« VNC非対応のマシンを遠隔制御する | トップページ | 久々に体調を崩した(謎) »

車内で急病の方がおられたため

 ほぼ毎日、と悪口を垂れたくなるほどJR西日本は遅れまくっていますが、朝によくあるのが「車内で急病の方がおられたため」という理由。
 車内で急病ってなんだろう。 いかにも繊細そうなOLが突然へなへなと崩れ落ちるんだろうか、とか想像しつつ、薄情な私は正直、んなもんホームに放り出しとけよ、と心の中で舌打ちしています。

 で、この夏、環状線のとある駅でのこと。
 ホームに入って来た電車のドアに男がもたれかかっている。 おいおい、ドアが開いたら転げ落ちるぞ、と思ってたら、その男はドア横のバーにしがみついてなんとか転がり落ちずにすみました。
 見るとかなりの老人。 よれよれのスーツを着て、手に真新しい紙袋。 誰かを訪問に行くのか。
 
 が、そのバーを握る力も徐々に衰えてきて、膝を折った状態でちょうど電車とホームの間にしゃがみ込むような形になりました。 当然ドアは閉められない。
 場所は編成の前の方で、車掌に見えない可能性もあり、私が大きく手を振って後方にダメ出しの合図。 そしてほぼ同時に車内の二人の男性が爺さんに駆け寄り、自力で立てないのを確認すると、そのうちの一人が駅員を呼びにホーム下の事務所に走り出しました。
 あぁ、合理化の皺。 昔なら必ずホームに一人は駅員がいて、こういう事態になるとすぐさま駆けつけくれたのに。
 そのうち最後尾から車掌が走って来て、どこか関係先に携帯で電話連絡。 その辺りでやっと駅員が上がって来ました。

 この爺さん、意識はあるものの、相変わらず足に全く力が入らない様子なので、とりあえずみんなで抱えてホームに引きずり出し、たまたま目の前にあった元売店の壁にもたれかけさせました。 あとは駅員に任せ、車掌はまた最後尾まで走ってドアを閉めて電車が動き出します。 この間、十分弱でしょうか。
 文字通りホームに引きずり出し、駅員呼んで手当の手配をしただけでもこれだけ手間がかかるわけで、こういうのがあちこちで起こっているのかぁ、と走り出した車内で妙に納得。
 
 最後にちょっと面白かったのは、大阪駅で降りるとき、私を含め、爺さん救護に関わった三人が「あ、どうも、ごくろうさまでした」と会釈して別れたこと。 もちろんお互い見ず知らず。
 いえ、私は薄情者ですよ。 一方通行(アクセラレーター)と呼んでくれ。

|

« VNC非対応のマシンを遠隔制御する | トップページ | 久々に体調を崩した(謎) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VNC非対応のマシンを遠隔制御する | トップページ | 久々に体調を崩した(謎) »