« AppleWatch用メトロノームアプリ、シリーズ4に対応 | トップページ | 他人のWindows10からMacのパブリックに接続させる方法 »

AppStoreで異なるバージョンのアプリを共存させる

 うん、Appleのアプリを開発してる人じゃないと全然意味が通らないタイトルだ。
 
 今回のAppleWatchアプリのアップデートは、Watchがシリーズ4となったことが発端でした。 一方で、最も古いWatchではこのシリーズ4用にアップデートしたバイナリは動きません。
 シリーズ1〜3は多分両方が動くんじゃないかと思いますが、残念ながら現物もなく、Watchを震わせるエンジンはシミュレーターでは限界がわからない、つまりあまりテストの意味がない。 よって、最も古いのと取り敢えず現時点で最新のバージョンをAppStore上で共存させたかったのです。

 AppStoreへの言わば業務用入口となるAppStore connectに新しいアプリをアップロードするとき、まずはマイAppから+ボタンを押して新規Appの項目を作らなくてはならないのはご存知の通り。
 ここに「バンドルID」という項目があり、結論から書くと、これがAppStore connectが、アップロードされたバイナリが新規なのかアップデートなのかを判断する根拠となります。
Con1 
 でも、はて? バンドルIDって何だったろう?って思いますよね。 それを助けてくれるのが、この「新しいバンドル ID を Developer Portal で登録します」という一行。
 ここのリンクをクリックすると、突然Appleのデベロッパーサイトに飛ばされます。

 ここが非常にわかりにくくて苦労したのですが、答えとしては、左のサイドバーの「Identifiers>App IDs」をクリックすると、自分のXcodeで作ったアプリのID、つまりバンドルIDがずらりと出てきます。 つまり、このデベロッパーサイトは開発者のXcodeとも裏で繋がっているのです。 あなおとろしや。
Con2


 今回のWatchアプリの場合、シリーズ4用と言っても、初期型の言わば別名保存版ですから、IDは同じ。 これを見てAppStore connectはアップデートと判断します。
 よって、今度はXcodeでTARGET>General>Bundle Identifierあたりを別の名前にすることで、上の「新しいバンドル ID を...」云々で別アプリとして登録できる、ということがわかりました。
Con3
 Swiftやそれ以前のobjective-Cを含むXcodeの情報は多数ネットにあるのに比べ、このAppStore connectを含むアプリ管理に関しては希薄で、やっとプログラムから解放された後の疲れのだめ押しをされます。

|

« AppleWatch用メトロノームアプリ、シリーズ4に対応 | トップページ | 他人のWindows10からMacのパブリックに接続させる方法 »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AppleWatch用メトロノームアプリ、シリーズ4に対応 | トップページ | 他人のWindows10からMacのパブリックに接続させる方法 »