« DJIシミュレータでドローンを飛ばすまでのやっさもっさ | トップページ | Apple USキーボードでprintscreenに頼らない画面キャプチャー »

DJIシミュレータのシステム要件

 サイトのFAQに書いてある通り、DJIは最小でもVRAM 4GB搭載のGTX 1050のグラボを指定しています。

 一方、今回私がシミュレータをインストールしたのはiMac 27inch late 2012、16GM RAM、OSはWindows10 pro. 64bitで、もちろんネイティブ起動。 ちょっと古いけど、BTOでCPUはi7 3.4GHz に、内蔵グラボもGTX 680MX(まだAppleがRadeonオンリーになる前)のVRAM 2GBにしていたので、今でもビデオエンコードで頼りにしています。
 
 が、世の中はGTXの品番は四桁に、求められるVRAMは最小でも4GBですから、シミュレータが動くかどうか。 ありがたいことに結果はインストールはもちろん、とりあえず普通に動きました。
 まぁ、格闘系3Dのように多数の人間がでかい剣振り回して火花や炎を撒き散らすわけじゃないですからね。
 
Ctrl4
 タスクマネージャを開くと、CPUはほとんど働かず、逆にGPUはただデモ映像が流れているだけでも全開になっています。
 レンダリングクオリティは、水面など細かい演出ディテールが省略されている様子で、また高度を上げて遠くの方にカメラを向けると、表現が曖昧になって霞んでいるように見えます。
 初心者向けフリーフライトよりデモ映像の方が負荷が高いようで、全編にわたって動いている部分が時にザラザラっとした、背景は陽炎が立ったかのような表現になるあたりがグラボの性能差を測る簡単なベンチマークかもしれません。
 
 意外なところではRAMの消費量で、16GB中7GBを消費しており、総容量によって自動的に調整されるだろうとはいえ、8GB RAMでは苦しい啓示ともいえます、
 
 その辺りを最上セットアップであるGTX 1080Ti VRAM 11GB(!)だとどんな表現になるのか興味ありありなんですが、この好奇心がゲーミングPC廃人の引き金になるんでしょう。 怖い怖い。
 よって仕事で導入するならRTX 2060 VRAM 6GBあたりでしょうか。 PCカスタムショップで15万くらいです。

|

« DJIシミュレータでドローンを飛ばすまでのやっさもっさ | トップページ | Apple USキーボードでprintscreenに頼らない画面キャプチャー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DJIシミュレータでドローンを飛ばすまでのやっさもっさ | トップページ | Apple USキーボードでprintscreenに頼らない画面キャプチャー »