« これはこれで世帯主は困る | トップページ | iPhone SE第二世代に萌えない »

ラズパイショックセンサー稼働

 安倍ネタが二つ入ってしまいましたが、先日完成してテストも終わったショックセンサー記録ラズパイ、無事稼働しました。
 
 自宅で設定したクローズドなWi-Fiに設置先でも接続できるかが心配で、設定用の小型液晶モニターやマウスを持参。 しかし幸いなことに電源投入後、自宅での確認時と同じIPアドレスでミニルーターに接続されました。

 このミニルーター、現在は廃盤になったプラネックスのもので、アクセスポイント、Wi-Fi接続アダプタ、そして今回のようなルーターの三通りに使える優れものでした。
 しばらくの間、自宅の電波の弱いところでの中継器として使っていたのを今回流用。 生産中止ということですが、まぁ似たようなものは探せば他にあるとは思います。
 
 で、ネット接続さえ確立すれば以後はMacからVNCで作業継続。
 センサーの感度を調整しつつ、ちゃんと記録されているかsamba経由でファイルを開く。
 ところがあれ?記録されていない。 れれ?
 
 としばらくあれこれチェックすると、ラズパイの時計が昨日電源を落とした時点で止まっているのを発見。
 電源抜いたら時計が止まるって当たり前のようですが、最近はパソコンやら家電系って小規模なバックアップ電源を搭載してて、時計やら様々な設定を継続させているのに慣れすぎていました。 
 そしてたまたま電源を落とした時間が似たような時間だったので、昨日のタイムスタンプで記録されているのを記録されていないと誤解したのです。
 
 そりゃそうか、この今叩いている愛機MacBook Proもバッテリーが完全に死んで、移動のためにACアダプタ外したら時計飛んだもんな、と今や一見普通のパソコンライクなraspbianの設定メニューを開く。 が、どこにも時刻を手動で設定する項目がない!
 んなあほな、と調べたらなんとコマンドラインで設定するのだとか。 Oh,この辺りもLinux。
 
 これで無事正しい時間で記録ができるのを確認し、あとは適当に機器類をまとめて設置終了。 データは週一でチェックする予定で、今後何事もなく動き続けてくれることを願うのみです。 夏場の発熱は心配だなぁ…

|

« これはこれで世帯主は困る | トップページ | iPhone SE第二世代に萌えない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これはこれで世帯主は困る | トップページ | iPhone SE第二世代に萌えない »