« 高齢者入り直前の体力消耗量 | トップページ | WordPressの引越しでhtaccessにはまる »

スーパーの年始営業に思う

 昨年のコンビニをきっかけとして24時間営業の見直しや、年末年始の休業を考える動きがでてきました。
 私としても「(休んでも)全く問題ないんじゃない?昔はそうだったんだから。働く人やその家族のこと考えようよ」と何の迷いもなく言い切ることができます。
 
 しかしこの正月、普段滅多に寄り付かない息子がおせち料理に釣られて帰ってきました。
 昨年のように朝やってきて、一通り平らげたら夕方には帰ると思っていたら、「晩御飯なに?」と。
 
 え? 何も考えてへんがな。
 言っちゃ悪いがこのおせち、四人前セットなのでそこそこ高かったのよ。 ゆえにあと三日、餅とか麺とかで節約しようとしてたんだよ。
 が、滅多に帰ってこない息子にそれもなぁ、と考え、元日から最寄りの大手スーパーに。

 正月っぽいのはあえて外したいけど、そうみすぼらしいのも、とそれなりに考えた末にチーズ乗せミネストローネ鍋に決定。
 コンビニでは豚バラやらブロッコリー、チーズなど細かい選択ができないし、なにより高価。 材料を買い揃えつつ、「開いててよかった正月のスーパー」としみじみ。
 (加えてうちの場合、スーパーの方がコンビニより近い)
 結果は息子も含め、全員が満足。 ふっ...どやさ。
 
 しか〜し、さらに翌日もなんと息子は泊まって行くという。 どっしぇ〜っ!
 いや、嬉しいんだよ、父は本当に嬉しいんだよ。

 ということで、もう鍋の手は使えず、不本意ながら寿司四人前という暴挙に手を出さざるを得ませんでした。
 気もそぞろで寿司売り場にゆくと、なんとそこにはたった二枚のパックが残っているだけ。 みんな考えることは一緒かぁ、と価格を見ると2,700円/枚2人前税抜き。 げげげ、四人で税込6千円弱やんかぁ、なんちゅう贅沢なぁ、と一瞬躊躇するも、反対方向からこれを狙って来る別の母娘が視界に入りました。
 もう悩んでいる場合ではありません。 寿司を食えるだけありがたいと思え〜っと自らに言い聞かせ、震える手でたった二枚残ったそのパックをうやうやしくカゴに。 バッティングした母娘、すまん。 ここはうちに譲ってくれ。

 その寿司の味は値段なりの味だったのでよかったとして、やはり改めて考えるのが生鮮食料品店の年末年始営業のこと。   
 うちの近所には他にも特に年寄りと主婦層に大人気の中堅スーパーもあり、ここの年末の大混雑はもはや公害といってもいいくらいなんですが、ここですら元旦と二日は休んでました。
 ほんと助かったんだけど、これでいいのかなぁ。

|

« 高齢者入り直前の体力消耗量 | トップページ | WordPressの引越しでhtaccessにはまる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者入り直前の体力消耗量 | トップページ | WordPressの引越しでhtaccessにはまる »