« 2019春アニメが超不作で助かった | トップページ | 第二種電気工事士検定、学科にパス »

ご飯にゼラチン

Rice2

 なぜか書く機会を失ったまま数年経っているのが、白米を炊くときに混ぜるゼラチン。
 元はと言えば二年以上前にNHKのガッテン!でやってたネタです。
 ガッテン!のネタには時々「?」ってのもありつつ、これはとても素晴らしくて以来ずっと継続中。
 
 うまいご飯を炊くコツの一つに大量炊きがあり、確かにこれまで一番美味しいご飯だと思ったのが、知り合いが経営している焼肉屋のそれ。 訊くと二升とか三升を一気に炊いているのだとか。
 一方で我が家はと言うと、もともと同居人は白米を取らないようになり(にもかかわらずデブ)、さらに今は娘が不在なので、米を食うのは私のみ。 いえ、体重には気を使ってはいるものの、糖分は五大栄養素の一つ。 お菓子で取らずにご飯で摂れば良い。
 だから量はというと、一度に二合ってところですから、美味い大量炊きには程遠い条件です。

 が、それでもなんとかそこそこの米でそこそこの味を頂いているのは、このゼラチンのおかげ。 理屈はゼラチンが炊飯中により高温下に米を閉じ込め、さらに炊き上がった後も水分を保つって仕組みです。
 コツはと言えば、入れすぎは厳禁で(なんでも消しゴムの味がするようになるのだとか)、二〜三合ならスティックタイプの半分くらいが適量です。
 
 この仕掛けを知らない(私もあえて伝えない)同居人が、数ヶ月に一度くらい思いついたように米を炊くのですが、この時に感じるバリバリ感というかパサパサ感が逆説的にゼラチン炊きの値打ちを証明しています。
  
 また、ゼラチンには豚由来のものと牛由来のものがあり、炊飯には牛由来が向いているそうで、森永から出ているクックゼラチンが手に入りやすいです。 お菓子づくりをしている人にはお馴染みかもしれませんね。
 
 炊きあがってからさらに十分ほど蒸らし、まずは仏壇に備えた後に小皿に少し掬ってつまみ食い、もとい試食。 あぁ生きてて良かったぜって思うくらい、この瞬間がささやかに至福。
 

|

« 2019春アニメが超不作で助かった | トップページ | 第二種電気工事士検定、学科にパス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019春アニメが超不作で助かった | トップページ | 第二種電気工事士検定、学科にパス »