるとはいえ、これは危ないな、と。

 そこでふと思いついたのが、ウインカーが出ている時にハンドルバーに振動を伝えるような仕組みができないかというアイデア。
 早速検索するとなかなか12Vのバイブレーションモーターがなくて、最初のうちはDCダウンコンバート回路を入れて比較的多数ある4.5Vとか6V用を震わせようかと秋月電子のページを覗いたりしているうち、幸いAmazonであらかじめプラケースに入った12V用を見つけ、なぜか二個ワンセットで購入。(実は後から「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」で一個のみが表示されました。 なんで?) ちなみに一個900円程度。
 
 台湾から半月ほどで送られてきた実物はちょっと大きく、なによりケースに全周に渡って隙間があるのに愕然。 商品写真で勝手に密封されていると思い込んでいただけなんですけど、これでは雨中前提のバイクでは使えません。
 幸い家にあった汎用のチャック付きビニール袋に丸ごと入れることにし、配線が出るところをコーキング材か何かで埋めることに。

Winker01
Winker02
Winker03
 
 配線はメーター内にあるウインカーモニターランプから取れば良いかと考えてたら、このランプ、どうも単純な+線&ーアースではないようで、ランプに向かう二本の配線色を見ると水色と燻んだオレンジ色と共に+線っぽい。
 とりあえずこのどちらかにモーターから一本を、あとはお決まりのマイナスアースで試すと、片方しか振動しません。 どうやら二色の色分けは左右のウインカーの回路の色のようです。
 えっと、だとすると両方から+を取ると電流が横に流れてウインカーを出すとハザートみたいに両方が点灯してしまう? ダイオード入れる? などと大げさな流れが頭をよぎります。
 
 いや、まてよ、こいつはインドでは大衆車。 日本で税抜き98,000円。 そんなややこしい設計であるはずがない。 ならば理屈は後回し、とりあえず普通に点灯しているモニターランプの二本にそれぞれモーターの+ーを接続してみると… あら、問題解決。
 ちゃんと左右別々のウインカーに反応してモーターが回ります。 結果オーライだけど、どっちがプラスなんだろう…(テスターは所持しておらず。多分右と左で回転方向が逆転してるのではないかと)

Winker04
Winker05

 まぁいい、とりあえず所期の働きができるようになったし、心配していた電圧低下もないのでリレーをかます必要もなく、次はバイブレーターユニットを取り付ける場所探し。
 
 ところがこれがハンドルバーの曲面とユニットの曲面が災いし、ピタッと取り付く場所がありません。
 しっかりと固定しなければ振動が逃げてしまうし、と考えた挙句、写真にあるようにハーネス類を固定するステーに上下方向の位置を預け、あとはハンドルバーにタイラップでくくりつけるという力技。

Winker06

 んで、効果はというと…
 走ってると全く振動に気づきません。 まぁそりゃそうか。 走行中でも伝わるようにするにはSR500のピストンくらいの偏心ウエイトをブン回さないといけないか。
 停車してると確かにどこかで携帯が振動しているような感触が左手に伝わってきますので、信号待ちでふと出しっ放しに気づく程度には役立ちそうです。 最初考えていた6V程度のモーターではもっと弱かったことでしょう。

 ユニットの位置をもっと高い、グリップに近いところに移動させるとまた違うのでしょうが、もっとしっかりと固定できるクランプ材を探す必要がありますね。 ただ、高い位置に持ってくると傍目に目立つようになり、ビニール袋詰+タイラップのなんとも野暮ったい工作がバレてしまうという懸念もあり…
 
 う〜ん、発想は良かったんだけどね〜 いろいろね〜

| | コメント (0)

産地明記の野菜はやっぱりうまい?

Vegi

 しばらくイオン店頭から消えていた淡路島産たまねぎが久々に登板していたので早速酢豚に加えてみました。 うん、やっぱり味に深みがあってタレに負けてない。
 多分これはカレーに入れても美味かろうと試してみたら、こちらも良い味を出してくれました。
 ちょうど昨年の夏に淡路島に行ったときに買ったのと同じく、やっぱ名産を謳うだけのことはあるのか、と通常品より1.5倍くらいの価格にも納得できました。
 
 そして次に北海道産じゃがいも。
 って、この辺りで売られているじゃがいもはほとんどが北海道産じゃないのかと思いつつ、わざわざ小袋に入れられて北海道産のステッカーが貼られています。 こちらもばら売りのそれより少し高いんだけど、大きさがちょうどカレーにいいかと購入。
 
 上記玉ねぎと一緒にカレーに入れたら、普段あまり食べ物について語らない娘が一口食べて「じゃがいもめちゃ柔らかい」と。
 うん、確かに柔らかいというか、デンプンの粒感がさらさらと感じられるし、味もよく染み込んでいる。 そしてメークイン系じゃないのに型崩れもあまりしてない。 あれ?普通柔らかいジャガイモって煮潰れてしまうんだけどね。
 これでポテサラ作ったらいい感じになりそう。
 
 金に糸目をつけず、さらに足を伸ばせばそういうひとクラス上の食材ばかり売っているスーパーもあるんだけど、いつもの近場イオンでこういうのが手に入るってのはちょっと嬉しかったりします。

| | コメント (0)

エネオスが調子に乗ってる

Enekeysticker

 エネオスのエネキーがサービス開始一周年を迎えたようで、以前から展開しているガンダムコラボ広告がさらに調子に乗ってます。
 それは写真のエネキーに貼るステッカー。 スタンドで配布されています。
 
 全体は一見して長方形の普通のステッカーのようですが、よく見るとエネキーの平らな部分に合わせて切り込みが入っています。
 図柄はガンダム、ザク、両陣営の制服の四種ながら、実際に日の目を見るのはその最も特徴的な部分のみという飛びっぷり。

 てっきりエネキーの裏(ロゴがない方)に貼るんだと思ったら、形が合わない。
 おやおや、ロゴがある面に貼るんですか? これまた大胆な。 まぁ、裏にはシリアルナンバーがあるのでそれは隠せないと判断したんでしょうね。 とりあえずステッカーにも小さいながらロゴが印刷してあるし。
 
 で、私は何を選んだかというと、ザクなんだな。
 ほんとはザフトのマークが良いんだけど。

| | コメント (0)

ワークマンの超廉価レインウエアをバイクで試す

 いや〜、よく降りますね、 しとしとなんてもんじゃなくてドカドカと。
 
 ホンダNaviを買ってからGS監視の仕事が増えたのはいいものの、中には雨の日にバスに頼れない場所も出て来ました。
 となるとレインウエアが必要になるんだけど、今まで雨中にバイクを生活の足として使ったことがない身としては、いまひとつよくわからないのが正直なところ。
 
 長い間リュックには以前輸入車販売代理店からもらった粗品のヤッケを非常用に入れてたんだけど、これを着てバイクに乗ったら防水機能が弱いのにびっくり。 あくまで短時間の非常用でした。
 
 よって昨冬中綿入りジャケットで良い出会いをしたワークマンで、防水ヤッケとオーバーパンツを買うことに。 ただ、透湿性を謳うものは少々高価になります。
 毎日乗るわけではなく、雨の日にはバスで通えば良い場所もあるので、あまり深く考えずに最も安いと思われる795円のヤッケ693円のパンツを購入。 EVAとありますが、あのEVAとは全く関係なく、エチレン酢酸ビニルの略です。(でも絶対狙ってるよな)

 さて本日。 近場をあちこち移動したいのに朝からあいにくの雨。
 それでも午前中は小降りだったので布製のパーカーでなんとか凌いだものの、そのときホンダNaviのメインキーシリンダーがかなり硬くなっているのに気づきました。 あぁこの辺りがインド製だね。
 これ、その内動かなくなって、無理やりこじってキーシリンダーを壊すパターンです。
 
 通常ならCRC一噴きなんだけど、鍵には鍵用のシリコン系潤滑剤が必要なことを知っていたのでホームセンターに行かねばなりません。
 そして雨はいつのまにか本降りに。
 いや、これは買ったレインウエアの性能チェックに最高でしょう。

 と、なぜか少しウキウキしてまずパンツを履くと、特に問題なし。
 しかしヤッケはというと、蒸れる!
 あぁ、もう下はシャツ一枚で良いや、とわざわざ着ていた薄手のパーカーを脱いだのが間違いの元。

 レインウエアって全く吸湿性がないんですね。 当たり前だろ、というなかれ。 本当に100%吸湿しません。 よってそれまでかいた腕周りの汗が走行風でどんどん冷えてゆきます。
 これは大失敗。 だから透湿性を売りにする製品があるのだと初めて理解できました。
 
 とりあえず到着したホームセンターでシリコン潤滑剤をゲット、Naviの鍵穴にシュー。 鍵の引っかかりは無事解決。 さらに腕の冷たさにビビりながらプールに移動。
 この頃になるとジーンズの裾とコンバースが結構ぐっしょりしてきます。 ってことは長靴も必要なんだねー。 と以前から狙っていたワークマンのこのフィールドブーツは絶対手に入れたい。
 
 プールから帰り、着替えてイオンで買い物、風呂に入ってやっと体が温まりました。
 幸い風邪をひくこともなかったようで、つまりは備えあれば雨中ライディングもそれほど地獄じゃなさそう。 うん、良い勉強になった。
Rainware

| | コメント (0)

我が町の民度を嘆く

 ペットボトルは野放しでいいのかという批判もありつつ、とりあえずスーパー、コンビニを始め、ホームセンターから百均まで一斉にレジ袋が有料となりました。
 というか、私が利用している近所のイオンはもう半年くらい前からレジ袋は有料となっていたので、逆にコンビニや百均で有料と言われてはっとするという感じです。
 
 で、そのイオンで有償化が始まった時、市や環境庁とタイアップしてシェアバッグという制度が始まりました。
 これはその名の通り、無料で利用できるマイバッグで、次回来店するときに決められた場所に返還する、仕事帰りで普段使っているマイバッグを持参できないときにとても便利で重宝していました。 これならレジ袋が廃止されても困らないね、と。
 
 が、ある日この制度が休止され、以来ずっとそのままです。
 新型コロナ騒ぎの前なので消毒がどうとかではなく、しばらく理由がわからなかったのですが、どうやらモノ不足、つまり借りたまま返却されないケースが多くてバッグの数が不足してきたからだとわかりました。
 
 はぁ? ここは中国か。
 
 確かにかなり前、少し知能に問題がありそうな男が離れた場所で完全にマイバッグ化しているのをみたことがあるものの、たぶん公私の区別をつけるのが難しいのでしょう。
 でもそうそうそんな人ばかりではないと思っていたら...
 
 ついこの間、まともでそこそこ品があり、お金もしっかり持っていてそうな夫婦がプリントされている市のゆるキャラも誇らしげに、そのシェアバッグを提げてなんとそのイオンの前を歩いておられました。
 
 はあああああ?
 
 見る限り、多分住む家もあり、子供を育て、もしかすると孫すらいるかもしれないこんな夫婦が普通に生息している我が町。
 
 廃プラ問題以前の民度。
 

Sharebag2

| | コメント (0)

一応Swift基礎勉強の成果かと

 昨春、まだ新校舎にチャイムがなかったために急ぎ作ったチャイムアプリ。 macOSアプリ初挑戦とはいえド素人らしい永久ループにはまり、終了は強制終了するしかなかありませんでした。
 
 そのうち新校舎でもチャイムが鳴るように施設が改善されて必要性も無くなったのですが、今回のリモート授業ではZOOMの画面と音声共有を使って自宅にいる学生に授業開始を告げる役目が回って来ました。

 ちょうどその直前、自分の基礎勉強も兼ねたSwift Playgroundsを終えたばかりで、本当に永久ループを解決できないのか改めてXcodeでチャイムアプリの中身を久しぶりに開いてみると。
 なんてことはない、毎秒毎秒時刻判定のためにインスタンスを生んでいたTimerクラス自体に指定した時間毎に自動的にコールを繰り返す引数があるではないですか。

 Timer.scheduledTimer(withTimeInterval: 1, repeats: true, ...

 もちろんこれを使って永久ループの問題は解決し、終了時もごく普通にCommand+Qが使えるようになりました。 

Chime

 今になってみたら最初になんでこんな簡単なことに気がつかなかったんだろう、と首をひねるばかりですが、当時はとにかく新学期に間に合わせようと慌てていたのもありつつ、こういうさらりとコードがわかるようになったのは、やはりPlaygrounds(の「コードを学ぼう」)のおかげかと改めて基礎の重要性を痛感するやら感謝するやら。

 あと付け加えると、こいつの鐘を鳴らすと木魚の音が途絶えるのもインスタンスを複数立てることで簡単に解決しております。 こちらはもろSwiftでのクラス利用方法(文法)を理解した結果でした。
 
 う〜ん、なんだかとっても納得できた。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ