« 約束は守ろうね、嘘はダメだよ、って話しなんだけど | トップページ | 2019年のiPhoneイベント、全く興奮せず »

恫喝の失敗

 物事の交渉で最も原始的なものは威嚇ではないかと確信します。
 とりあえず「ごらぁ、なんじゃわれぇ」とできる限り迫力込めて言った方が勝つ、というか本格的な暴力沙汰にならずに済むことが多い。 これは発情期の猫や地方駅前のヤンキーで証明済み。

 で、文在寅さん、まずは冷静に「素直に韓国の司法に従えよ、この鬼畜イルボン」と上から目線で言ってきた。 ま、日本でも日韓協定はあれども個人の請求権は消滅していない、と言うのもいるから、そうやって言い張ってればそのうち親韓派、賢人、フィクサーなんてのが口を挟んできて賠償金払うだろう、と踏んでたはず。

 ところが「法律家なんでしょ? ルールを守ろうね?」と逆に馬鹿にされた。
 そりゃそうです。 ここで賠償に応じたら、韓国外からも怒涛のような同様の訴訟を起こされ、日本はその賠償で経済破綻してしまいますから、おいそれと妥協できるわけがありません。
 
 次いで日韓企業+αの三位一体案を出してきたが、なにせ慰安婦賠償を勝手にぶっ壊している人のいうことなので、「どうせまた勝手に潰して資金ネコババする気だろ?」とまた無視された。
 ここでブチ切れた文在寅は「人が優しゅうしとったらええ気になりやがってぇ。なめとんのんか!ワレ!」と日本に向けて、しかし視線はアメリカに向けて恫喝した。

 ところが、いつもならしゃしゃり出てくるアメリカは仲裁してくれない。 日本からもお節介野郎とか超党派とかが「まぁまぁ、そう怒らんとムンさん」と揉み手をしながら来る頃なのに。

 なるほど、押してもダメなら引いてみなか、と、栄えの光復節で、おまえらイルボンが心を改めれば我々だって鬼じゃない、いくらでもお話し合いしてあげるよ、と一段降りて歩みよった。 ほらほら、今だよイルボン、ミグクのお節介ども。 この仲裁の好機を逃すんじゃないよ、と。

 が、やっぱり無視された。

 可愛さ余って憎さ百倍、もとい、もとから可愛くも思ってないから憎さ京倍くらいでしょうか。 キレたキレた。
 身内のファンドに絡み、娘をちょこちょこっと努力させただけで韓国学生の憧れのエリート大学に入れちゃった男前のおっさんを先鋒に、反日総攻撃。 弾込めぇっ!撃ぇっ!

 日本製品不買は当たり前として、日本企業を戦犯と呼んでステッカーで見分ける親切さ。
 えっと、そもそも戦犯っていつの話かな? 第二次大戦? 秀吉の出兵? 白村江? いつまで続けるんでしょうね、この負け犬根性。

 あ、違う。
 彼らはもうその負け犬感情を克日として克服し、今では逆に日本を見下しているそうです。
 ゆえにその見下している民族に無視されたり、ルールを守れ、と言われるのは耐え難い屈辱、つまりはどこの会社やら集団でもあるマウンティングのこじれ。

 もちろん日本は日本で1mmたりとも韓国の下だとも思ってないので、そりゃもう円満に解決なんて素人目にも無理だとわかります。 どっちもどっち、さて先に潰れるのはどっちか楽しみ、程度。

 次の鍵は、徴用工裁判で差し押さえられた日本企業の資産が現金化された時だと予想しています。
 輸出許可の厳格化はあくまで予行演習で、この現金化に対して日本は明確に「報復」という言葉を使い、経済制裁を繰り出すべきだと考えます。
 韓国企業の信用ランクを引き下げる、融資の引き上げ、韓国企業の在日資産の凍結などを徐々に、かつ延々と真綿で首を絞めるように繰り出してゆく。 反日感情の盛り上がりを逆に利用して戦犯扱いされている企業を中心に韓国からの撤廃を続けて現地の雇用を減らしてゆく。
 これらの結果として、韓国の雇用・経済的影響がどこまで文在寅の反日政策を支持しえるのか、本気で楽しみにしております。

 念のために付け加えておきますが、この意見イコール自民党及び安倍政権支持を表すものではありません。 ただ、ここのところいい評価を得ていない各官庁の官僚には、この知能戦争にあるべき知恵を絞ってもらいたいとは期待しています。

|

« 約束は守ろうね、嘘はダメだよ、って話しなんだけど | トップページ | 2019年のiPhoneイベント、全く興奮せず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 約束は守ろうね、嘘はダメだよ、って話しなんだけど | トップページ | 2019年のiPhoneイベント、全く興奮せず »