« どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(4) | トップページ | 無法者M.マルケスには師匠がいた »

motoGP、祝福できないチャンピオン

 これを書き出した時点でまだもてぎの録画を見てないんだけど、夕方にホンダから来たマルケスが今年のチャンピオンを獲ったというメールを見て、そうなるとはわかっていたとはいえ、正直うんざりして録画を見る気がなくなりました。
 ※その後、早回しで再生、ラストでドヴィが自滅したのを見て停止、消去。 ゴール後のマルケス&陣営の馬鹿騒ぎも見たくない。 二度見する気なし。 ただしおめでとう>クラッチロウ

 世界中で93を応援するファンの多さが46に次いで多いのは知っているけど、彼のあの傍若無人な、暴力的、時に文字通り殺人的なライティングスタイルが好きになれません。 てなことは4月にも書いてるんだけど、相変わらずの殺人ライディングが続いているのでまた書きます。
 
 順位を上げるためなら他を走るライダーにコース上でぶち当たって押し出し、時には転倒させることさえ厭わないスタイル、あれです。
 グリッド上でエンストしてもオフィシャルの指示を無視する非常識さと、それを許す関係者さの甘さ。 他のライダーにすれば「あれをやってもいいなら俺もチャンピオン取れるよな」というのが本音でしょう。

 今年限りで引退するペドロサにしても数年前、アラゴンでM.マルケスにぶち当てられてリアアクスルの配線をぶち切られなければ一度くらいは年間チャンピオンを取れていたかもしれません。
 
 レース前半は他人を蹴落しながらポイントを稼ぎまくり、ある程度チャンピオン獲得の見通しが立ったら突然おとなしい走りに切り替えて確実にポイントを守るスタイルも気持ち悪い。
 肉弾戦が好きならプロレスとかアメフトとかに行けばいいのに。 こけない曲芸が好きならサーカスに行けばいい。
 
 今頃はマルケスファンが二日酔いで喜びの余韻にまだ浸っているんだろうけど、全てのmotoGPファンが喜んでいるわけじゃない、ということで。

|

« どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(4) | トップページ | 無法者M.マルケスには師匠がいた »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(4) | トップページ | 無法者M.マルケスには師匠がいた »