« 恫喝の失敗 | トップページ | 中国製廉価自転車も一手間かけると »

2019年のiPhoneイベント、全く興奮せず

 現地10日に行われたiPhone発表イベント、SEユーザーのわたしとしては全く興味が湧かず、内容を知ったのは翌日夜。(こうして感想を書いているのも一週間後という気合いのなさ)
 あれほど事前リークが厳しかったAppleのイベントも今は昔。 発表内容は事前におなじみになっていて、あるのは"One more thing"的サプライズだけが楽しみ、という感もあります。

 そんな中、唯一期待していたのは「忘れ物タグ」(正式名称にあらず)。
 あの「友達を探す」的なものかと思ってたら、予想ではさらに進化していて、全く見ず知らずのiOS端末とすれ違うだけでもタグの現在地を更新し続けるという、財布やらキーホルダーなどを落とした時にはすごい頼りになりそうです。
 
 そこまで来るとプライバシー丸見えの懸念もあるけど、その辺りの秘匿を売りにしているAppleですから、そこは問題ないと期待したいところ。 
 そこそこ具体的な予想が進みつつ発表されなかったのは、このプライバシー周りのセキュリティーの確立に時間がかかっているのかも知れません。

 実際に昨年末に財布を落としてしまった身(幸い中身とも完全に戻ってきたけど:拾ってくれた方に感謝)としては、価格にもよるけど、財布、キーホルダー、カバンなどなどにいっぱいつけるかもしれない、最近のApple製品では久々興奮商品です。

(写真はイメージ画像です)
Tag

|

« 恫喝の失敗 | トップページ | 中国製廉価自転車も一手間かけると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恫喝の失敗 | トップページ | 中国製廉価自転車も一手間かけると »