« 公益性の高い関西電力? | トップページ | 緊急宣言の一律延長は、角を矯めて牛を殺す »

連休明けでやめろよ>一斉緊急事態宣言

 最近急速にヤル気を失った安倍首相に、ここぞとばかり多くの都道府県の知事供が偉そうに緊急事態宣言の延長を声高に求めています。
 なんだろうね、小池の活躍で「これからは知事が日本を動かすんだ」とでも勘違いしてるんでしょうか。
 
 緊急事態宣言の延長をしろ、それも全国一斉でないと流入が起きる、当然その補償は国が面倒見ろ、と。
 そうです、補償は国まかせ。 こいつら地方の時代だとか何だとかいかにもまともな主張を繰り返すけど、最終的には金は国頼み。 その補償の金、どっから引っ張ってくるんだよ。
 
 というか期限までにまだ五日ほどあるのに、そうそうに延長決定ってなんなんでしょうか?
 首相やら知事供は事ある毎に「専門家の方々の意見を聞いて」と言ってますが、こないだやっと東京の感染者が百人を切った時にこの専門家の一人が小池の隣で「想定に達していない」と述べていました。
 
 え?何?想定なんてあったの? それって単なる後出しジャンケンじゃないの?
 さらに昨日のNHKでは「一日の新たな感染者が全国で百人を切るまでは」と専門家の意見のひとつを紹介していました。 そんなん聞いてないわ。 最初に言えや。
 
 つまり裏を返せば、ゴールラインって誰も決めないまま全国一斉緊急宣言を出したの?ってことになります。 いや、それ危険でしょ。
 
 完全勝利までやり抜きます! 日本国民の皆様の一層のがんばりをおねがいします!
 
 なんて進軍ラッパを吹き出すやつが出てきても止められない。 これに提灯行列的同調圧力が湧いてしまったらもう日本は終わりです。
 
 この十日ほどずっとYahoo!のトップに出ている厚労省発表の表を見ながら、退院者数を感染者数で割っています。
 始めた頃は10%台だったのか、徐々に改善し、三日ほど前に20%超え、現時点では24%になっています。
 連休中に感染者数の数字が正しく反映されるのかどうか不安は残るとはいえ、あと五日あればおそらく30%は確実に(希望的には40%近くへの)改善が見られるでしょう。
 
 さらに、最近まとまった数で増える新感染者は医療機関や介護施設などのいわゆる閉じられた空間であることが多く、一般生活者間の感染率はもっと低いはずです。
 
 であれば連休明けかに全国一斉の宣言は取り下げ、継続の判断と規制範囲の縮小は地方の判断に任せるべきでしょう。
 冒頭全国の知事の中にも、例えば岡山県は早期の解除意見を明確にしていますし、大阪府も「延長するなら補償がいる。それがないなら経済を止めることになる」と批判的でした。
 
 「死なない程度で乗り切ればいい」という意見を私は支持します。

|

« 公益性の高い関西電力? | トップページ | 緊急宣言の一律延長は、角を矯めて牛を殺す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公益性の高い関西電力? | トップページ | 緊急宣言の一律延長は、角を矯めて牛を殺す »