« 調子に乗りすぎるなよ、香港民衆 | トップページ | macOSの堕落 »

VIERAの電源ランプ11回点滅

 先日、同居人が突然「テレビが映らへん!」と雄叫び。 見ると、数秒画像が映った後に電源が落ちてしまい、何度やっても同じ現象。
 
 このテレビ、いつか買うならプラズマを、と無理して買いました。
 購入直後、いそいそとヘッドホンを用意してBDやらHD録画見てたら、隣で寝ているこの住民が「気になって寝られへん」とブー垂れて以来、思うように観れなくなった哀れ憧れのプラズマテレビです。 ルンルンで増備したサラウンドオーディオも全て無。
 この住民、娘がヘッドホンも無しでアサシンとかゲームやってても文句言わんのに?
 
 あ、いやいや、今はそういう怨念の場ではない。 テクニカルな話だ。
 
 2008年製で、さすがに画面に残像的なものが残るようになり、そろそろかなぁ、最近の液晶はこれより綺麗かったりするんだよなぁ、と思いつつ、そんな事情で買い換えるのも馬鹿馬鹿しい。 だっておれ、観れないんだも〜ん。
 ということで、母の遺品の中から液晶18インチのVIERAをあてがうことに。 感謝せえよ。
 
 が、それはそれ。 一体どうして映らなくなった? とよく見ると、電源ランプ(LED)が規則的に点滅している。 数えると11回。 検索すると、筐体に埃が溜まっているという情報。
 はぁ、かまってほしかったのね。 今や敵の将兵の慰み者になったとは言え、ずっと私の愛が欲しかった、と。 うっ、泣ける。
 
 と、数日後、裏面カバーを外して埃掃除をすることに。 いやぁ、サービスマン以外開けないでくださいと書いてあるけど、何よりビスの数が多い。 ここで役に立ったのが、第二種電気工事士の試験対策で買ったHOZANのスクリュードライバー。 おかげで快適に開腹。

Tv_back 

 さぞかし埃びっしりだろうと大きなアルミの板を外すと、あれ?それほどでもない。
 ただし、空気穴相当部分はそれなりに埃が密集しているので、可能な限り掃除機で吸ったり、エアダスターで吹き飛ばしたり。

 組み立て終わったら手元にネジが数本余ってました、ということもなく、無事電源オン。
 良かった、治りました。
 う〜ん、どこの埃が致命傷だったんだろう、と思いつつ、今しがたこの記事を書くのに改めて検索して見たら、点滅11回はファントラブルだったということを知りました。
 
 あれ?でもファンは交換しなかったよ?
 ということは、ファンのどれかが埃のせいで動かなくなり、掃除の結果回復した? あるいは、実際にはファンは壊れたままなんだけど、とりあえず温度センサー周りの温度が下がってエラーが消えた?
 よくわかりませんが、今度気温の高い日に4個(!)のファンがちゃんと動いているかあらためてチェックしてみます。
 
 って、どうでもいいのだ。 もはやこのテレビは敵国のものなのだ。

|

« 調子に乗りすぎるなよ、香港民衆 | トップページ | macOSの堕落 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

四個のファンは全て回っていました。
埃で動かなくなっていたんでしょう、

投稿: あやおば | 2019年8月18日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調子に乗りすぎるなよ、香港民衆 | トップページ | macOSの堕落 »