« おおさか東線の201系 | トップページ | J-WAVEが知の世界に翔んでいた(2) »

J-WAVEが知の世界に翔んでいた(1)

Jwave ここしばらく、またまた我がiPhoneのradikoが関東エリアを表示しています。
 正確には自宅のWi-Fiに繋いでいる時だけですが、以前なら数日で本来の関西エリアに戻るのに、今回はもう一ヶ月ほどずっとそのままになっています。
 
 ほぅ、だとすれば少し落ち着いて関東のFMを楽しめますかね?と選んだのがやっぱりJ-WAVE。
 まだ30代の頃、たまに東京に車で行った時、それまで楽しみにしていたFENがつまらなくなって聴いたのがJ-WAVE。
 その頃、大阪の民放がFM大阪だけで、そのAM化にうんざりしていた時だったので、なんてクールな局なんだろう、さすが東京!と素直に感動した格好よさでした。
 やがて大阪にも第二の民放であるFM802ができて、あきらかこれはJ-WAVEの影響を受けていました。 

 

 てなことでここしばらくの夕食クッキングタイムはKISS FM KOBEだったんだけど、この時間帯のJ-WAVAがすごいことになってた。
 この時間帯はJAM THE WORLDというニュース番組(FMでニュース番組ってすごくない?)で、これがグローバーというメインパーソナリティ(えっと、これ誰だったっけ?なんか知ってるんだけど)を中心に、曜日によって津田大介やら堀潤とか、大阪にいてるとたまにしか耳にしない連中がレギュラーで出てます。
 
 で、この番組の切り口が、いわゆる普通のテレビやラジオのニュース番組では切り込めない深さまで突っ込むっていう形。 これ、実はNHKもAMでNラジになってからやってるんだけど、やっぱりNHKらしいどん臭い甘さが抜けず、一方でJAM THE WORLDは単なるラディカルではなく、ネット右翼という流れも無視せずに、ある意味新しい価値観で様々な出来事を咀嚼している感じで、う〜ん、すごい、J-WAVE、いつの間にそんなに賢くなった、と。(30年前はカビラが「ほえぇい〜、えべりぶわぁでぇいぃ」って叫んでたのに)
 
 これを関西でやると、(テレビだけど)なんとか委員会みたいな言いたい放題お笑いバラエティになるんですよね。 で、この時間帯の大阪のFMといえば、そこそこ地元とかファンの間では人気のパーソナリティが適当に地元の話題を入れつつ、適当にこだわりの音楽を流しつつ、時に出演者同士しかわからないネタで盛り上がってるだけ。
 まぁ、そのぬるさがラジオなんでしょ、と言われればそれまでだけど、なんだこの田舎臭さは、と。

 

 話を東京のFMに戻すと、日曜日夕方が至極で、まずはインターFMでピーターバラカン。 昔彼がNHK FMでやってた番組よりも、少し砕けた、しかしよりジャンルの広い選曲が、あぁ、やっぱ、ポップはこういう人がいてこそ、と思いつつ夕風呂に入ったり圧力釜を睨んでいます。
 その後はJ-WAVEでantenna* TRAVELLING WITHOUT MOVINGという、イヤミぎりぎりの際どい番組が気になります。 いや、多分私はこんなパーソナリティになりたかったんだろうて。
 さらにJ-WAVEでTOPPAN FUTURISMと続きます。 もうこの時間になると夕食が終わって、そそくさと自室に篭って聴いてるんだけど。

 

 さて、なんだこの差は。 仮にも大阪は日本第二の都市だぞ? と考えてみた。
 が、長くなったので、後半へ続く。

|

« おおさか東線の201系 | トップページ | J-WAVEが知の世界に翔んでいた(2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おおさか東線の201系 | トップページ | J-WAVEが知の世界に翔んでいた(2) »