« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

ラズベリーパイを一皿

Ras1

 これが以前にちらりと触れていた、ラズベリーパイ、ラズパイことRaspberry Pi。
 
 老後の生涯学習として、なんてのどかなものではありません。 というか、そういう目的なら、無事立ち上がって、ちょこちょこっと触ってしまえば、多分興味半減。
 特にスターターキットなんて便利なパッケージを買うと、市販本に書いてあるインストールディスクの事前準備すら不要で、あっさり立ち上がります。
 ではなぜ?というと、ラズパイ独自のGPIO経由による外部機器のプログラミング/操作です。

 今やこの一台でウェブブラウジング、TEXTやら表計算、その気になればメール授受も可能です。 が、それなら今あるパソコンで十分です。 いやぁ、LinuxのGUIも進化したものです。 十年以上前にRedhatで遊んでいた頃が懐かしい。

 一方、パソコンで例えばLED一個点灯させるにしても、RS232C端子を失ったPCですら面倒になったし、マックに至っては事実上不可能に近い。 
 しかしこのラズパイにはGPIOというI/Oポートが最初から用意され、単純なスクリプト(例えばPython)で簡単に実現できます。
 
 つまり、これを使ってVNCが使えない制御機器や監視機器を遠隔操作してしまおうとお仕事です。
 ラズパイ自体にはVNC搭載済みなので、制御したい機器の画面をジャックし、それを見ながらUSBマウスをエミュレートした外部基盤を使って遠方から操作する、という流れ。 その外部基盤制御にこのラズパイのGPIOが必須となるのです。

 最初は直結で制御できるかな?と思ってたら、GPIOの電圧は3.3V、USBエミュレータの電圧は5Vということが判明。 これを電気的に昇圧するのは結構難しそうなので、またもやリレーでやっちまおうと、すでに複数の3Vリレーとそれ用基盤も調達済み。
 
 と、理論的には可能なはずなんだけど、多分そう簡単じゃないと思いつつ、なんとしてでもこの前期後期の休みの間に完成させねば...

Ras2

| | コメント (0)

リモートチャイムの落とし所

 ドアを閉めるとリビングのインターホン(ピンポン)が聞こえにくいことから導入したリモートチャイム+電子工作
 相変わらずテーブルに物を強めに置いたり、壁に振動が伝わると誤動作します。
 ただ、これらは本来のドアホンの音より多分強くて、ミュートするとドアホンの音を拾わなくなるのも大体わかってきました。 まぁ、壁ドンってすごい音圧だもんね。

 ならば、宅配便が来ない時間はこのシステム切っちゃおう、と考えたのがタイマーとの組み合わせ。
 本来ならこれも電子回路でやりたかったんだけど、意外なことにない。
 スイッチON後何秒で切れる、ってのは多数あるし、実は自分でも仏壇の灯明用に作ってます。 ところが毎日決まった時間にON-OFFを繰り返す昔ながらの100Vタイマーみたいなのがない。
 無理やり作ろうとすると、結構お高いデジタル時計にさらにプログラミングICを加えるとか、なんか不自然な感じになります。
 
 だったら、その昔ながらの100Vタイマーを探すと、あった。 懐かしの細かいピンでON-OFFをコントロールするタイプが千円を切っています。
 リモートチャイムの本体は単三×3の4.5V。 ならばこれをタイマー経由のACアダプターに置きかえ、ついでに留守時に備えて手動のON-OFFスイッチもつけてやれ、と改造したのが写真の姿。

Chime3
 左のタイマーに接続されているのが家に転がっていた5VのACアダプター。 このDC側を、電池を抜いたチャイム本体に結線。 さらに正面にトグルスイッチを追加。
 そしてタイマーを朝9時から夜7時半にセットし、その時間以外は鳴らないようにしました。
 
 これでどや? 次の仕事が待っとるど。

| | コメント (0)

宅配運賃 vs 電車代

 てなことで、前座の工作の仕上げに、やっぱりあれがいるなぁ、これもかぁ、なんてことになり、久しぶりに日本橋に行ってみようかと思いました。
 あっと、でも電車代いくらくらいかかるんだったっけ、と調べたら、なんと片道420円! 往復で840円!
 対して通販だと、東京の秋葉原からでも送料500円。 なんか急に家を出る気をなくしてしまいました。
 
 たかだか差額340円と言うなかれ。 電子部品は一個数十円と言うのも珍しくありませんからばかにできません。 あ、この運賃500円というのは、あくまで一つの独立したお店の通販によるものですから、モノによってはamazonプライムで0円というのもある今、そうなるともうゼロによる割算、勝負になりません。
 この電車代、乗り換えなしで日本橋(恵美須町)までたどり着ける阪急ー大阪地下鉄が、共に初乗り料金を取るためにこの価格になるのですよね。 いや、乗り入れってそういうものかい?
 
 いや、リアル店舗をぶらぶら回れば、また思いがけない出会いもあるだろ?とはわかってはいつつ、たまたまの三連休、おそらくそこそこ混んでいるかも、とかも考えてしまいます。

 私は地方に明日はないと言う派でして、その理由の一つが距離、すなわち移動コストを挙げていますが、JRだけだと大阪・梅田まで180円で行ける場所に住んでいながら(だから本は通販ではなくジュンク堂を愛用)、場合によってはこういうデバイドもあるんだ、と改めて感じた次第です。
 やっぱりリアル店舗は大変ですよ。

| | コメント (0)

リモートチャイム製作

Chime 検定が終わるのを心待ちにし、そそくさと組み上げたのがこれ。
 インターホンの呼出音に反応し、自室のワイヤレスチャイムを鳴らす、という仕組みです。
 
 ここしばらく、仕事で運送業者の世話になることが増えたのですが、夏が終わり、自室とリビングのドアを閉めると1Fロビーからの彼らからの呼び出し音が聞こえなくなります。 配達だけならチャイムが聞こえなくても、これまで通り宅配ボックスに任してればいいものの、出荷ではこれはまずい。
 一戸建てならそもそも各部屋にドアホン連動の電話があったり、増設したりできるのに、当マンションでは無理。

 そこで考えたのが、本来の呼出音に音で連動するチャイム。
 で、実はそう言うのはすでに商品として販売されています。 ところがネット販売のレビューを見ると、元々防犯を目的としているのでマイクの感度が高く、調整ボリュームを最弱にしてもポテチの袋の音で反応するほどの敏感さだそうです。

 ふむ。 それは困る。 インターホンがあるリビングで家人が普通に生活するだけで自室のチャイムが鳴りまくるというのは嫌だ。
 では自作?とAmazonやいつもの秋月電子を中心に探して見ると...
 
 1枚目写真の一番上がワイヤレスチャイムのスイッチ(本体は写っていません)。 これにはセンサーなどはなく、単なる押しボタン。 ワイヤレスなので配線は不要です。
 その下が、秋月電子とラジオライフが共同企画した音センサー。 これはPIC24という制御用ICが組み込まれており、その気になれば(リーダーライターが必要だけど)パラメーターの書き換えができます。
 そしてその出力でリレー、それも今時の無接点リレーの基盤がその下にあり、こいつが一番上のボタンスイッチをONにするわけです。 一番下にぶら下がっているのは電池。

Chime2 はんだごてを握った工作自体は二時間程度で終了。
 しかし、やっぱりこれも色々な音を拾います。 チャイム連動は1Fロビー、ドア共にちゃんと拾うものの、前にあるテーブルにテレビのリモコンを置く音にも反応したりと、まぁそんなものかと。
 先にICの書き換えができる、とは書きましたが、リーダーライターは持っておらず、新たに買うとなると5,000円ほどかかりますから、まずはもっと廉価な方法で調整することにしました。
 
 で、100均で購入したのは下の写真に写っているプラスチックの小物入れ。 これにみんなまとめて入れ(押しボタンは分解して基盤のみ)、場合によっては小さな穴を開けて、めっちゃアナログに感度調整をすることで様子を見ることにしました。

| | コメント (0)

アップルストアに残ったSEはどこへ?

 今回のAppleの発表でアップルストア(以下ストア)から消えたのはSEだけじゃないけど、個人的に興味があって発表後の朝にAmazonでSEを検索すると、32GBモデル新品がなんとストアから一万円安の29,000円ほどで売られていました。 え?まさかの販売打ち切りに業者の狼狽売り?
 それはともかく、この時点で各色残が2〜4とか品薄感が伺えました。

 このままどんどん底値になって、在庫が切れてはい終了?と思ったけど、そのまま私は例の検定試験に。
 試験会場から昼休みに再度見てみると、3万円台に上昇。 そして在庫は相変わらず一桁。 どうも価格は持ち直したっぽい。 そしてどこからか商品が補充されている?

 で先ほど、ですから発表後四日目の状態はというと、ほぼストア価格の39,800レベルに復活。 プレミアを狙ってか中古ではこの価格以上のものもちらほら。 しかし在庫は面白いように一桁台。
 
 Apple製品の型落ちは、再整備品と共にストアのバーゲンで出ますが、キャリアとの卸売の関係からかiPhoneはここには一切出てきません。 でもAppleは在庫持ってるよね? いつも標榜しているエコロジーの点からこれらを即廃棄するとは考えられない。

 ということは市中の販売店にそろっと処分価格で渡すってのもあるはず。
 で「え?あの小さいiPhone無くなるの? 今のうちに買わないと」と常にApple情報をウォッチしていない層のワンテンポ遅れた反応もあって、在庫の売れ行きはそこそこ好調、だから価格は一旦下がった後に盛り返した、と。
 
 なんでこんなことを細々書いているかと言うのは、これから大きなiPhoneに全部がシフトしてゆくのだろうか、日本の消費者はどう反応するのだろうか、というところに興味が残るからです。
 
 あ、上記Amazonウォッチ、不思議なのは32GBよりも大きな容量の新品SEは一切出てこないこと。 もしストアでここしばらく32GB以外の在庫を減らしていたのであれば、私の仮説はそこそこアタリと思いますが、さて。

| | コメント (0)

新型iPhone(2018)って高すぎない?

 One more thing...、発表の最後で「SEは何も変わらないよ。ただNFCがついただけさ」なんてシラーが言うかな?なんて寝ぼけた期待はあっさり裏切られ、それどころかAppleストアから完全に消されたiPhone SE。
 
 そっか〜、そういうことか〜、と絶望しつつ、新型のボディサイズを調べたらやっぱりでかいでかい。 その後、価格を確認してびっくり。 11万?17万? いやいや、廉価版的存在があったはず、とXRを確認したら、それでも8万円台。
 発売停止直前のSEはほぼ4万円だったことを考えると、なんか異次元的な高さを感じてしまいました。
 
 11万とか17万って家電なら何が買えるの?とたまたま手近にあった家電量販店のチラシを手に取ると、6ドア冷蔵庫とか8畳クラスのエアコンに相当します。 当然定価はもっと高くて、多分十年くらいはなんの不自由なく使えるはず。
 
 新型iPhoneの大画面と向上した性能は、ゲーム、映像視聴、VRなどのメディア体験を向上させるらしいけど、んなもんをiPhoneに期待してないiOSユーザーは何を買えと言うんでしょうか。

 Apple製以外なら気の利いた小型スマホがぼちぼち出て来ているものの、Androidを使う気はさらさらない。 それほどiOSが圧倒的に優れいると言うわけじゃなく、Mac、iPhone、Watch、AirPodsなどの一連の流れができあがっている以上、ここにAndroidを挿れることはもはや不可能。

 つまりOSを握っているAppleは、ユーザーのQOLを大きく左右するわけで、ならばポルシェのような製品だけを生産するような商品ラインナップでいいのか、と首を捻るばかり。
 小さいのは儲からないから、とAppleは思ってるようですが、別にトラバントが欲しいとは言ってません。 バンデンプラプリンセスくらいはいつでも買えるようなラインナップがあっていいはず。

 で、驚くのは、発売直後の街のTVインタビュー。
 高いと言う人も紹介しつつ、むしろ、高いけど欲しいからなんとかして手に入れたい、と笑顔で答える人が多かったこと。
 もちろん端末代割賦の大手キャリアでの購入を前提にしてる人がほとんどでしょうけど、なんかこの国すごいな〜、と呆れてしまいました。

| | コメント (0)

もうすぐ新ネタ封印解除

 明日です。明日。
 ちょいと訳あって、とある国家検定試験を受けます。
 合格は多分難しくて、恐らく50%くらいしか得点できないと思います。 だって夏前から立てていた対策勉強が甘かったから。
 まぁそれは自業自得。 反省はするけど後悔はしません。

 一方で夏真っ盛りの頃から新しいシステムというか技術的な話があって、そちらのほうへの好奇心を検定まで抑えるのが必死で、これで封印が解かれるかと思うと、そちらのほうが正直嬉しくてワクワクします。
 いえ、検定へ向けての勉強も、知識というか知恵という面でこれはこれでゾクゾクするほど楽しかったんですけどね。 でもそれを超える新たな興味。 これが勃興するともう止められない。 新形iPhoneの発表なんてどうでもいい。

 でも写真に写っているのは、いわば肩慣らし程度。 実はこの後に本尊との遭遇が待っているという幸せ。
 明日の受験が終わったら、その足で我が愛しのジュンク堂に寄り、あれとかこれとか、えっ!?そんなものまで?と、本を探すのですよ。 そしてそれを深夜バイト中に貪り読むのですよ。 
 あぁ、このひと時、この悦楽。

 あ、もちろん検定も最後の最後まで頑張ります。 でも不合格なら永遠の闇歴史庫に封印...
Circuit1

| | コメント (0)

嘘ばっかりのJR西運行情報

 マンションが風で揺れるほどの未曾有の台風から明け、気象警報も出ていないので、さぁ今日が私にとっての夏休み明け。
 ところが交通機関がよれよれで、それでも各交通機関のwebを参考に、大阪までJR、そこから阪急か阪神で三宮まで行くべ、と決心。
 その最中、もし出勤が難しいようなら無理をしなくても、という連絡が職員から来るも、どういうわけか今日に限って、いや、少人数でも登校して来る学生の面倒を見なくては、とやる気満々。

 ま、少々遅れてものんびり行けばいいさ、と胸を張って清々しく最寄りのJR駅に。 
 あ?止まってる。 うそ。 大阪までは動いているはずじゃ。 というか、さっき外側線を新快速が全速で駆け抜けてたよね。 最近あちこちで書かれてるけど、このJR西日本運行情報、うそばっかり。

 しゃーない、阪急で行くべ、と15分徒歩。 淡路から十三まで混んでた。 それでも神戸線に乗れた。 うん、これなら20分くらいの遅れで済むな、と思ったら岡本のあたりで午前の休校が決まったと非常勤仲間からLINE。
 なんでやねん、もっとはよ言うてくれや、と思いつつ、午後の授業があるかも知れないのでとりあえずそのまま登校。 到着後30分ほどしたら、午後も休講と決定だぞなもし。 もし。 もし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

 交通費は出るけど、昼飯代の赤字。 朝からやる気が出たこと自体が厄災の始まりだったと心得るべし。
 
 昼を過ぎてもJRは動かず、また阪急で帰路に。 時間が時間なのでそれほど混んでないのは良かったんだけど、帰りにICOCAのチャージに寄った最寄りJR駅では、サイネージでは止まっているはずの我が路線から人が降りて来た。 つまり動いている。
 ほんと、嘘ばっかり>JR西日本運行情報

| | コメント (2)

マンション揺れとる...

20年住んでるけど初めてやな。
酔いそう...

道路に何かおちてるし。
Wind

| | コメント (0)

UFJでSTMというのに出会った

Stm 昨日、なんでPay-easyやないねん、とぼやきつつ、国民健康保険代を払いにUFJに。 すると9-15時で閉まってしまうエリアに変な機械が一台。
 どうみてもATMなんだけど、税公金・振込自動受付機というサインが懸かっています。
 要するに大きさもレイアウトもバラバラな各種帳票を読み込んで、支払い‏/振込ができるわけです。
 STMはStore Teller Machineの略なんだそうですが、なんだかすっきりしない英語です。 ATMとの差を明確にしたかったんでしょう。 ただ、STMというのはUFJ独自の命名で、業界ではATMの一つとして捉えられているようです。
 
 この日はとても窓口が空いていて、案内係がついた爺さんに占領されたこのSTMよりも窓口の方が早かったんだけど、とりあえずこれは試しておかなければ、とわざわざ爺さんの後に並ぶことに。
 自分の番になった途端、案内係が「領収書が大きいのですがよろしいですか」と念を押してきます。
 種々様々な納付書の領収欄にスタンプなり文字記入をするのではなく、納付書全体をコピーし、空きスペースに領収を証明する記載をした領収書が出てくるんですが、A4なので確かに大きいといえば大きい。 当然、手軽に財布の中にしまうことは無理。 でも、とりあえず窓口が混んでいる時には、無いよりはマシでしょう。
 ちなみにATM的なことは残高照会のみで、現金の引き出しはできません。(当たり前だ、そうなったらたちまち普通の行列ができてしまう) 

 ただ、新しいメカとの出会いなのに感動やら感謝が湧いてこないのは、15時で姿を隠してしまうこと(銀行休業日には一切使えない)と、既にこのOCR技術を使ったフレキシブルな読み取り技術は郵貯ATMで既視感があるからでしょうか。
 というか、これは金融機関のせいじゃないけど、こういう振込類はすべからくPay-easyだとかQRコードにするべきなんじゃないかと。 例えば国民年金は以前からPay-easy対応ですから、費用やら手続きやらあるとは思いつつ、単に役所のやる気の問題じゃ無いのかと。
 もっとも私の場合、そうなったら家からインターネットバンキングで入金しますから、このSTMを使うことはなく、ある意味、非常に中途半端な目的を抱かされた、刹那的な存在だともいえるのかも知れません。
 
 まぁこれも昨今報じられている銀行の人減らし対策の一環ですよね。 多種多様な振込に対応できる高給社員(派遣含む)を単なる案内役に切り替えれば人件費は下がるし、さらに無人化できるかもしれない。 あ、いや、機械の使い方がアッパラパーな年寄りがいる限り無人化は無理かな。 理解できない自分に腹を立てた年寄りが機械を打ち壊すかも。

| | コメント (1)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »