« VIERAの電源ランプ11回点滅 | トップページ | 第二種電気工事士検定、技能もパス »

macOSの堕落

 ここのところ、手伝いに行ってる印刷屋の最新iMacに困っています。
 これ、最新ゆえにMojaveが最初からインストールされています。 仕事で動かすのはAdobe Illustrator CCとMicrosoft Officeがメイン。
 そしてIllustrator CCは落ちまくり、OfficeもファイルI/O系がおかしくて困りまくってます。
 
 このマシン、他人様のマシンゆえに凝ったもの入れておらず、殆ど素。 だからかなり普遍性のある話だと思ってもらっていいでしょう、
 
 Illustratorは、特に保存時にレインボーカーソル周りまくりで落ちます(いわゆる「反応なし」)。
 この場合、ファイルの保存自体はできているので、データが全てパーというわけではないものの、Illustrator自体は強制終了後に再起動する必要があります。
 次のケースは、ファイルを開くことができずにレインボーカーソル周りまくり。 これには何もすることができずに強制終了後に再起動。
 
 さらにたちが悪いのは、これはAdobeのせいかもしれないけど、ソフトウエア的にIllustratorの強制終了をしても実際には様々なdaemonが生き残っているようで、iMacのソフトウエア的再起動ができないこと。 仕方ないので、電源ボタン長押しによるハードウエア的再起動をする羽目になるのですが、もちろんこれは賢明な方法ではなく、これがさらにOSの不安定化を招くことにもなりかねません。
 
 こういうバカバカしくて原始的な儀式の結果、隣の5世代くらい古いmacOSで、i5 2.3GHz辺りのiMacと仕事効率同程度に陥る最新27inch iMac。

 さて、Microsoft OfficeはExcelの話。
 なんと恐ろしいことに、保存したはずのファイルが更新されていないという悪夢。
 Finder上でリネームして、古い名前で新たなファイルを同じディレクトリに保存すると、なんとリネームする前の古いファイル内容しか出てこないというナイトメア。
 
 さらにはいくら待ってもプリントが出てこないので、プリンタキューを見るとそれまでのファイルがずっと溜まったまま。 こうなるとMac本体を再起動しないと再処理が始まりません。
 
 HighSierraでは純正の復元もクソだし、MojaveでもダメなTimeMachineもそのまま。
 
 ダークモードやらなんやら、いつも華々しい話題しか伝えられない新しいmacOS、そんなことよりも、OSとしての基本的な信頼性を何とかしてください。
 
 ここしばらく毎年新しくなるmacOSの更新サイクルのおかげで、こういう地味な部分のバグフィックスが疎かにならざるをえないようになっています。
 つまり、新バージョンのmacOSが出る→β時代に出なかった新たなバグ発見→それが集まってくるのが半年後くらい→バグフィックスに手をつけるも、その時点ではmacOS開発チームは次バージョンOSに手を取られる→次バージョンリリース→現バージョンのバグフィックス放置→以下無限ループ
 
 なんだと思います。
 今や昔、MacのOSがUNIXベースのOSXになったとき、その盤石な安定性を大いに誇りに感じたのを思い出します。 当時、Windowsユーザーが週一回くらい再起動しないと調子悪くなる、というのをぼやくのを聞くとなおさらマックを選んで良かったと思ったものですが、週一回どころか、毎日数回再起動しないと仕事が進まない現状はもう闇としか呼べません。

 一方でマックを取り巻くメディアは、印刷媒体は一冊のみ。 その他ネット上の媒体も、年数回のアップルのイベントに招待してもらいたいがゆえに、こういう地道なエラーを追求する様子は微塵もなく、むしろAppleの考える未来に一生ついてゆきますっ!素晴らしいっすっAppleさん!みたいなのばかり。
 DTPのみならず、映像や音楽などの業務分野に影響する深刻なバグについて、おそらくネットの隅っこで叫んでいる人はいるんだろうけど、意図的なものがあるのかどうかGoogleではそういう貴重な声を見つけるのに苦労します。
 
 てなわけでこの印刷会社、決算を前に二台のiMacを買い換える計画が持ち上がったのですが、このMojaveとIllustrator、Officeの相性の悪さを嫌って見送りになりました。 社員の一人は時期バージョンのmacOSで改善されるかもしれないと言ってましたが、私はそんなものに期待しておりません。 というわけで、こうしてAppleは少なくとも二台のiMacの販売機会を失ったという残念なお話です。

|

« VIERAの電源ランプ11回点滅 | トップページ | 第二種電気工事士検定、技能もパス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VIERAの電源ランプ11回点滅 | トップページ | 第二種電気工事士検定、技能もパス »