« 2018年10月 | トップページ

初めてのカード請求詐欺

.Card

 いやぁ、安心できない世の中になってきました。 
 今月分のカード請求が確定した、とメールが来たので、一応確認しておくかぁ、程度にサイトにアクセス。 すると30万円ほど。
 普通ならこれで驚くんだけど、ちょっと今、仕事絡みの買い物の為にこの程度の金額になることがよくあります。
 
 とはいえ何となく、その下に続く明細に目を移すと、「BILL ITUNES COM」名義で何度も何度も請求が続き、一件あたりざっと1万円、ひどい時は一日11回で、合計30万円ほど連なっているではありませんか!
 自分のiTunes登録はこのカードではありませんから、100%詐欺であると確信。

 いわゆる「身に覚えがない請求が来た時は」的行動を起こすべくカード会社のサイトを探すと、今は個人情報保護の関係で、カード会社ではなく、請求を起こした会社に連絡せよとこのとで、「BILL ITUNES COM」もその一つでした。

 早速Apple Careサービス&サポートラインに電話を入れてみる。
 アップルのサポートデスクは開発関連で嫌な思いをしているので、一抹の不安があったものの、この件は全く問題なく、特に「本当にお客さん、買い物したんじゃないんですよね?」みたいなことも言われずに、基本詐欺ありきで話が進みました。
 しばらく電話の担当替えで待たされるも、この日は自宅で仕事、0120回線なので問題なし。
 請求は全て削除されたうえで、該当カード番号がiTunesストア上で無効化されました。 先に書いたように、本来のApple系の私の買い物は別カードで行なっているので、この処置に不満はありません。

 で、Appleサイドとしてはここまでで、カード会社の方には特に連絡しない、とのこと。 まぁ、それはありえないんだけど、個人情報保護の関連でそう言わざるをえないんでしょう。
 ならば、とこちらが勝手に連絡入れておきますよ、とすぐにカード会社に連絡、事の顛末を報告。
 カード会社側も請求元が請求を撤回した以上何も文句はないわけで、ただし問題の起きたカードは無効化され、新番号で再発行する、とのこと。
 
 落ち着いてあれこれ考えるに、なんでこんなことになったのか。
 以前にも別カードで中国経由の引き落とし時に想像以上の対応になって驚いたことがありましたが、今回のカードは、amazonとYahoo!でのショッピングのみで、それ以外での使用は一切ありませんでした。
 にも関わらず、裏面のセキュリティコードまで抜かれた可能性があるというのは恐ろしいというかなんというか。

 この点、苦情ではなく、何なんでしょうね?的に電話口の女性に話してみると、最近はカード番号の特性を分析し、あとは短時間に膨大な数の順列組み合わせをサーバーに浴びせることで解読するケースもあるそうです。 それって何度かログインに失敗したらアクセス拒否になるシステムはどうなってるの?と思いつつ、それが麻痺するくらいのDDos的なやり口なのかもしれません。
 あ、いや、amazonのマーケットプレイスかなぁ。 ラズパイ関連で何度か中華店舗から買い物したし。 だとすると、amazonは出品者にカード情報を流している?

 ともあれ、海外旅行にも行ってないし、店頭でも使用していないからといって安心できる時代ではなくなったということです。 私に限ってカード詐欺なんて、と思わずに、毎回請求書のチェックを欠かされませぬよう..

| | コメント (0)

久々に体調を崩した(謎)

 ここしばらく、体調不良の覚えがない、いわゆる健康だけが取り柄。
 そんな私のお腹が、えもいえぬ不快感に襲われたというお話。

 思えばその前々夜、未明にお腹を下したのが前兆だったのかもしれません。
 翌日は自宅で仕事。 いつものごとく余っていたご飯を玉子めしにしてお好み焼き風に焼いたものを昼食にしました。
 そしてこのあたりから時間が経つにつれて、なにか気分が悪いというか、でも何処かが痛いというわけではない、いわゆる不快感が募ってくるように。 そういえば運動不足か、とプールに行ったら、ちょっと頭がふらついてきました。

 あれ?なんだこれ?と狼狽つつ、天涯孤独、常在戦場。 
 幸い、夕食の材料は前日に買っていたので、なんとか調理。 豚の生姜焼きは結構好きなのに、なんということでしょう。 私の辞書から消えたかと思われていた「食欲がない」という有様。 一人前をやっとこさ口に押し込むという感じで、こんなの俺じゃねぇ!
 
 思えばここしばらくいい睡眠が取れてなかったからか、とも思い、愛用の胃薬であるキャベジンを嚥下、9時には布団に入ってとにかく寝ることに。
 その間も、お腹周りを中心とした不快感は収まらず、軽い嘔吐感と軽い瀉下感がありつつ、しかし実際にそれは起こらないという中途半端さが続いています。
 さらにどう寝返りを打っても出っ張った骨が痛くなって、確かに煎餅布団ではあるけど、あぁこりゃ自律神経系がトラブってると確信。 このお腹周りの不快感も消化器系の不良だということになります。
 
 とはいえ、胃薬はさっき飲んだばかりだし、とにかく寝る。 酒なんか要らない。 タバコ吸ってた時も似たようなこと感じたけど、酒は健康だからこそうまいんだなぁ、と痛む体を寝返り打ちながらひたすら寝続ける。
 そして朝、都合十時間寝たにも関わらず、ほとんど体調改善せず。
 
 軽い嘔吐感と瀉下感も続いているものの、まぁ人前で突然催すこともないだろうと、登校。 この辺りでげっぷが多く、その中に昨夜食べたものの匂いがするのに気づきました。 つまり胃から食べ物が動いていない、と。 昼過ぎにはこれまた十年ぶりくらいかと思える胸やけを体験。 この間、便通はもちろん、おならも出ません。 いよいよ消化器系が鈍い感じです。 

 こういう時に限って夜は夜でGSの監視バイト。 とりあえず(諸説あるけど)消化が良いとされるうどんを食べ、再びキャベジンを飲んで出勤。 まぁ仕事とはいえ、こちらはずっと座っていられるので、一種安静みたいなもんです。 幸いにして腸も動き出し、徐々に胃が軽くなってくるのを感じます。
 朝になってやっと便意も回復。 リアルな話、出たものの色が薄かったことから、一時的に胆汁が少なくなったせいで消化が滞ったのかもしれません。
 
 でも、なぜそうなったのかまでは思い当たらないというか、確かにいろいろ悩みはあるものの、これといって過大なものではなく、この程度のストレスでこんなことになるとするなら、今後が思いやられるというもの。
 健康だけが取り柄っての、奢れるものは久しからず也、ってことでしょうね。 自愛自愛。

| | コメント (0)

車内で急病の方がおられたため

 ほぼ毎日、と悪口を垂れたくなるほどJR西日本は遅れまくっていますが、朝によくあるのが「車内で急病の方がおられたため」という理由。
 車内で急病ってなんだろう。 いかにも繊細そうなOLが突然へなへなと崩れ落ちるんだろうか、とか想像しつつ、薄情な私は正直、んなもんホームに放り出しとけよ、と心の中で舌打ちしています。

 で、この夏、環状線のとある駅でのこと。
 ホームに入って来た電車のドアに男がもたれかかっている。 おいおい、ドアが開いたら転げ落ちるぞ、と思ってたら、その男はドア横のバーにしがみついてなんとか転がり落ちずにすみました。
 見るとかなりの老人。 よれよれのスーツを着て、手に真新しい紙袋。 誰かを訪問に行くのか。
 
 が、そのバーを握る力も徐々に衰えてきて、膝を折った状態でちょうど電車とホームの間にしゃがみ込むような形になりました。 当然ドアは閉められない。
 場所は編成の前の方で、車掌に見えない可能性もあり、私が大きく手を振って後方にダメ出しの合図。 そしてほぼ同時に車内の二人の男性が爺さんに駆け寄り、自力で立てないのを確認すると、そのうちの一人が駅員を呼びにホーム下の事務所に走り出しました。
 あぁ、合理化の皺。 昔なら必ずホームに一人は駅員がいて、こういう事態になるとすぐさま駆けつけくれたのに。
 そのうち最後尾から車掌が走って来て、どこか関係先に携帯で電話連絡。 その辺りでやっと駅員が上がって来ました。

 この爺さん、意識はあるものの、相変わらず足に全く力が入らない様子なので、とりあえずみんなで抱えてホームに引きずり出し、たまたま目の前にあった元売店の壁にもたれかけさせました。 あとは駅員に任せ、車掌はまた最後尾まで走ってドアを閉めて電車が動き出します。 この間、十分弱でしょうか。
 文字通りホームに引きずり出し、駅員呼んで手当の手配をしただけでもこれだけ手間がかかるわけで、こういうのがあちこちで起こっているのかぁ、と走り出した車内で妙に納得。
 
 最後にちょっと面白かったのは、大阪駅で降りるとき、私を含め、爺さん救護に関わった三人が「あ、どうも、ごくろうさまでした」と会釈して別れたこと。 もちろんお互い見ず知らず。
 いえ、私は薄情者ですよ。 一方通行(アクセラレーター)と呼んでくれ。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ