« iPad公式webページに見るAppleの葛藤 | トップページ | Timerクラスとバックグラウンドの面倒 »

macOSアプリ初挑戦

 うちの学校に新学期に向けて新たな校舎が建設され、どこのコースがどう使うんだろうと思ってたら、なんと我々グラフィックデザインが使えることとなりました。 何はともあれ、新しいことは悪くありません。

 校舎規模そのものが大きくないのでエレベーターはガラ空き、仮に誰か乗っててもみんな顔見知り。 廊下の照明やらトイレやらは全て人感センサー連動で、当然ヒーター、ウォシュレット完備。 手洗いも自動&エアタオル付き。

 が、本校舎から離れているのでチャイムが鳴らない。
 そこで、教師用のMacで簡単に鳴らせないかとみてみたら、これが案外できなかったりするのに気づきました。 毎日決まった時間になんらかの音で授業始まり・終わりを教えてくれるだけで良いのにね。

 PHPをどこかのサーバーにあげて、とも考えたけど、ブラウザを常に立ち上げておかなくてはならないのは色々不便。 てことは、macOS上で動くアプリを作って、ログインしたら自動的に立ち上がるようにすれば良いのかぁ、とまではすぐ思いついたけど、これまでiOSとwatchOSでの開発(ってな大層なもんじゃ無い。単なるポンコツプログラミング)ばかりで、Mac本体で動くmacOSアプリは未経験。

 ただ、やらなければならないことは単純だし、不特定多数に使ってもらうための配慮、例えば好みの時間を入力して保存するなどは不要なので、なんとかなるかも、とも考えました。

 んで今は丁度、日雇い殺しの十連休。 その空き時間を利用して、ではありません。 実はこれが幸か不幸かほぼすべて出勤。 しかし出勤しても仕事はほとんどなく、全く鳴らない電話の番と留守番のみ。 目の前にはMojabeで動くiMac。 そしてこの間何をやってても良いという、拘束なのか非拘束なのかよくわからない時間を過ごしています。

 そこでこのマシンにもXcodeをインストール。 やっとXcodeのくそ持病から回復したwatchアプリの仕上げをしながら初macOSアプリの開発も始めました。

 とは言っても、終わってみると実はwatchOS→iOS→macOSの順で簡単になるんじゃね?というのが正直な感想です。 気になったのは、ネット上にあるSwiftに関する記事の多くがiOSに絡んでいることくらいで、実際、フレームワークをインポートする際に「そんなものはない」と警告が出て気づきます。
 
 中身はというと、watchのメトロノームでも使ったTimerという機能を使って時間をチェックし、switch文が指定時間に適合したら音を鳴らす、という、「夏休み子どもプログラミング教室♪」なんてのに丁度良い程度のヌルさ。 未だに把握しきっていないdeligateなんて一切使っていません。
 鳴らす音はGaregeBandで作ろうかとも思いつつ、結局はフリーの英ビッグベンの鐘の音を拾ってきました。
 
 あらかたXcodeで試した後、AppStoreを経由せずに直接アプリをローカルに書き出して現在テスト中。
 これで問題なければ連休明けから実際に授業に使えるってもんです。
 
 ちなみにそれ以外の機能は全くないので、見た目はこんな感じ。 でも生成されるabout画面はちょっと一人前の気分。
 
 と思ったら? おや?
Shotofchime

|

« iPad公式webページに見るAppleの葛藤 | トップページ | Timerクラスとバックグラウンドの面倒 »

iOS と Xcode」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad公式webページに見るAppleの葛藤 | トップページ | Timerクラスとバックグラウンドの面倒 »