« まさにweb界の巨大恐竜だった | トップページ | 医薬品登録販売者検定にリベンジ(1) »

チャラリ〜、鼻からチューブ〜

 昨年に続き、今年も内視鏡検査を受けました。
 ただし昨年は胃と大腸同時でしたが、今年は胃のみ。
 鼻挿入だったので嘔吐感は全くなかったものの、痛み止めの注射を希望しなかったせいか、体内をうねうね動くチューブがいささか不快でした。 

 検査が終わって10分ほどで医師の説明が始まり、まずは昨年採取した大腸のポリープの説明から。
 あ、忘れてた。 すいません>先生。
 冒頭のリンク先を今改めて読んで、検査したきりだったのを思い出しました。 幸い結果はシロで、もし悪質だったらすぐ連絡してくれてたと思います。

 そしていましたが終わった胃の方も、ポリープその他、気になるものは無かった由。
 とはいえ、胃の状態があまり良くないのは以前世話になった医師からも言われており、まずは食道と胃の接合部分の一部が変質していて、さらに胃の側壁に萎縮性胃炎の跡があると説明されました。

 前者は逆流性食道炎の持病があるとよく起こるもので、そういえば30〜40代の頃、慢性的な胸焼けに苛まれていましたっけ。
 後者は主にピロリ菌によって起こる胃炎で、共に元の状態に戻る事はないそうです。 6年前の除菌まで苛まれ続けてきた結果でしょう。
 素人なりに想像するに、ピロリ菌による萎縮性胃炎→胃酸過多→逆流性食道炎という時期があって、その跡が今になっても残ったまま、というわけです。

 んで、この食道の変質は、食道の粘膜が胃酸に耐えられるように胃の粘膜に似た構造に変化した結果で、萎縮性胃炎跡と共にガンになりやすいのだそうです。 よって毎年経過観察です。 一方で大腸は来年くらいですか、と尋ねると、こちらは3〜4年ごとくらいで良いそうで、あいかわらず荒れた胃、綺麗な腸、という傾向が続いているようです。

 多分酒はやめられないので、それよりもストレスを感じないような人生の歩み方を考えねば。 って、この歳になるまでこれといった病気ひとつしなかったこと自体、ストレスはあんまり感じずに生きてきた証拠なのかも。 あれ?基本的に繊細でぐだぐだと後を引く性格なんだけどなぁ... 解せぬ...
Stomach

|

« まさにweb界の巨大恐竜だった | トップページ | 医薬品登録販売者検定にリベンジ(1) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさにweb界の巨大恐竜だった | トップページ | 医薬品登録販売者検定にリベンジ(1) »