« インドホンダNAVIのオプションボックス | トップページ | コードを学ぼう 1 & 2の初心者解説完成 »

iPhone + AppleWatch + イヤホンでバイクのナビゲーション完結

(NAVIとナビがややこしい)

 NAVI用のパーツを引き取りにちょいと片道20kmくらいの未知の場所に行くことになりました。
 世のツアラーたちはハンドルにスマホを固定されているようですが、手持ちのガジェットでなんとかならないかと考えたのが題名のセット。

 使用するアプリはGoogle MapsじゃなくてAppleの「マップ」。 登場時の出来の悪さが災いしたのかあまりメジャーではありませんが、AppleWatchにはGoogle Mapsは非対応。
 
Img_1381 「マップ」で道案内を開始すると、自動的にAppleWatchにも簡単な案内が出ます。
 さらに片耳にイヤホンを差し込んでおくと、1kmとかのポイント毎に「〇〇の交差点を左折です」と、普通のカーナビのように案内してくれます。
 風切り音やエンジン音でよく聞こえなくても大丈夫、AppleWatchをちらりと見ると同じ情報が図で表示されていますから、耳元でなんか喋ったな、と感じたら左腕をあげて確認という仕組みが完成します。
 
 ハンドル周りに固定されたスマホだと空が映り込んだり、情報が多すぎて走行中に見るのはある意味ながらスマホと同等の危険を伴う可能性があります。
 その点AppleWatchなら腕を高い位置にあげられますし、表示がシンプルなのでちらりとスピードメーターを確認するのと同程度の視線移動で済みます。
 
 実際にはナビがメッセージを出す際にAppleWatchが振動しているのですが、さすがにバイクの振動にかき消されて気づきませんからイヤホン併用は必須かもしれません。
 BGMを流さなければ危険ではありませんし(AirPods Proなんかのノイキャンは厳禁)、場合によっては(ヘルメットの形状などにもよるらしい)Siriや電話も可能かもしれません。
 
 ナビが耳元で何か言う→AppleWatchを確認→スピードメーターの距離計と合わせてポイント予測
 
 で、特に地図表示がなくても難なく目的地に到着しました。

 他にAppleで統一するメリットとして、Macのカレンダーに住所を入力しておけば、同期しているiPhoneやAppleWatchのカレンダーをタッチするとすぐに道案内が始まると言うシームレスさも魅力です。
 
 ただ、帰りは途中で「マップ」がどうも位置ロストしたみたいで、メジャーな国道を走っているのにあちこちを曲がれとバグり出しました。 幸いもう知っている道まで戻っていたので、今度は逆にナビゲーションを止めたくなって試しに信号待ち時にAppleWatch画面をプレスしたら中止ボタンが現れるという優れもの。

 あ、これでいいわ、おれ。

Navi10
 取りに行ったパーツはヘッドライトカバー、ミラー。 全部合わせても3千円ちょっと。 インド物価万歳。

|

« インドホンダNAVIのオプションボックス | トップページ | コードを学ぼう 1 & 2の初心者解説完成 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドホンダNAVIのオプションボックス | トップページ | コードを学ぼう 1 & 2の初心者解説完成 »