« 早く死んでください>森元首相 | トップページ | 人の善意に深く感謝 »

残念なアジア製Winアプリ、PowerDVD 18

 こないだMacBook Pro上のMacOSとWin10両方を再インストールすることになったと書いた、うちWin10の方のお話。
 
 再インストールに至った直接の症状は、ブート後、例の世界の奇景が映し出される場面で画面がブラックアウトしたこと。 この間、MacBook Pro.のキーボードバックライトは点灯していたので、しばらく待ってみたものの、症状は全く改善せず。
 検索すると、グラフィックドライバーのアップデートが始まるとそういう症状を示す、というのが複数見つかり、「ったく、それならそうと画面に何かメッセージ出せんのか」といつものように悪態をつきながら、強制シャットダウン。
 すると何かが壊れたのか、キーボードバックライトもつかなくなって、以後ずっと立ち上がらない。
 
 「このクソWindowsが」
 
 とさらなる捨て台詞とともに、自動リカバリなども試しつつ、最終的に再インストールと相成ったわけです。
 とはいえ、こちらは例のラズパイ開発用と深夜バイトの時間つぶし用だったりするので、なくなって困るデータもなくて気楽は気楽。 
 
Pdvd で、その「深夜バイトの時間つぶし」が曲者でした。
 その名はPowerDVD 18。 CyberLinkという台湾製光ディスク再生アプリです。
 名前はDVDながらBlu-Rayにも対応しており、なんとあの面倒な日本のCPRMにも対応しています。
 
 もともと仕事や書きたいネタがないときの深夜バイト、あぁ、こんな時に溜まっているアニメやらドキュメンタリーの録画が見れたらなぁ、と考えたのが発端。
 最初は単純にCPRM対応のポータブルブルーレイプレーヤーを買わなくちゃ、と考えたものの、これが東芝とかまともなメーカーだと2〜3万円くらいと結構な価格。
 さらにこれをリュックに入れて、場合によってはMacBook Proも併せて持参となると、いや、それはなんか変だろうと気づきました。
 そもそもMacBook Pro? これでなんでブルーレイディスク見れないんだろう?と発想を転換。
 
 そこで浮かび上がって来たのが、このPowerDVD。 伝統的にMacはテレビ関係に弱く、よってWindows用。 でも外付けBlu-Rayドライブはすでに持っているので、つまりはこのアプリ代五千円ほどで事足りることになり、実際に自宅Panasonicのレコーダーで録画したブルーレイディスクをちゃんとチャプター付きで見ることができるようになりました。

 え?Win10再インストールの話だろう?って。
 そう。 Win10の不具合を疑って再インストール後、しばらくして、このPowerDVDを全画面状態で終了させると、また画面がブラックアウトしてしまうことに気づきました。
 またシステムエラー??と呆れつつ、よく見ると、一番最初の不調時と同じくキーボードバックライトは機能しています。 そこでふと画面輝度ボタンをポチッとと押してみたら...
 あら、一瞬で画面が復帰。
 
 そう。 最初はWin10が原因だと思われたトラブルは、このPowerDVDが原因の可能性が大だったことが判明したのです。 多分全画面表示が終わった時の画面処理をグラフィックドライバーにちゃんと元どおり戻す指示ができないのでしょう。
 いや、これはすまなかった>Win10
 
 てなことで、このCyberLink、アジア発祥で頑張って欲しいんだけど、やっぱりこんなもんかいなぁ、と少々残念。 他にもまだ残念なところがいくつかあるんだけど、とりあえずこの巻はこれにて終了。

|

« 早く死んでください>森元首相 | トップページ | 人の善意に深く感謝 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 それ、意外と無いみたいですね。
 私の場合、もともとWin環境はMS フライトシミュレータ用だったのでデータとアプリ、つまりユーザ環境だけバックアップできればよかったので、あまりそこに執着しておらず、探す熱意が低いというのもありますが。
 
 Carbon Copy ClonerとかでもBOOTCAMP領域には触れてませんから、EFIの仕様とかで難しいのかも。

投稿: あやおば | 2018年12月 4日 (火) 02時24分

ご無沙汰です

ちょっと前の10月19日
久々の神戸出張の帰りに新幹線運休に巻き込まれましたよ
20時頃の新大阪駅はそれはそれは凄い状況でした....

前回の出張は去年6月
姫路方面出張の時も架線切断でえらい目に遭いました、って前に書きましたが、2連荘です
私が仕事で関西方面に新幹線乗ると、止まります(笑)

閑話休題

Macパーティションは今のところTimeMachineで復旧出来ていますが、問題はBootCampのWinパーティション
簡単にフルバックアップ出来て、かつ、物理的に別のMacにもフルリビルト出来る良い手段ご存知ですか
ArcServeやBackupExecでWinとしてバックアップするのではなく、Mac側からやりたいのです

投稿: かもめななごう | 2018年11月27日 (火) 22時11分

 わざわざ一つのトピックにするほどでもないのでコメントにしますが、PowerDVD 18のもう一つのがっかりが、「アップデートを当てるとBlu-Rayが再生できなくなる」件。

 最初、パッケージからインストールし、ちゃんと動くことを確認。 その後、画面上部にアップデートがあるよ、的なメッセージが出たので、アップデート。

 するよね? 普通。 セキュリティなんかもあるし、やっぱり新しいほうが、って、アップデート。

 するとBlu-Rayを読み込んで最後の最後にエラーが出る体たらく。
 不思議に思って検索すると、どうやらこの純正アップデートはあててはいけないものというユーザーの声がありました。 しかもこれはバージョン16とかの話で、おいおい、少なくとも2バージョン進歩してないことにならない?

 てなことで、私の18は一旦削除の上、再インストール。 またアップデータの表示は出ますが、完全無視で。

投稿: あやおば | 2018年11月27日 (火) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早く死んでください>森元首相 | トップページ | 人の善意に深く感謝 »