« AppStoreで異なるバージョンのアプリを共存させる | トップページ | 久々にMac雑誌を買ったのは »

他人のWindows10からMacのパブリックに接続させる方法

 これ、何を今更、というネタに見えて、実は難解でした。
 ポイントはMac側のパブリックを誰に公開するかで、単にファイル交換目的で自分しか使わないのであれば、ネットやら本に載っている方法でいいんだけど、例えば教師用MacのパブリックをWindows10を使っている学生に公開する(まさしくバプリックな使い方)となると、途端に情報がなくなります。
 Macユーザーであれば、他のMacのパブリックフォルダーにはノーパスで簡単にアクセスできるのに、Windowsからはパスワード認証が必要であることが問題のポイントです。

 うちのコースは、入学とともに個人用MacBook Proを購入させますが、転コースや留学生など、どうしても手持ちのWindowsマシンしか用意できないという例も稀にあります。
 今年度がまさしくそれで、前例から多分5〜6年ぶり。 その間にMacもWindowsもOSが変化し、当時はなんとかなっていたMac-Win間のパブリックフォルダーを通してのデータのやりとりができなくなっていました。(Windowsがsmb1をデフォルトでオフにしたという話は関係なし)

 家に帰ってからEl Capitan(MacOS 10.11)のパブリックにWindows10から接続するテスト環境をセット。 結果、少し手こずりつつも解決策が見つかりました。

 ポイントはユーザー管理。
 ネットで一般的な情報では、システム環境設定の「共有」しか触れていませんが、ここの「オプション...」で出てくるユーザーは、同じシステム環境の「ユーザーとグループ」でコントロールされています。
 ですから、普通はここには管理者(多くの場合は自分)が表示され、そのパスワードはログインもできるレベルですから、そのまま他人に教えるわけにはいきません。(逆に自分だけが他のマイWindows10マシンからアクセスするならなんら問題はない)

 そこで「ユーザーとグループ」左下の+ボタンから、例えば「windowuser」(仮)という共有のみに権利を絞ったユーザーを作り、パスワードも「pass」みたいな簡単なものをセットします。 ログインはさせず、ローカルエリアだけのパブリック公開なのでこの程度のゆるさでも問題はありません。
Winpub1

 それから「共有」の「オプション...」を押すと、Windowsからアクセスを許可するユーザーのリストが出るので、windowuser左のチェックボックスをON。 するとパスワードの設定を迫られますので、ここに「ユーザーとグループ」で設定したパスワードを入力します。
Winpub2

Winpub6

 次にWindows10でエクスプローラーを立ち上げ、上部のフィールドに、¥¥192.168.1.1¥的なMac側のローカルIPアドレスを入力。(.localのホスト名でも可)
 するとユーザーとパスを聞いてくるので、先ほどMac側で設定した「windowsuser」の情報を入力。 これで上がりです。
Winpub3 Winpub4 Winpub5

 注意したいのは、ここでWin10上に現れるのはMac側の「共有」で管理者が恣意的に設定したフォルダーであって、「windowuser」のパブリックでない、ということ。 落ち着いて考えるとわかることながら、煮詰まっているときには意外とハマるややこしさかと。

|

« AppStoreで異なるバージョンのアプリを共存させる | トップページ | 久々にMac雑誌を買ったのは »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AppStoreで異なるバージョンのアプリを共存させる | トップページ | 久々にMac雑誌を買ったのは »