« 久々に体調を崩した(謎) | トップページ | High Sierra以降、Time Machineはいよいよあてにならない »

初めてのカード請求詐欺

.Card

 いやぁ、安心できない世の中になってきました。 
 今月分のカード請求が確定した、とメールが来たので、一応確認しておくかぁ、程度にサイトにアクセス。 すると30万円ほど。
 普通ならこれで驚くんだけど、ちょっと今、仕事絡みの買い物の為にこの程度の金額になることがよくあります。
 
 とはいえ何となく、その下に続く明細に目を移すと、「BILL ITUNES COM」名義で何度も何度も請求が続き、一件あたりざっと1万円、ひどい時は一日11回で、合計30万円ほど連なっているではありませんか!
 自分のiTunes登録はこのカードではありませんから、100%詐欺であると確信。

 いわゆる「身に覚えがない請求が来た時は」的行動を起こすべくカード会社のサイトを探すと、今は個人情報保護の関係で、カード会社ではなく、請求を起こした会社に連絡せよとこのとで、「BILL ITUNES COM」もその一つでした。

 早速Apple Careサービス&サポートラインに電話を入れてみる。
 アップルのサポートデスクは開発関連で嫌な思いをしているので、一抹の不安があったものの、この件は全く問題なく、特に「本当にお客さん、買い物したんじゃないんですよね?」みたいなことも言われずに、基本詐欺ありきで話が進みました。
 しばらく電話の担当替えで待たされるも、この日は自宅で仕事、0120回線なので問題なし。
 請求は全て削除されたうえで、該当カード番号がiTunesストア上で無効化されました。 先に書いたように、本来のApple系の私の買い物は別カードで行なっているので、この処置に不満はありません。

 で、Appleサイドとしてはここまでで、カード会社の方には特に連絡しない、とのこと。 まぁ、それはありえないんだけど、個人情報保護の関連でそう言わざるをえないんでしょう。
 ならば、とこちらが勝手に連絡入れておきますよ、とすぐにカード会社に連絡、事の顛末を報告。
 カード会社側も請求元が請求を撤回した以上何も文句はないわけで、ただし問題の起きたカードは無効化され、新番号で再発行する、とのこと。
 
 落ち着いてあれこれ考えるに、なんでこんなことになったのか。
 以前にも別カードで中国経由の引き落とし時に想像以上の対応になって驚いたことがありましたが、今回のカードは、amazonとYahoo!でのショッピングのみで、それ以外での使用は一切ありませんでした。
 にも関わらず、裏面のセキュリティコードまで抜かれた可能性があるというのは恐ろしいというかなんというか。

 この点、苦情ではなく、何なんでしょうね?的に電話口の女性に話してみると、最近はカード番号の特性を分析し、あとは短時間に膨大な数の順列組み合わせをサーバーに浴びせることで解読するケースもあるそうです。 それって何度かログインに失敗したらアクセス拒否になるシステムはどうなってるの?と思いつつ、それが麻痺するくらいのDDos的なやり口なのかもしれません。
 あ、いや、amazonのマーケットプレイスかなぁ。 ラズパイ関連で何度か中華店舗から買い物したし。 だとすると、amazonは出品者にカード情報を流している?

 ともあれ、海外旅行にも行ってないし、店頭でも使用していないからといって安心できる時代ではなくなったということです。 私に限ってカード詐欺なんて、と思わずに、毎回請求書のチェックを欠かされませぬよう..

|

« 久々に体調を崩した(謎) | トップページ | High Sierra以降、Time Machineはいよいよあてにならない »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に体調を崩した(謎) | トップページ | High Sierra以降、Time Machineはいよいよあてにならない »