« 擬似幽体離脱体験 | トップページ | iPad公式webページに見るAppleの葛藤 »

遮光カーテンで健やかな朝を

Curtain 陽当たりの良い家とか部屋って、爽快とか健康の枕詞みたいになってるんだけど、それが毎朝ガンガン寝ている顔に降り注ぐとなれば話は別。
 私の寝ている部屋がまさにそういう環境で、さらにこの季節、夏至に向かってどんどん夜明けが早くなってきます。
 「逃げても逃げても朝は追いかけてくる」という面白い歌がありますが、まだ起きる時間じゃないのに朝日にジリジリと照らされ、イライラしながら何度も寝返りを打って過ごす、ある意味地獄の季節とも言えます。
 
 で、ふと思い出したのが遮光カーテン。
 昔、北新地でバイトしてた時、高級キャバクラの社長が遮光カーテンを吊るしまくった部屋で日中寝ていると言っておられました。 なるほど。
 
 amazonで探したら、ほとんどが1級という最も遮光性が高い製品で、私としては級によってどれくらい遮光度が違うのかわからず、選択肢の多さから1級から選ぶことに。
 私の顔を照らす朝日は、掃き出し窓の半分からだけなので、半間と呼ばれる片方だけのタイプを選択。 こういう細かい品揃えは通販ならではかなぁ。 ただし色だけは半間にすると選択肢が減り、それまでかかっていた薄緑がなくて薄水色になりました。 これで三千円未満。
 
 さて、結果。 これはイイ!
 
 自室には他の窓もあり、朝になっても真っ暗ということはなく、それなりの時間になるとぼんやりと目が覚めます。 が、これまでのように朝日が眩しくてイライラすることもなく、目覚まし時計が鳴るまでゆったりとした時間を布団の中で過ごすことができるようになりました。 
 例のアプリを見ても、早朝、一旦覚醒してもまた深い眠りに落ちていることが示されていて、ああシアワセ。
 
 強いて不安材料を挙げるなら、真夏でもできるだけエアコンをつけずに寝たいので、この重くなったカーテンが窓からの風を抑えてしまうんじゃないかという一点のみです。 まぁ、夏が来ないとわからないけどね。
 
 もう一度書いておこう。 ああ、シアワセ。

|

« 擬似幽体離脱体験 | トップページ | iPad公式webページに見るAppleの葛藤 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 擬似幽体離脱体験 | トップページ | iPad公式webページに見るAppleの葛藤 »