« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

娘がカナダに行った

Canada

 昨日、娘が半年の語学留学でカナダに旅立ちました。
 伊丹から成田経由だったので見送りに行かなかったせいもあって、いまひとつ送り出した実感がありません。

 いえ、上の息子のスペイン留学と同じく、親は金を出しておりません。
 とはいえ兄のようにキャバクラのボーイで荒稼ぎするわけにはゆきませんので(キャバクラのキャストになるほどの器量はない)、普通に昼と終電までのレストランのバイトがメインで、何より彼女は大学合格時に義祖父から何十万円もの祝いを貰っているので、それを元にしたようです。
 いやぁ、兄弟揃ってしっかりしていると言うか、親が頼りにされていないと言うか。

 息子が非英語圏に出たのに対し、英語圏のカナダを選んだことに、外国語イコール英語の昭和に育った私としては正直安心感はあります。
 半年程度の留学では今時履歴書上ではあまりメリットはないし、その程度の英語力が飛び抜けた社会人へのパスポートになる時代ではないのは当たり前としても、言語という人の思考の柱になるものが異なる世界があるということを一定期間体感できることは、非常に重要であるはずです。
 いやまぁ、子供たちが少し羨ましいな、とも。
 
Serching もちろん女性であることも含めて心配がないわけではありませんが、そこは時代。 iPhoneの「友達を探す」に登録しておけばネットーワークさえあれば世界のどこにいても所在が地図で示される安心。 これって息子の時にはなかったなぁ。 たった7年前なのに。
 
 息子が小さい商社にまともに就職できたことを考えると、娘もまぁ、まっとうな人生を歩んでくれるんじゃないかと漠然と思ってるんだけど、いや、何が起こるかわかったもんじゃないか...
  
 ところで、息子も娘もいなくなった家にほぼ同年代のおばさんが住み着いているんだけど、この人誰だったっけ。 思春期症候群みたいに完全に存在が見えなくなったらいいのに...

| | コメント (0)

ドナルド・キーン逝く

 夜勤明けでビールを開けつつ、何気なしに見ていたYahoo!の検索ワードランキングにドナルド・キーンというのがあって、もしやとクリックしたら、やはり死亡記事でした。
 まぁ、96歳ですから大往生。 日米欧文化を股にかけた結果、望んでいた日本で死ねて本望かと勝手に想像する次第です。 合掌。

 彼のことを最初に知ったのは、多分私が二〜三十代に買ったEnglish Journalという英語教育月刊誌の表紙でした。
 誌面にもインタビュー記事(流石に内容は忘れてしまった)があり、そのプロフィールを知るに、なんて知的で貴重なアメリカ人がいたもんだ、といたく感銘を受けたのを覚えています。

 私は見ることはできませんでしたが、先日NHK-BSで日本美術を愛したアメリカ人たちの特集をやっていたそうで、彼らにせよ、キーンにせよ、小泉八雲にせよ、偶然・必然問わず、江戸以降の日本文化に惹かれた欧米人によって、日本文化が守られた(持ち去られたとは言うまい)、あるいは新たな角度から再評価されたことは非常に興味深いことです。

 ひねくれた見方をすると、例えばアメリカファンやイギリスファンの日本人が現地の人間とそれについて熱く語ろうとしても、大方のネイティブは「はぁ、さいでっか」程度の少々呆れた態度をするのと同様に、彼ら欧米の日本美崇拝も時に我々日本人にとって?なときもあるとはいえ、エイリアンゆえの斬新な(時に場違いな)角度からの研究は、やがてネイティブさえ感心する評価を生み出してきました。
 
 特に、太平洋戦争を体験した外国人にとっての日本観は、より深く洞察に満ちていて、その一人であるキーンの逝去は貴重な巨星の消滅であります。

 さて、この尊敬して止まないキーンのポジションを継ぐポスト太平洋戦争時代の欧米人は、とふと考えて見ると、ピーター・バラカンかヴァーナム・アットキン・ステュウットか?と思うんだけど、どう? 俗っぽすぎるかいな?  いや、あまりにNHK的か。

| | コメント (0)

寝てさぶらう

 なんと、気がつくと二十日くらいここを更新しておりません。
 理由は一つ。
 ひたすら寝ております。
 
 これまでのここの書き込みは、タイムスタンプを見てもお分かりのように大方が深夜。
 毎夕食を作り終わると、ビール飲みながらってのもあって、そのまま夜9時頃バタン。
 すると大体0時か1時くらいに目が覚め、そこから軽く飲みつつ、こういう文章書いたりして3時か4時頃再び寝る、と。 なんかすごい生活のようですが、単純に足すと7時間程度は寝ている計算になります。
 
 一方で月に一、二度、9時に寝たまま朝まで死んだように寝ていることもあります。 こういう時は酒も入っておらず、朝からとても気持ちが良くて一日中すっきり過ごせます。 当たり前といえば当たり前ながら、う〜む、さりとて酒も飲みたいし、とここ数年こういうパターンでした。
 
 そして、ここの更新が途絶えた二十日くらい前、いつものように夜中に目を覚ましかけ、でも起きてどうする? それほど飲みたくもないし、とか虚ろにつらつら思いながら、ならば寝よ寝よ、と朝まで9時間くらい寝てしまいました。 あら? 普通に寝れたやん。
 
 ということは、これ続けられるんじゃね? いっそ普通に寝るのを趣味にしない?
 と、食後にばたりと布団に沈むのをなんとか我慢しつつ、この時間帯で飲み、11時頃を目処に就寝。 お〜、寝れる寝れる。

Sleepcycle てなことを娘に話していたら、娘はiPhoneのアプリで睡眠分析してるんだそうな。
 そういえば、以前そういうのを見つけたけど、どうも出来が悪くて今ではアップルストアで販売していない、ってのがあったけど、娘の使ってるのは余計なデバイスなしで、どうやらマイクで寝息を拾って分析するシンプルなものでした。
 
 それは"sleep cycle"ってアプリで、スペクトル分析や、いびきも記録してくれています。(ただしそれを聞くには有償版にグレードアップしなければならない。一度客観的に自分のいびきを聞いてみたいもの。)
 感覚的にも、ふと目が覚めて時計を確認した時間は確かにレムになっているので、分析自体も間違ってはいないようです。
 そのグラフを見ると、意外なほどに眠りが浅いときが多いのに驚きますが、wikiを見ると、それでまとなようで、いわゆるノンレム、レム睡眠の繰り返しが行われている証拠を見ることができます。
 使用条件として、充電プラグを差し込んで画面を下に向けて、とありますから、恐らくはマイクを最大ゲインで働かせ、寝息を分析して眠りの深さを推測しているのでしょう。
 
 てなアプリと出会ったこともあって、ひたすら寝て候。 いや、普通の人はずっとそうしているんだろうけどね。 いや、いい大人は8時間も寝ないか。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »