« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

大学は教育機関では無いのか

 読売新聞に、「大学近くの路上喫煙増加、住民苦情で喫煙所存続」という記事が。
 
 構内を禁煙にすると外で学生がタバコを吸って苦情がくる。 だから一旦撤去した喫煙所を再開する、あるいは維持する。
 私の認識に間違いがなければ、大学って教育機関じゃなかったでしょうか。
 
 はっきり言って路上など公衆の場所での喫煙率はその場所の民度を示しています。
 今、仕事で通っている場所の一つは、歩きタバコはごく当たり前、路上には吸い殻が目立ち、昼の(灰皿の無い)コンビニ玄関横には若者ではなく、老労働者がカップラーメンの空き容器を灰皿に、座り込んでタバコを吸っている。 夕方には作業服に上着を羽織った女性がくわえタバコで家路を急ぐ。 そして彼らが携帯用灰皿を持っているのを見たことがありません。
 これらの大学はそういう民度レベルに卒業生を送り出そうとしているのでしょうか。
 
 一応どの大学も、教育方針やパンフレットなどに「未来を担う社会人を養成」「時代を読む力」みたいな文言を盛り込んでいるはずです。 そう、未来は明らかに無煙化に向かっています。
 嗜好品だからとか、個人の自由というのを言い争うつもりはありません。 ただ、間違いなく禁煙、減煙が明らかな未来に若者を送り出す教育機関が、このような阿片窟のような退廃的措置でごまかすのは如何なものかと。
 
 実はこれはどのポスト高校教育機関でも似たような問題を抱えていて、私が長年世話になっている専門学校でも同じ苦情が学校に来ます。 それに対し、学校側は特に苦情情報が多い時間に教職員が交代で学校周辺をパトロールすることで対処しています。
 とはいえ、構内に於いては義務であるネームカードを隠してしまえば本学の学生かどうか見た目で確定するのは難しく、ネームカード義務がなく、学生数が多い大学などではなおさらでしょう。

 が、逆に学生が多い、つまりは営業規模が大きいことを考えれば、行政と協力して大学周辺を全て路上喫煙禁止区域に指定し、理想は大学と地域、それが難しければ大学側が経費を負担して巡回員を雇う、あるいは学内アルバイトを用意し、周辺を巡回、路上喫煙者に注意を喚起するという解決策があります。
 まさか学生の路上喫煙に苦情を言う周辺住民が(学生だけに限らない)路上禁煙化に対して反対できるわけもなく、そうすれば周辺喫煙者が該当大学の学生かどうかの判別問題に煩わされることはありません。

 とかいうと、近視眼的愛煙者は眉間にしわを寄せるのでしょうが、近未来社会は確実に無煙化・無臭化に向かっています。 そんな未来を指し示し、社会に送り出す準備をさせるのが教育機関だと改めて思い起こしてみてください。
 
 タバコなんて禁煙外来で簡単に止められます。 経験者曰く

Smoker

| | コメント (0)

なんだこれ?

Bedit1

 唯一、長年にわたり購読しているMacショップのメルマガで初めて知ったこの「Beddit Sleep Monitor」。
 
 「iPhone上のBedditアプリケーションと連係しながら、眠りの状態を測定して管理し、睡眠の改善に役立てることができます。」とあって、具体的には「睡眠時間、心拍数、呼吸数、いびき、ベッドルームの温度や湿度を自動的に測定」とあります。
 
 ほう。
 
 睡眠時間の記録なんか余計なお世話だけど、心拍数やらいびきってのは無呼吸症候群なんかの発見に役立ちそうだし、目覚めた時の快適・不快感の原因をこれらのデータで特定できるかもしれません。
 こんなのがアップルストアで売られているとは全然知りませんでした。
 でも残念ながら何故か現在は注文できない。
 売るつもりだったけど何か問題が起きたのか、販売してたけど止まったのか。
 もしかして例の米中貿易戦争のあおり?

Bedit2

| | コメント (2)

今日この頃の鉄玉子

Iron
 これが何かと言うと、料理に使う鉄玉子。
 経口の鉄分補給として昔からあると記憶していますが、いわゆる表面積を増して効率改善したらこういう形になった、と。

 思えばうちの什器はアルミやフッ素、ホーロー主体で、鉄製はフライパンのみ、しかしそれも表面が特殊な酸化加工が施してあり、確かに日々意識せずに鉄分が取れる環境ではありません。
 我が家には年頃の娘もいるし、なによりアニメの「はたらく細胞」だとか、NHKの「人体の不思議」で赤血球やヘモグロビンの重要性を知ったこともあってamazonのポイントで購入。 価格も昔は3〜5千円ほどした覚えがあるなか、今ではこれさえ二千円代というありがたさ。

 使い始めて半月ほど経つけど、気持ち体調が良くなったというか、元気度が増したというか、血が元気に体を流れまくっている気が「しないでもない」。 今度娘にも確認してみよう。

 最初はこんな大がかりなもの鍋に入れて鉄分過剰摂取にならんのか、と案じたものの、ネットで検索すると、食事として摂取する限りは心配無いのだとか。 一方でサプリメントなどでダイレクトに鉄分補給をしている人は要注意で、最悪肝臓や腎臓に障害が出るという警告もあわせて掲載されています。

 にもかかわらず、先日の女子陸上長距離選手への鉄剤注射事件。
 超過剰な鉄分補給により一生透析を続けなくてはならない身になった選手への責任は誰が取るんでしょうか。
 「ビタミン剤の一種だと思っていた」と連日医者に連れて行った脳筋指導者たち。 選手も一時期は確かにタイム向上が見られたせいもあって断りきれずずるずると摂取。
 さらに頼まれると断れなかったと言い訳する専門家である医師。 新聞では鉄分過剰摂取の副作用については医者でもよく知らないがいるのだとか。
 いやいやいや、冒頭のようにネットでも出ているレベルを知らないというのは怠惰もいいところでしょう。

 我々は運動中は水を飲むな!なんてアホな時代を経てきましたが、今は科学の時代。 と信じてたら、指導者のみならず、医者までアホばかりのスポーツ界が永遠に不滅だったことを知って唖然とした今日この頃の鉄事件でした。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »