« 遮光カーテンで健やかな朝を | トップページ | macOSアプリ初挑戦 »

iPad公式webページに見るAppleの葛藤

 今のiPad Airが発売されたのはいつだったか、Appleの公式webページ をMacBook Pro.で見たとき、「あ、AppleがPCのwebサイトを捨てた」と感じました。

 かなり前からweb制作関係者の間では、「作るのはパソコンだけど、見るのはスマートデバイス」という矛盾が指摘されています。
 わかりやすいのが画面の縦横比。 パソコンは横長。 スマートデバイス、中でも一番多いスマートフォンは縦長。

 この課題についてはすでにレスポンシブという技術で、ユーザーの画面サイズに適応して臨機応変にコンテンツ表示を変える方法が定着しています(賛否もあるけれど)。 もちろんAppleもそうしていたんですが、ここにきてパソコンで見ると縦長のコンテンツが無遠慮にどかんと配置されて放置という決断が行われたのです。

 具体的にいうと、iPad Airの薄さを訴える部分、横長画面のパソコンではスクロール位置によって何が何だかわからないビジュアルが表示されます。 さらには画面いっぱいのテキストコピー。 一方でiPhone SEのように画面サイズが小さくても、画面が縦長ならまだ少しはマシに表示されます。
 つまり、それでいい、とAppleの担当ディレクターは判断したわけです。

Air2Air1Air3

 Appleのwebページは世界中のwebデザインに大きな影響を与えます。 フラットデザインの流布、HiDPI(高解像度液晶)対応やクソ重い動画表示などなど。
 それがこの決断ですから、う〜む、ついにwebデザインの世界はパソコンを見放したかぁ、と感慨深く捉えました。 いえ、別にそれを咎めようとする気は無くて、そういう時代なのか、と。

 ところが、それを確認しようと改めて後日Appleのサイトを覗いたら、同じiPadでもProの方は、パソコンで下方向にスクロールしようとすると勝手に右に右に移動します。 何よりこちらはAirと違って一つ一つのコンテンツが横長画面に対応完結しています。
 おやぁ?と思って今度はiPhone SEで見て見ると、こちらは普通に上下スクロール仕様。 なかなか凝った仕掛けですよこれは。
 
 すでにwebデザインは教える側からとっくに引退しておりますゆえ、あくまで一般ユーザー+α的な立場でしかありませんが、Apple(のwebデザイン担当)も模索しているんだなぁ、と感じた、けふこの頃。

|

« 遮光カーテンで健やかな朝を | トップページ | macOSアプリ初挑戦 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遮光カーテンで健やかな朝を | トップページ | macOSアプリ初挑戦 »