« Swift Playgroundsの◎ | トップページ | 公益性の高い関西電力? »

関電株をゴロツキファンドに売ってまえ>松井

 新型コロナ禍の陰に隠れてあまり目立ちませんでしたが、関電の筆頭株主である大阪市の松井市長は社外取締役に橋下元大阪府知事を推薦しました。
 これ、なかなか切れ味良いアイデアだと私は支持します。
 
 東芝事件でも明らかなように、日本の監査役はお飾りに近く、不祥事が相次ぐ関電も新体制と言いながら次の人事も結局次期首脳陣たちの都合の良いようにしか組み替えないでしょう。
 
 が、橋下なら違う。
 問題が全くないわけじゃないけど。ああいう人ですし、何よりタレントである以前に弁護士であるわけだから、立派に職責を果たしてくれるに違いありません。
 
 しかし肝心の関電側は非公式ながら登用に否定的なのだとか。
 関電トップは超一流エリート集団。 それが早稲田を出た程度の弁護士芸人ごときに上から目線でやいのやいの言われるのはそりゃ嫌でしょうねぇ。

 でもカットした役員報酬を収益回復後に補填する異常な閉鎖性など、むしろ一般社員は橋下の選任に期待しているのではないかと思います。
 
 公式に否定された場合、松井市長は株主代表訴訟も辞さないと言ってますし、それはぜひやるべきだと思いつつ、「筆頭株主の言うこと聞けんのなら、持ち株全部海外のゴロツキファンドに売ってまうぞ」と恫喝したら良いんじゃないでしょうか。
 いえ、単なる脅しじゃなく、こんな公的な金がいくらあっても足らない社会情勢下、底値で売るのはもったいないけど、手元にキャッシュが握れるのは市としても市民としても救いになることは間違いありません。
 
 一方でゴロツキファンドはキタから中之島、ミナミ、まつさえ全国にあまたある関電関連の資産を売り飛ばし、再開の目処の立たない原発廃炉費用に回し、身軽になって電力事業に専念させれば良い。
 
 いや、そんな良識が奴らにあったらええけど、単に売り逃げされるかも知れんで。 それでもええんか? われぇ。
 と、あの松井の強面で関電にふっかけてみたら面白いと思うんですけどね。
 
 業界序列としてずっと頭が上がらなかった東電が原発崩壊で一気に没落して以降、関電は我こそが日本の電力供給の頂点と勘違いしていた節があります。
 松井、橋下くらいのコンビならそれをぶち壊せるかも、と成り行きを期待しています。
 何より電気代安くなれ。

|

« Swift Playgroundsの◎ | トップページ | 公益性の高い関西電力? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Swift Playgroundsの◎ | トップページ | 公益性の高い関西電力? »