« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

第二種電気工事士検定、一発合格体験談(2)

 技能検定準備には、工具を手にして配線の練習、の前に複線図という関門があります。

■まずは複線配線図から

 実際の配線は単相交流なら二本、三相なら三本が基本セットになるのに、検定のみならず現場の配線図も一本の線で表されます。 慣れた人であればそれを見て複数線の配線が頭に浮かぶそうですが、ど素人には絶対に無理。
 そこで複線図という、リアル配線そのものの配線図を書き起こす練習をしなくてはなりません。 当初はこれに戸惑ったというか、筆記試験勉強の時点では全く作成不可能でした。
 
 これに対し先に挙げた技能テキストでは、解決策として接地側から線を引いてゆく方法を推奨しており、これが非常にわかりやすく、以後スピーディーで確実な作成方法を会得できるようになりました。 この方法を筆記受験前に知っておけばあと何点か加点できたのに。
 
 慣れは重要ですから、このテキスト掲載の想定課題単線図を縮小コピー、これもヌルい仕事場で暇を見つけてはHBの鉛筆で複線図に書き起こすという練習を何度もしました。 このとき、スリーブ圧着のマーキングもしっかり身につけておきます。
 それが一段落してやっと配線作業練習に移れます。

■そして工具
Denko2

 最初は手持ちの工具をかき集めて、と考えもしましたが、ワイヤーストリッパーとスリーブ圧着工具は新規購入しなくちゃならないし、結局、技能検定に最適化した新品セットを購入しました。
 クルマ関連でKTCやらSnap-Onとかに馴染んだ身にはホーザンって手慣れないんだけど、特にドライバーが使いやすいと、技能のほぼ毎課題に出てくるランプローゼットのネジをひたすら回しながら感じました。 スリーブ圧着工具は検定ルール上必須ながら、合格目指すならストリッパーも同様に必須です。 仮に電工ナイフでやったら、まず制限時間に間に合わないでしょう。

 加えて同じくホーザンから出ている合格ゲージという小さい工具が便利。
 これはストリッパーに装着するもので、写真では一見わかりにくいものの、実際に使ってみるとむしろこれが無いとどうやって切断長を測ればよかったっけ?と忘れるくらいありがたい部品です。 値段も安いし、是非の併せ買いをお勧めします。

■さて練習

 次に練習用ケーブル・器具セットの箱を開きます。
 もしすでに電気工事の仕事をしていて、技能検定で使用するケーブルや器具類を簡単に手に入れることができる人はともかく、全てをホームセンターで確保するのは難しいと思い、価格には目をつぶってこのセットを購入しました。
 このセットも多数の種類が販売されており、予想練習数が多いものや、普通のホームセンターでは入手しにくいものが入ったものなどいろいろあります。
 私としてはせこくケーブルを使い回し、合格したら残ったものを整理してオークションに流す予定です。

 さて複線図がなんとか書けるようになったら、いよいよ実際にケーブルを剥いて配線を始めます。
 これも、器具によってどれくらいの余裕が必要だとか、外部の被覆が短すぎて内部が余って見えるとダメだとか、スリーブ圧着マークとか、実技とはいえテキストを見ないとまず通らないと感じました。
 配線色、渡り線の作り方など、結構細かいところまで気を使いつつ結局二周こなしたところで技能検定を迎えることに。

■当日

 さて、いよいよ当日。 短時間とはいえ手に馴染んできた工具をカバンに入れて会場に。 まぁその受験生の数が多いこと。 これだけの受験生に配布する受験者用機材も相当な金額でしょう。
 机は工作に適したものが用意されていると思ったら、普通のパイプ机に傷防止の厚紙下敷きが用意されているだけでした。

 面白かったのは、試験開始前の器材配布で、エコケーブルを発見したこと。
 今年の発表課題でエコケーブルが使用されているのはNo.1のみでしたから、問題配布を待つまでもなく課題がわかったのは少しラッキーでした。

 家では床の上に小さい箱を置き、その中に剥いたり断ち落としたケーブルを捨てていました。 が、本番では透明のビニール袋が用意されているだけで、う〜ん、後で床を這い回ってゴミを集めるくらいなら、と急遽袋の中でケーブルストリップを行うことに。 これでいつもより少し時間が長めにかかることに。
 加えて一箇所配線ミスをしてしまい、スリーブ指定だったので根元で切り落として再圧着。 スリーブといえば、一回だけ工具の溝がずれて「小」のところを「中」で圧着してしまいましたが、手応えが軽いことですぐ気づき、これも修正。
 終わってみればあと7分くらい余っていたので、自宅で練習していたより5分くらい長くかかったことになります。

 この時点で周りもほとんど作業終了となっている中、大きな間違いに気づいたのか、必死の形相でプラグを抜いている人も数名見かけました。
 私はといえばスリーブの圧着場所が少し根元すぎたのが気になって、やり直すがどうか悩みつつ、残り5分を切ったのでそのままにすることに。

■で、合格

 筆記と違って自己採点ができるわけもなく、あとは淡々と合否通知を待つだけです。
 欠陥(一発不合格)を取られるようなミスはないと思うものの、待つことほぼ一ヶ月。
 の結果、届いた圧着はがきを開いたら合格でした。

 いや、ありがたやありがたや。
 お金はかかったものの、一発合格の目論見、見事成功です。
Denko3

| | コメント (0)

第二種電気工事士検定、一発合格体験談(1)

 勝てば官軍、合格すればこういう文章を書くことができるのです、はい。

 改めて前置きとして、私は文系で、かつ電気工事の経験は一切ありません。 あるのは自宅のスイッチや照明器具を交換した経験くらいです。 プラモデルから始まって、自動車用12Vやラズパイでそこそこ経験を積んだ直流と電工の交流の世界では少し様子が違い、特に配線色は混乱しました。

■工事未経験者が一発合格を目指すと高くつく
 
 この検定、受験料は1万円を割っていて、技能試験で実物の電材が供給されることを考えると安いと感じます。
 が、一発合格を目指すとなると、これに教科書(いわゆるテキスト)と過去問が必要となり、さらに標準的な工具一式、練習用の材料が必要となります。
 
 仮に技能試験に不合格でも、あと一回は筆記免除で受験できますが、ちょっと気になって調べてみたけど、この「技能だけ」という受験料を探し出すことができませんでした。 もし技能だけでも割引なしの受験料徴収なら、これにまた一万円弱が加わることになるので、やっぱり一発合格に越したことはない、ということになります。

 ちなみにかかった費用は下記の通り。
 
・受験料     9,300

・筆記テキスト 2,052
 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格(2019年版)

・筆記過去問    980
 すい〜っと合格赤のハンディ ぜんぶ解くべし!第2種電気工事士 筆記過去問2019
 
・技能テキスト  1,900
 2019年版 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士技能試験すい〜っと合格
 
・工具     10,180
 ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験 工具セット(ハンドブック付) DK-28
 
・工具       680
 ホーザン(HOZAN) 合格ゲージ
 
・練習用ケーブル・器具セット 12,960
 TNJ 2019年度版 第二種電気工事士技能試験練習用 ケーブル・器具セット

 ここまでで3.8万円、これに免状申請代5,200円が加わると、締めて4.3万円となります。 いや、うっすら手のひらに汗が。

Denko1

■まずはテキストで基礎学習
 
 まずは基本を知らないと、ということで筆記のテキストを購入し、約二ヶ月かけて読破。
 あ、申し遅れました。 私は普段はほぼ毎日仕事をしております。(ただしそのうち週五日は仕事中に勉強時間が取れるヌルい環境)
 テキスト類は、店頭でいくつかめくってみて選んだもので、何の損得関係もありません。

 ありがたかったのは、この筆記テキストを購入すると、期間限定で練習問題を除くほぼ全ての誌面がネットで読めるサービスが受けられること、そして過去問には電材部品の名前を覚えるための単語帳的なスマホ用pdfファイルをダウンロードできることでした。
 おかげで、仕事先に大きくて重い本誌を持って行かなくてもよかったし、さらに往復の電車の中で電材部品名を覚えるのを助けてくれました。

■過去問で仕上げ

 昨年(2018年)に不合格となった別の検定では、テキスト読みだけで受験会場に。 すると実際の問題は予想よりずっと簡単で、過去問に時間を割かなかったことを後悔。
 よって今回は、テキスト読破後から一ヶ月かけて過去問に挑戦。 本番ではこの過去問そのままだった問題も少なくありませんでした。

 大昔、無線免許を取った時にオームの法則など一通りやったとはいえ、計算問題はそれでは力不足。 配線途中の各部品間の電流や、特に三相交流のインピーダンス計算は、過去問でほぼ同じものを体験していたはずなのに、会場では頭が真っ白になって焦りました。
 「計算問題は全部捨てて他の分野の丸暗記で通りました」という体験談を目にした時は、正直バカにしていたのに、自分も器具や材料の名前を答える問題群にかなり救われた気がします。
 
 また、筆記の配線図問題をより確実にモノにするには、併せて技能試験の勉強もした方が良い、とのアドバイスも、あとで技能試験準備で複線図を描くようになってその意味がわかりました。 私はそれをしなかったため、「この部分の配線は何本か」という問題は正解できませんでした。
 
 結局私は過去問を一回しか通しでできませんでしたが、もし二回やることができれば間違いなく筆記はパスできると断言しても良いと思います。

 試験問題は計算問題が先に出ますから、ここで答えられずに無駄に時間を食ったり、焦ってしまうのに気をつけましょう。 前述のように、中盤から後半をしっかり答えられれば大丈夫です。
 
■個人的難易度感想

 個人的に感じた難易度は、二年前に合格した危険物乙四に比べると若干簡単だったかな、という気がします。 これはもともと私が化学よりも物理の方が好きだったというのも関係しているかもしれません。
 
 筆記試験日翌日には主催側が正解をネットで公開されるので、ドキドキする気持ちを抑えつつ、自己採点を行います。 これなしでただ公式な合格発表を待っていると、発表直後に工具や練習用の材料セットが品薄になる可能性があるからです。
 結果、70点台を取ったことがわかって、まずは筆記合格をほぼ確信し、技能試験準備に移りました。

| | コメント (0)

第二種電気工事士検定、技能もパス

Passed2
 本日は朝から友人夫婦と車で移動。
 ふと時計を見ると10時を回っていたので、恐る恐る第二種電気工事士検定の技能試験の合格者検索リストにアクセス。 ドキドキ。
 
 「入力した受験番号は合格者一覧にあります。」
 
 ん? 一瞬理解に苦しむも要するに合格ということ。(単純に「合格!」とかにしとけば良いのに)
 やった。 昨年別のとある検定に落ちているだけに久々の快挙かな、と。
 長かったなぁ... 最初に学科用テキストを買ったのは3月だもん、5ヶ月ごしの合格通知です。

 詳しくはまた改めて整理するとして、この検定、学科は熟考するだけの時間がたっぷり与えられているのに、実技はたったの40分という短さ。
 工具と実習キットを別途購入し、実技の参考書を見ながらの練習は二周行いましたが、慣れても簡単なもので25分、苦手なものだと30分を少し上回るくらいのシビアさ。
 もし緊張したり勘違いして大きなミスをしたら、やり直しが間に合うかどうか微妙な時間でした。 実際、時間切れ直前なのに、配線ミスを見つけたのか、慌てて差し込みコネクタを引き抜いたりしてる人を見かけましたし、試験開始前に周囲を見渡したら再受験の人がそこそこいたのにも納得です。(受験票でわかる)
 
 大きなミスをした覚えはないものの、学科のような自己採点ができませんから、試験終了後じっと今日の発表を待っていた、というわけです。

Passed3
 で、どれくらい事前に練習したかというというのが上の写真。
 実習キットから作った配線が左の箱。 いえ、これほんとは再使用せずに常に新品を使って練習するように、とあったのを、せこく再使用を繰り返して、それでもこれくらいの廃材が出たという例。
 そして右の箱は被覆やら使用後解体したスリーブごと切り落とした芯線などなど。 いや、作業自体は楽しかったので今となっては良い思い出です。
 かくして余った実習キットは内容を整理してオークションに出すのだ。

 この検定、一回でパスするには受験料以外の本やら資材やら、結構金がかかります。 いや、免状の交付にまだ5,000円ほどかかるし。
 てな一発合格までのコツと費用はまだ日を改めて。

| | コメント (0)

macOSの堕落

 ここのところ、手伝いに行ってる印刷屋の最新iMacに困っています。
 これ、最新ゆえにMojaveが最初からインストールされています。 仕事で動かすのはAdobe Illustrator CCとMicrosoft Officeがメイン。
 そしてIllustrator CCは落ちまくり、OfficeもファイルI/O系がおかしくて困りまくってます。
 
 このマシン、他人様のマシンゆえに凝ったもの入れておらず、殆ど素。 だからかなり普遍性のある話だと思ってもらっていいでしょう、
 
 Illustratorは、特に保存時にレインボーカーソル周りまくりで落ちます(いわゆる「反応なし」)。
 この場合、ファイルの保存自体はできているので、データが全てパーというわけではないものの、Illustrator自体は強制終了後に再起動する必要があります。
 次のケースは、ファイルを開くことができずにレインボーカーソル周りまくり。 これには何もすることができずに強制終了後に再起動。
 
 さらにたちが悪いのは、これはAdobeのせいかもしれないけど、ソフトウエア的にIllustratorの強制終了をしても実際には様々なdaemonが生き残っているようで、iMacのソフトウエア的再起動ができないこと。 仕方ないので、電源ボタン長押しによるハードウエア的再起動をする羽目になるのですが、もちろんこれは賢明な方法ではなく、これがさらにOSの不安定化を招くことにもなりかねません。
 
 こういうバカバカしくて原始的な儀式の結果、隣の5世代くらい古いmacOSで、i5 2.3GHz辺りのiMacと仕事効率同程度に陥る最新27inch iMac。

 さて、Microsoft OfficeはExcelの話。
 なんと恐ろしいことに、保存したはずのファイルが更新されていないという悪夢。
 Finder上でリネームして、古い名前で新たなファイルを同じディレクトリに保存すると、なんとリネームする前の古いファイル内容しか出てこないというナイトメア。
 
 さらにはいくら待ってもプリントが出てこないので、プリンタキューを見るとそれまでのファイルがずっと溜まったまま。 こうなるとMac本体を再起動しないと再処理が始まりません。
 
 HighSierraでは純正の復元もクソだし、MojaveでもダメなTimeMachineもそのまま。
 
 ダークモードやらなんやら、いつも華々しい話題しか伝えられない新しいmacOS、そんなことよりも、OSとしての基本的な信頼性を何とかしてください。
 
 ここしばらく毎年新しくなるmacOSの更新サイクルのおかげで、こういう地味な部分のバグフィックスが疎かにならざるをえないようになっています。
 つまり、新バージョンのmacOSが出る→β時代に出なかった新たなバグ発見→それが集まってくるのが半年後くらい→バグフィックスに手をつけるも、その時点ではmacOS開発チームは次バージョンOSに手を取られる→次バージョンリリース→現バージョンのバグフィックス放置→以下無限ループ
 
 なんだと思います。
 今や昔、MacのOSがUNIXベースのOSXになったとき、その盤石な安定性を大いに誇りに感じたのを思い出します。 当時、Windowsユーザーが週一回くらい再起動しないと調子悪くなる、というのをぼやくのを聞くとなおさらマックを選んで良かったと思ったものですが、週一回どころか、毎日数回再起動しないと仕事が進まない現状はもう闇としか呼べません。

 一方でマックを取り巻くメディアは、印刷媒体は一冊のみ。 その他ネット上の媒体も、年数回のアップルのイベントに招待してもらいたいがゆえに、こういう地道なエラーを追求する様子は微塵もなく、むしろAppleの考える未来に一生ついてゆきますっ!素晴らしいっすっAppleさん!みたいなのばかり。
 DTPのみならず、映像や音楽などの業務分野に影響する深刻なバグについて、おそらくネットの隅っこで叫んでいる人はいるんだろうけど、意図的なものがあるのかどうかGoogleではそういう貴重な声を見つけるのに苦労します。
 
 てなわけでこの印刷会社、決算を前に二台のiMacを買い換える計画が持ち上がったのですが、このMojaveとIllustrator、Officeの相性の悪さを嫌って見送りになりました。 社員の一人は時期バージョンのmacOSで改善されるかもしれないと言ってましたが、私はそんなものに期待しておりません。 というわけで、こうしてAppleは少なくとも二台のiMacの販売機会を失ったという残念なお話です。

| | コメント (0)

VIERAの電源ランプ11回点滅

 先日、同居人が突然「テレビが映らへん!」と雄叫び。 見ると、数秒画像が映った後に電源が落ちてしまい、何度やっても同じ現象。
 
 このテレビ、いつか買うならプラズマを、と無理して買いました。
 購入直後、いそいそとヘッドホンを用意してBDやらHD録画見てたら、隣で寝ているこの住民が「気になって寝られへん」とブー垂れて以来、思うように観れなくなった哀れ憧れのプラズマテレビです。 ルンルンで増備したサラウンドオーディオも全て無。
 この住民、娘がヘッドホンも無しでアサシンとかゲームやってても文句言わんのに?
 
 あ、いやいや、今はそういう怨念の場ではない。 テクニカルな話だ。
 
 2008年製で、さすがに画面に残像的なものが残るようになり、そろそろかなぁ、最近の液晶はこれより綺麗かったりするんだよなぁ、と思いつつ、そんな事情で買い換えるのも馬鹿馬鹿しい。 だっておれ、観れないんだも〜ん。
 ということで、母の遺品の中から液晶18インチのVIERAをあてがうことに。 感謝せえよ。
 
 が、それはそれ。 一体どうして映らなくなった? とよく見ると、電源ランプ(LED)が規則的に点滅している。 数えると11回。 検索すると、筐体に埃が溜まっているという情報。
 はぁ、かまってほしかったのね。 今や敵の将兵の慰み者になったとは言え、ずっと私の愛が欲しかった、と。 うっ、泣ける。
 
 と、数日後、裏面カバーを外して埃掃除をすることに。 いやぁ、サービスマン以外開けないでくださいと書いてあるけど、何よりビスの数が多い。 ここで役に立ったのが、第二種電気工事士の試験対策で買ったHOZANのスクリュードライバー。 おかげで快適に開腹。

Tv_back 

 さぞかし埃びっしりだろうと大きなアルミの板を外すと、あれ?それほどでもない。
 ただし、空気穴相当部分はそれなりに埃が密集しているので、可能な限り掃除機で吸ったり、エアダスターで吹き飛ばしたり。

 組み立て終わったら手元にネジが数本余ってました、ということもなく、無事電源オン。
 良かった、治りました。
 う〜ん、どこの埃が致命傷だったんだろう、と思いつつ、今しがたこの記事を書くのに改めて検索して見たら、点滅11回はファントラブルだったということを知りました。
 
 あれ?でもファンは交換しなかったよ?
 ということは、ファンのどれかが埃のせいで動かなくなり、掃除の結果回復した? あるいは、実際にはファンは壊れたままなんだけど、とりあえず温度センサー周りの温度が下がってエラーが消えた?
 よくわかりませんが、今度気温の高い日に4個(!)のファンがちゃんと動いているかあらためてチェックしてみます。
 
 って、どうでもいいのだ。 もはやこのテレビは敵国のものなのだ。

| | コメント (1)

調子に乗りすぎるなよ、香港民衆

 今時、日韓のことを書いておくべきなのでしょうが、あまりに呆れて何を書いてもディスりにしかならないゆえ、少し視点を南西にずらして香港のデモの件。
 
 言いたいことは理解しつつ、そろそろいい加減にしないと第二の天安門事件になりかねません。 すでに中国共産党はデモではなく暴徒として制圧するべく、その訓練ビデオを流し出しました。

 ある意味、今回、中国共産党はよく我慢しているというか、もっと早い時点で軍事介入、つまり第二の天安門よろしく装甲車で香港民を轢き潰すと予想していました。 が、考えて見ればあれから民衆による情報発信方法は多様化し、あの時のような粛清が終わった後に「なかったこと」にはできないとわかってるんでしょう。

 だから香港の民衆が調子に乗って暴徒化してくれればくれるほど、外向けの説明がつきやすくなるというわけです。
 デモはすでに訳ありの吉野家に集団で押しかけ、営業妨害に至る行為にエスカレートしており、たぶん共産党は、こういう具体的な市民生活の破壊、恐らくは無関係の一般市民の死亡や重症という事例をトリガーにして一気に軍の介入を進めるプランを立てているはず。

 それで騒ぎが収まっても軍が引くわけがなく、これ幸いと「今後も香港民の生活が平和に保たれるように注視を続ける」とかなんとかの名目で、香港警察を押しのけて人民解放軍の兵士と車両が街のあちこちに常駐するという将来も見えてきます。
 むしろこれのほうが世界の目を気にしながらジワジワと一国二制度を崩してゆくよりは手っ取り早く、大陸側は大喜びのシナリオとも言えます。

 仮に「民主主義=善、共産主義=悪」であったとしても、他国の領土にまで踏み込んで民主主義の後押しをするということは不可能であって、そうなると香港の民衆はこれを最後に完全本土化の波に飲み込まれることになります。
 あのデモに、かつての雨傘運動の学生リーダーのような存在があるのかどうか、そろそろ潮時にしないとエライ目にあいまっせ、という懸念でした。
 
 あ、いや、むしろ先鋭化したリーダーは共産党のスパイで、扇動陰謀かもしれません。 だったらまさしく思う壺。 これで長きに渡って資本主義に汚されきった太った豚どもを粛清できます。 かつて大きな理想を掲げながら失敗に終わった文化大革命も、この小さな島でなら成功できるかもしれません。
 「今、続々と天安門広場の周辺に軍の車両が集結しています」という報道を覚えている身としては、本当にいい加減にしないとね。 今や橋一本で繋がってるのよ>香港
 
 しかし、あのデモ、日本の若者もあれくらい政治に熱くなれ、的なコメントをテレビで聞きました。 いや、そうかな? 韓国のあのえじゃないか踊り的アイゴー狂乱も併せて考えて見るに、日本の若者のある意味冷めた民族性は、過大なポピュリズムを思いとどまらせる点ではむしろ賞賛するべきではないのかと。
 
 今の中韓が反日思想の上に成り立っているように、日本のそれは左派教員による「政治、権力、マスコミ、大衆を信じるな」教育のおかげだったりして。 あ、それ、おれのことか。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »