« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

またまた8時間連続睡眠に挑戦

 ここ数週間、またまた意識して連続8時間睡眠を心がけています。
 てなことは一年ほど前にも書いてたんだけど、この時は結局夕食後の睡魔に抗いきれず元の生活に戻ってしまったのと、今回は肝臓の代謝について少し考えてみたので、改めて報告しておこうかと。
 
 ここ数年、いや十数年かな? 夕食をすませたらまずはコロリと寝て、11時とか1時に目が覚めてそこから酒飲んでまた寝る、という生活を続けていました。 これでもトータルでは6〜8時間寝ているので問題ないだろうと思っていたし、特に困ったことも起きません。
 
 が、時々体験するのが二日酔いとは言わないものの、朝から頭がぼーっとすること。 特に気分が悪いとかフラフラするわけではなく、要するになんとなく冴えない感じです。 まぁ、それも数時間で解決するのであまり気にすることもありませんでした。
 ただ、別の違和感というか、微妙に胃が小さくなったというか、胃が何かに押されている気がするようなしないような。
 
Liver 胃カメラは毎年呑んでいるので大病の懸念はないものの、なんだろうなと思っていたら、たまたま目にしたのが隠れ脂肪肝についての話。 要は肝臓はアルコールの分解を最優先で処理するため、本来なら一時的に保管するだけの脂肪が代謝されずに蓄積してゆく恐れがある、という話。
 ただし、これまた毎年受けている健康診断でのGOT, GPT, Γ-GTPに異常は見られません。 そのうち近所のクリニックで超音波エコーでも受けようかと思うものの、これはこれでなかなか時間がありません。
 
 そんなある日、またまた途中で起きることなく9時間くらい寝てしまった朝がありました。 頭スッキリ、お腹スッキリ、視界まですっきり。 体温も上がって布団の中で汗ばむくらい。 やっぱりこれはええ。
 この時はたまたま前日に年明け初めて行った水泳のおかげだろう、程度に捉えていたものの、試しにそこから三日ほど意識して8時間連続して寝てみたら、水泳なしでも同様に快適な一日を過ごすことができるようになりました。
 もちろん酒は飲んでいるので、連続睡眠のおかげで肝臓はアルコールに次いで本来の代謝を行うことができているようです。
 
 ということで夕食後に寝てしまいそうになるのを我慢しながら、起床予定時間マイナス8時間でバタッと寝ています。
 iPhoneの睡眠分析アプリを見ても布団に入ってから3分ほどで寝入っています。(いや〜これもあって酒がやめられないってのもあります。本来非常に寝つきが悪いタチなので)
 
 もう一つ、私は60を超えてもあまり夜中にトイレに立つことがなく、同年代の友人は絶対に一回、最悪は二回ほどトイレのために目が醒める、と言ってますし、加齢とともに深い睡眠が取れなくなるとも言われているので感謝しなくてはならないのかも。
 
 うん、いい感じだ。

| | コメント (1)

mi正規表現の不思議

Icon

 学生にMacでの正規表現を使った検索方法や、マルチファイル検索/置換を教えようとして少々躓きました。
 
 この授業、これまではJeditXというのを使っていて、これはダウンロードして半月くらいはお試しでフル機能が使えましたし、何より私の愛用エディターであるので慣れているというのもあります。
 
 が、そろそろ学生の中は32bitアプリが動かないCatalinaにしているのもいて、そうなるとJeditも64bit化しているΩが必要となります。 ところがこれが以前のような期間限定フル機能ではなく、永久フリーになったのはいいけど、検索も含めた高度な機能を使うなら有償、とポリシー変更されていました。(私はすぐに購入・登録したから気づかなかった)
 ということで授業ではΩを諦め、もともと学生がwebコーディング用にダウンロードしているmiというエディターに急遽変更。
 
 普段あんまり使い慣れていないので、と前置きしながら授業を進めていると、おかしなことに気がつきました。
 それはバックスラッシュの扱い。
 
 正規表現で()で括った文字列を探し、それを置換時に生かす際には、\数字 を用います。(グループ化)
  ※blog上で問題が出るかもしれない記号は全角化しています。
 ところがmiでは\が単なるエスケープ文字として扱われ、仮に数字を1とすると、ズラーッと1が流し込まれました。
 あれ?自分の勘違いかな?と検索ダイアログボックスにある正規表現のヘルプを見ると、ちゃんと\数字と明記されている。
 確かに環境設定などで¥と\をどう扱うか、という項目もあり、ネット検索でもそれを指示しているのがあるんだけど、どうやってもダメ。
 
 すると生徒の一人が、$でダメなんですか?と提案。
 いや、$は行末というのが割り付けられていて、と言いながらも試してみると、あら$数字で置換できた。
 
 いやいやいや、それおかしいだろう、と思いつつmiに組み込まれているヘルプ見たら、「置換時に、置換文字列内の$0を一致した文字列全体、$1〜を各グループに一致した文字列に置き換えてから、置換処理を行います。」とさりげなく表記してありました。
 ん?なんかおかしくない?
 念の為、Jedit Ωで試すとやはり\で問題ない。
 
 教える立場にするとなんともスッキリしない結果でした。
 
 そもそも\に¥を割り付けたShift JIS関係者、おまえのせいじゃ〜っ!

| | コメント (0)

この煮物に痺れた

 ここ数ヶ月、昔祖母がよく作ってくれた昆布の煮物を作るようになりました。
 昆布巻きの要領で、圧力釜を使います(祖母は普通の鍋でコトコトやってたけど)。 と言っても巻いたりはせず、ハサミで2〜3センチ幅に切って戻したものを煮るだけ。
 ただ、これだと見た目が真っ黒でちょっと彩りに乏しい。
 
 ということで市販の五目豆の水煮パックを購入し、圧力を落した後に加えてさらに煮る。 この時、調味料も少々追加。
 
 ここで思い出したのが「冷まし」。
 こないだサバの味噌煮缶詰と大根を炊いた時、大根に味が染み込まずにがっかり。
 しかし数時間後、冷蔵庫の残りを何気なくつまみ食いしたら、大根がまるで別物のような旨さになってて、冷ます時間を置かなかったのが原因だと痛感しました。
 
 よって今回は圧力釜ごとベランダに。 冬だから15分くらいでもよく冷える。
 
 結果、
 「痺れるほど美味かった」
 
 実は、この時のメインおかずは、永谷園の松茸のお吸い物を使ったブリのソテーと、チート調味料を混ぜた卵焼きで、これも超うま。 なんだけど、写真を撮るのを忘れたのでまたいつかご報告しますです。
P1040015

| | コメント (0)

パイオニアのBDドライブ(BDR-XD07)の残念

Logo  初代は3年半、二代目は2年半(共にロジテック)で壊れたとぼやき、三代目はメーカーを変えてパイオニアのBDR-XD07にしたんだけど、これがたったの4ヶ月で壊れました。 え?

 

 症状はMacからもWindowsからも認識されなくなったことで、念のためiMac、MacBook Pro、Win on Parallels、Win on BOOTCAMPで検証。
 もちろん保証期間中なので、そういえば江坂にパイオニアのサービスセンターがあったな、と余計な電車賃を払って持参。
 すると窓口の女性、ドライブの箱を見るなり「あ、これうちじゃないんですよ、お買いになった販売店でお願いします」と軽くあしらった。
 いや、ネット通販だし、と言ったら、奥から一枚の紙を持って来て、曰くこの製品、ブランドはパイオニアだけど、製造はエスティトレードという会社で、アフターサービスもそこでやってます、とのこと。
 
 はぁ? そんなん知らんがな。 
 確かに帰宅してから確認すると、製品同梱の取説の末尾や製品一覧サイト末尾から飛んだ先にはそう書いてある。 
 ただ、こっちはパイオニアブランドだから選んだわけで、エスティトレードだなんて知ったこっちゃない。 トヨタの商用車プロボックスが壊れて、トヨタのディーラーに行ったら「これはダイハツが作ってますからダイハツのお店に行ってください」って言うかい? 
 ブランドの名前を掲げたサービスセンターなら、製造がどこだとか関係なく、修理を受け付けるってのが私の想像図だったんだけど?

 まぁ、いい。 ジジィはすぐキレるとか言われたくないので上記想像図を窓口の女性に静かに告げてセンターを後に。

 帰宅後、元払いで教えられた住所に送ったら数日で戻って来た。
 すると「症状が確認できませんでしたが、各部点検と読み取り機能の部分を交換しました」とあり、認識は問題なくされるようになりました。
 
 しかしそこから2ヶ月経って、久々にWin + Power DVD環境で市販BDを再生してみると、まるでアナログレコードの針飛びのように再生が途切れ途切れになります。 家庭用レコーダで録画したディスクで試しても同じ。 もちろん以前はまともに再生されていましたから、修理で交換された読み取り部分(多分レンズユニット周り)の調整が不十分だったのかも知れません。
 
 仕方ない、とにかく再修理、年末も押し迫った折にまた元払いで送致。
 あいにく年末年始の休みを挟んでしまったために三週間ほどかかったのは仕方ないとして、戻って来た箱内のメッセージはまたもや「症状は確認できませんでしたが...」で始まり、しかし新品に交換しますと言うことでした。
 肝心の修理は問題なくスムーズに再生されるようになってました。
 
 結果からするとエスティトレードに文句言っちゃいけないんだろうけど、明らか何度も確かめた上で修理依頼しているのに、共に症状を確認できなかった、と枕詞を置かれるのはあまりいい気持ちではありません。 なんかクレーマー呼ばわりされているみたい。
 
 でも一番の問題はパイオニアの態度ですね。
 グループ会社のアフターサービスなんて知ったことか、と言いたげで、そんなんだから上場廃止になって投資ファンドに身売りしたんじゃないの?と言いたくもなります。

| | コメント (0)

困ったもんだのParallels Desktop

 Windows7のサポートがついに終わりましたねぇ。
 特に7のままで困ることはないとはいえ、セキュリティ更新がなくなるってのはWindowsでは怖い。 実際、最近大流行のEmotetメールにバイト先の10マシンがやられたところですし。
 
Parallels ここで問題になるのがParallels Desktop。
 自宅Macのうち、iMacはParallels Desktop必須で、使っているバージョン(多分9だったかと)はWin10非対応。
 試しに先にWin10を入れてみたら見事動かないのを確認。
 仕方ない、Parallelsもアップデートするか、と確認したら、いま発売されているバージョン15はiMacのOSX 10.11(El Capitan)では動かない。 あちらを立てればこちらが立たず。

 えっと、どうすりゃいいんだろう?
 Parallelsのサイトを探すと期間限定お試し版なら古いバージョンがダウンロードできます。 なら、ver.15を買ってそのライセンスを古いバージョンに打ち込めたら良いのかも?
 がParallelsに確認するとそれはできない、つまりEl Capitan以前のOSX上で動くParallels Desktopは今では販売していない、と。

 まぁ、そりゃ仕方ないか。 不親切だとは思うけど、間違っているとは言えない。
 と大して怒る気にもならなかったのは昨今のネットマーケット。
 amazonやらヤフオクを探すと案の定ver.12の新品が見つかりました。 なぜか13,14の流通が無いのですが、問題ありません。
 
 古いバージョンを捨ててこれをインストールすると、これまでと同じく働くのを確認。
 ありがたいね、昨今のネット流通。
 昔だったら意を決して日本橋を端から端まで在庫探ししなくてはなりませんでした。 あ、今では探しまくるほどのMac専門店は生き残ってませんけど。
 諸行無常だわ、ほんと。

| | コメント (0)

WordPressの引越しでhtaccessにはまる

 同じ会社の異なるドメイン間でWordPressを引っ越す作業をしました。
 ありがたいことにプラグインなし処理のかなり詳しい記事もあり、さらにややこしいデータベース内のドメイン書き換えも一発でできるツールの紹介もあって、予想よりサクサクと作業は進みました。
 
 が、新しい方のリンクがおかしい。
 トップページは問題ないのに、その下流に降りようとすると全て404 not found。
 あぁ、そうか、これWordPress独特のパーマリンクだったね、と思い出しながら設定ページで変更する。
 でも変化なし。
 
 WordPressの設置や運営は経験済みながら、引越し作業は初体験。
 う〜ん、コンテンツコピー後にWordPressを再インストールしたとき「古いWordPressを削除してください」と言われたのを無視したのがいけなかったか、と今度は削除して再々インストール。
 すると今度はシンプルなphpエラーが表示されるだけで、トップページすら見えなくなりました。
 
 れれれ?
 ちょうどこのあたりで時間切れ。 仕方ない、帰宅。
 
 翌日、やれやれ厄介な、とブラウザを立ち上げると、あれ?何もしてないのにトップページが表示されている。 さらに下流へのアクセスやらフォームメールも全て機能しているではないですか。
 
 しばらく時間を置いても特に問題はなく、そんなアホな、と考えるにどうやらサーバーの.htaccessファイルの書き換えが一定時間過ぎないと実行されないのではないかと。
 弱小ながら自前サーバーを持っていると.htaccessなんて苦もなく編集できるのに対し、多分一般的なレンタルサーバーではそもそもアクセスはできないんでしょうね。
 さらに正規の手続きによる編集もリアルタイムではなく、例えば一定時間後とか、夜中0時で行われるのだと想像しました。
 この辺りは常識なのかどうか、レンタルサーバー会社の設定ページを探しても特に説明はなく、まぁ、結果オーライなので良しとします。

 

 これでコンテンツが元あった場所を解約すればこの件終了。

| | コメント (1)

スーパーの年始営業に思う

 昨年のコンビニをきっかけとして24時間営業の見直しや、年末年始の休業を考える動きがでてきました。
 私としても「(休んでも)全く問題ないんじゃない?昔はそうだったんだから。働く人やその家族のこと考えようよ」と何の迷いもなく言い切ることができます。
 
 しかしこの正月、普段滅多に寄り付かない息子がおせち料理に釣られて帰ってきました。
 昨年のように朝やってきて、一通り平らげたら夕方には帰ると思っていたら、「晩御飯なに?」と。
 
 え? 何も考えてへんがな。
 言っちゃ悪いがこのおせち、四人前セットなのでそこそこ高かったのよ。 ゆえにあと三日、餅とか麺とかで節約しようとしてたんだよ。
 が、滅多に帰ってこない息子にそれもなぁ、と考え、元日から最寄りの大手スーパーに。

 正月っぽいのはあえて外したいけど、そうみすぼらしいのも、とそれなりに考えた末にチーズ乗せミネストローネ鍋に決定。
 コンビニでは豚バラやらブロッコリー、チーズなど細かい選択ができないし、なにより高価。 材料を買い揃えつつ、「開いててよかった正月のスーパー」としみじみ。
 (加えてうちの場合、スーパーの方がコンビニより近い)
 結果は息子も含め、全員が満足。 ふっ...どやさ。
 
 しか〜し、さらに翌日もなんと息子は泊まって行くという。 どっしぇ〜っ!
 いや、嬉しいんだよ、父は本当に嬉しいんだよ。

 ということで、もう鍋の手は使えず、不本意ながら寿司四人前という暴挙に手を出さざるを得ませんでした。
 気もそぞろで寿司売り場にゆくと、なんとそこにはたった二枚のパックが残っているだけ。 みんな考えることは一緒かぁ、と価格を見ると2,700円/枚2人前税抜き。 げげげ、四人で税込6千円弱やんかぁ、なんちゅう贅沢なぁ、と一瞬躊躇するも、反対方向からこれを狙って来る別の母娘が視界に入りました。
 もう悩んでいる場合ではありません。 寿司を食えるだけありがたいと思え〜っと自らに言い聞かせ、震える手でたった二枚残ったそのパックをうやうやしくカゴに。 バッティングした母娘、すまん。 ここはうちに譲ってくれ。

 その寿司の味は値段なりの味だったのでよかったとして、やはり改めて考えるのが生鮮食料品店の年末年始営業のこと。   
 うちの近所には他にも特に年寄りと主婦層に大人気の中堅スーパーもあり、ここの年末の大混雑はもはや公害といってもいいくらいなんですが、ここですら元旦と二日は休んでました。
 ほんと助かったんだけど、これでいいのかなぁ。

| | コメント (0)

高齢者入り直前の体力消耗量

 んで、今回の風邪で意外だったのが体重について。
 
 先にも書いたように、基本少々の病気では食欲を失わない性質なので、これまでは三日くらいうんうん寝込まないと目立った体重減少はありませんでした。
 
 が今回、熱に備えてたっぷり食べて標準+0.5kgくらいにしていたのに、目が覚めると標準ー0.5kg、つまり1kgも痩せていました。
 いや、2〜3日ならともかく一晩で1kgってのは。

 完治から二日ほど経って、正月ならではの食っちゃ寝生活をしているにもかかわらず基本的には0.5kg少ないままで、どうやら基礎体重ラインが書き換わったようです。 多分内臓脂肪を消費したんでしょうねぇ。 私の場合、敵は皮下よりも内蔵のそれなので。
 
Weight2019 もう少し深く考えてみると、やはり加齢とともに熱量代謝のパターンが違ってきているかのもしれません。
 普段から徒歩か自転車を中心に、プラスアルファで最低週一の水泳を加えても体重は現状維持が精一杯で、減少には向かいません。
 ほぼ毎日、風呂上がりの体重を記録しているiPhoneのデータもそれを示していていて、2018と2019で体重はほぼ横ばい。
 なのにただの風邪(今回残念だったのは耳体温計が途中まで不調で、体温の記録がないこと)で多分37℃(ただし平温35.5℃)程度で一晩1kgというのは、平常時の代謝は落ちているのに、病気だと想像以上に体力を消耗する傾向にあるのかもしれません。

 いいかえると、体脂肪の少ない体作りに拘りすぎると、一旦大病にかかると想像以上早くに体力不足に陥る可能性があるのかも、ということです。
 う〜ん、それはいやだけど、かといってそのために今更ポチャ体型なんて認めたくもないし。 さぁどうしようかな、自分自身の2020。

| | コメント (0)

今回の風邪は少し時間がかかったぜ

 皆さま、あけましておめでとうございます。
 それぞれが健やかな時間を過ごしていらっしゃると願いたいですが、中には一年の疲れがどっと出た、という人もいるかもしれませんね。
 
 かくいう私もその一人で、ああ今日で昼の仕事も終わり、あとはGSの監視だけ、と思った朝からどうも喉が痛くなりました。
 咳は出ていないものの、さて熱はどうだろうか? と心配しながら、とりあえず栄養のあるものを夕食で摂りつつ寝る。 ひたすら寝る。 翌日の仕事は夜間のGSの監視のみだからそれまで(いや実際には夕食の買い出しなどあるのだが)寝る。 
 これで一晩。
 
 するとどうやら熱が出始めています。 ただしその上がり方はゆっくりなので、その他勘案しインフルではなく風邪と判断。 素人医療というなかれ、これがセルフメデュケーション。
 こうなったら仕方がない。 昨年の同時期の風邪と同じく、咳止めと鼻水止め、万が一の解熱剤をリュックにスタンドへ。 熱のせいで少々平衡感覚が緩くなっているので自転車は諦めてバス。

 ガソリンスタンドの監視はありがたいもので、決められた仕事さえしていれば、あとは椅子に座ってだら〜っとしていても誰も咎めません。 ただ、正直頭は熱のせいでぼーっとしてます。
 でも意識が危ないくらいになれば別ですが、基本解熱は行いません。 だって、これが唯一の風邪の治癒力だからです。 正確には体温を上げることで自らの免疫力を強化する仕組みを後押ししたいから。 がんばれ白血球、貪食細胞、マクロファージ。
 咳止め薬も、あまりに咳がひどいと肺炎を起こすのでその対策として所持しているだけです。
 これで二晩。

 明けても快方の様子は見えず、熱はそのまま、むしろ咳が時々出るように。 鼻水の量も少し増えた。 そして普段滅多に出ない痰も出てきた。
 いやいや、悪くないですよ。 これらは肺や気管内部で白血球系が戦った亡骸を排出するものですから、免疫戦線が徐々に盛り返している証拠でもあります。
 
 ここでできる後方支援はひたすら熱を保つためのエネルギー供給と睡眠(安静)のみ。
 朝からコンビニでほうとううどんを買い求め、がっしり食う。 子供の頃から少々の病気でも食欲を失わない体質なのはほんと感謝。
 続いて睡眠の質を確保するために咳止めをあらかじめ飲んでひたすら寝る。 ただし、この薬は副交感神経を阻害するので消化系の動きを鈍らせ便秘を呼びますが、優先度的にはこれは仕方ありません。
 ただし、酒は全然美味しくない。 というか味覚系が狂ってて、甘さに鈍感、苦味が強調される感じです。 タバコ吸ってた時にも感じましたが、酒もタバコも健康だからこそうまいもんだったんだとあらためて認識。

 その夜もDS監視。
 夜食はいつもおにぎり一個なのをカップ麺にしてカロリーアップ。 そしてひたすら朝までダラダラ仕事。
 これで三晩。

 いやさすがにそろそろ治らんとあかんやろ、と思いつつ迎えた朝、はさすがに頭も少々すっきりして物事を考えようという気が出てきました。 ただ味覚はまだ怪しいし、微熱が残っている。 ただ、もう先は見えました。 あとはまた栄養あるもの食ってひたすら寝るだけです。
 この頃になると、熱で頭がぼーっとしているのを利用してひたすら寝続けるという快感を覚え、いや、このままこれが続いたら廃人だなぁ、でも楽しそうだなぁ、という桃源郷の端くれも見えてきます。
 これで四晩。
 
 うん、これで直りました。
 明けた日は以前からの約束があって出かけたりしたので少し微熱がぶり返したのですが、もう大丈夫です。 なにより味覚が戻り、酒の味覚ももう大丈夫です。
 
 まぁ、以前から自分の健康に興味はあったのですが、登録販売者やら放送大学の勉強やらのおかげである意味趣味とも言えるレベルにまでなってきましたマイ疾病。
 
 いい感じだ!

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »