« NVRという中華監視カメラシステム | トップページ | 酒を一週間ほどやめてみたんだが »

「不快い」は「不味い」よりまずい

Med1

 夏休みの間にやっておくこと、の一つが内視鏡検査。
 胃は毎年、大腸は二年に一回、と思いつつ、間に普通のレントゲンとかを挟んで三年くらいご無沙汰していました。
 今回は知り合いの関係もあって、これまでとは違うところで受診。

 普段から薬を滅多に飲まないせいか、点滴に混ぜられた睡眠薬の効き目著しく、相変わらず目が覚めたら全て終わっているという平和ぶり。 あ、でも胃の中でセンマイがブリブリ動いている違和感は微かなモニター映像と共に残っているので、こちらの医者は少々荒っぽいのかも。(胃の入り口に軽い出血筋もあったし)
 5〜7mmのポリープ一個切除、最終結果は一週間後ということで、まぁそれはそれで良し。 あ、良くない。 ポリープ削除ゆえにアルコール摂取が禁止されたのだった。 ま、それは改めて書くこととして...

 では題名は何かというと、例の検査前に胃から直腸まで空っぽにする準備の話。
 一日前に食べるように言われたおかゆ中心の準備食は意外と美味しくて、かつ腹持ちもよく、これで保険非適用ながら1,200円って、普段のダイエット食に欲しくなるほどでした。
 一方で、いわゆる最後の最後まで飲み続けなければならない液体下剤の不味いこと不味いこと。 いやもうこれは題名のごとく、不味いを通り越えて、「不快い」としか表現のしようがありません。
 
 名前はムーベン。 なるほど「Move便」。 中身は、と見ると、ほとんどがナトリウム。 まぁ、人為的に下痢を起こしっぱなしにするわけですから、水分と塩分の補給は必須。 でもそれじゃ血圧が上がるので、カリウムもちゃんと入っている。 炭酸水素ナトリウムって聞いたことあるような、と調べたら、あぁ重曹ね。 だから排出物に泡が立つのか。 これは以前の検査で貰ったのには入ってなかったなぁ。
 
 なんて平和なことを言っている場合ではない!
 とにかく不味いのである。 女性でよく嘔吐感を催す人がいますが、そういう人に一本完飲はちょっと無理なんじゃないかと。
 こういう類の話で思い出すのが胃レントゲンのバリウムだけど、これって今や味や粘度が進化してるので、この下剤と比べたら、むしろ美味いとまで表現してもいいでしょう。 
 でも効き目は良いようで、四時間ほどで完全に綺麗になりました。 確か、前回はどここまで綺麗には流れなかったような覚えが。 逆に少し強すぎるのか、一旦銀行によってから医院に向かおう、と思ってたのに、また家に一旦戻る羽目にも。

 でも面白いですねぇ。 これだけ立て続けに無色透明の液体しか体に入れてないのに、出てくる液体の色は黄色。 胆汁万歳。 赤血球さんご苦労様(アニメ「はたらく細胞」の見過ぎ)
Med2

|

« NVRという中華監視カメラシステム | トップページ | 酒を一週間ほどやめてみたんだが »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NVRという中華監視カメラシステム | トップページ | 酒を一週間ほどやめてみたんだが »