« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

酒を一週間ほどやめてみたんだが

 てなことで久々の内視鏡検査の結果、腸にあったポリープを削除。 と同時にアルコールが一週間禁止となりました。
 その話を聞いた時は、うっそーと焦りましたが、すぐにいや、これはもしかしたらいい機会かも、と。
 
 というのは、ここしばらく酒への耐性や依存度が上がってきたのか、翌日、二日酔いではないけど、なんとなくダラっとしているのを感じていたからです。 これは毎夜の家飲みのせいかな、と。 でも頭痛いとかじゃないし、なかなか酒量減らせないしな、なんて考えていたところだったからです。
 あ、健康診断で肝臓系数値は全く問題なし。 それどころか、GOT/GPT/γ-GTP数値は過去最低を更新。 ということで決してドクターストップとはではありません。 
 ポリープ削除後に処方された炎症化膿止めの薬は五日分。 ならその五日間、禁酒してみるのも良い機会としました。 まぁ、夏限定とはいえ今は良いノンアルコール飲料もあるしね。
 
 で、結論。
 仕事、めっちゃ捗ります。
 
 今、マンション隣のビルが解体工事にかかってるので、朝寝ができません。 自宅で仕事してると、昼ごろまでひとしきり頑張って、昼食とともに淡麗グリーンを一缶。 そして一時間ほどシエスタ。 そこからまた仕事再開。
 これが酒なしだと、朝から夕方まで高い集中度保ったままでびっしり維持できますから、トータルで1.5倍ほどの仕事効率。 おかげで、地震で仕事がほぼ無くなったプール監視員の収入が補えました。
 
 なら良いじゃないか、もう酒なんてやめてまえ?
 いや、毎日が全然楽しくありません。
 「ここまで頑張って仕上げたら昼飯にしよう」「夕食まで頑張って終えてしまおう」なんてモチベーションが沸いてきません。 風呂上がりの楽しみもないし、寝るまで頭はすっきり素面。 当然寝つきも悪い。
 これが数日続くのかと思うと、どんより。 でも仕事バリバリ。 なんだかな〜。
 
 と、これを書いているのは忌明け後。 久々の振り上がりの淡麗からバーボン、麦焼酎に流れた夜となっています。 そして、何より殊勝に医者の指示に従った理由が、翌週(今日だ)に予定されている学生とのBBQ。 うん、これは心置きなく楽しみたいな、と。
 
 あ、やっぱりたった数日抜くだけで酒に弱くなってる。 だんだん何書きたいかわからなくなってきた。 あぁでもこれが酒の楽しさ、気持ちよさ。 これ読んでるお知り合いのみなさん、飲みに行きましょう。

| | コメント (0)

「不快い」は「不味い」よりまずい

Med1

 夏休みの間にやっておくこと、の一つが内視鏡検査。
 胃は毎年、大腸は二年に一回、と思いつつ、間に普通のレントゲンとかを挟んで三年くらいご無沙汰していました。
 今回は知り合いの関係もあって、これまでとは違うところで受診。

 普段から薬を滅多に飲まないせいか、点滴に混ぜられた睡眠薬の効き目著しく、相変わらず目が覚めたら全て終わっているという平和ぶり。 あ、でも胃の中でセンマイがブリブリ動いている違和感は微かなモニター映像と共に残っているので、こちらの医者は少々荒っぽいのかも。(胃の入り口に軽い出血筋もあったし)
 5〜7mmのポリープ一個切除、最終結果は一週間後ということで、まぁそれはそれで良し。 あ、良くない。 ポリープ削除ゆえにアルコール摂取が禁止されたのだった。 ま、それは改めて書くこととして...

 では題名は何かというと、例の検査前に胃から直腸まで空っぽにする準備の話。
 一日前に食べるように言われたおかゆ中心の準備食は意外と美味しくて、かつ腹持ちもよく、これで保険非適用ながら1,200円って、普段のダイエット食に欲しくなるほどでした。
 一方で、いわゆる最後の最後まで飲み続けなければならない液体下剤の不味いこと不味いこと。 いやもうこれは題名のごとく、不味いを通り越えて、「不快い」としか表現のしようがありません。
 
 名前はムーベン。 なるほど「Move便」。 中身は、と見ると、ほとんどがナトリウム。 まぁ、人為的に下痢を起こしっぱなしにするわけですから、水分と塩分の補給は必須。 でもそれじゃ血圧が上がるので、カリウムもちゃんと入っている。 炭酸水素ナトリウムって聞いたことあるような、と調べたら、あぁ重曹ね。 だから排出物に泡が立つのか。 これは以前の検査で貰ったのには入ってなかったなぁ。
 
 なんて平和なことを言っている場合ではない!
 とにかく不味いのである。 女性でよく嘔吐感を催す人がいますが、そういう人に一本完飲はちょっと無理なんじゃないかと。
 こういう類の話で思い出すのが胃レントゲンのバリウムだけど、これって今や味や粘度が進化してるので、この下剤と比べたら、むしろ美味いとまで表現してもいいでしょう。 
 でも効き目は良いようで、四時間ほどで完全に綺麗になりました。 確か、前回はどここまで綺麗には流れなかったような覚えが。 逆に少し強すぎるのか、一旦銀行によってから医院に向かおう、と思ってたのに、また家に一旦戻る羽目にも。

 でも面白いですねぇ。 これだけ立て続けに無色透明の液体しか体に入れてないのに、出てくる液体の色は黄色。 胆汁万歳。 赤血球さんご苦労様(アニメ「はたらく細胞」の見過ぎ)
Med2

| | コメント (0)

NVRという中華監視カメラシステム

Nvr1 せっかく監視員に採用されておきながら、地震でプールが閉鎖され時間が余っています。
 こういう時こそ溜まっていたあれこれを片付けねば、と、友人が自宅用にと買った監視カメラのシステムを調整することに。  同じ監視でもプールではなくカメラ。 いまどきこんな暗視機能もついたカメラが8台もついて五万円前後だなんて皮肉抜きで中華テクノロジーが凄すぎます。

 友人が困っているのは、カメラが階を隔てると途端に感度が悪くなること。 送ってくれた取説を覗くと、カメラと本機はIPで繋がっているとあります。 ならばリピーターを立てれば問題解決じゃない? とアドバイスの結果、友人はリピーターを新たに追加購入。 ところがこいつがうまく行かない。
 
 あらかじめ書いておきますが、付属マニュアルが最近の中華製でおなじみの「日本語はちゃんとマニュアルが記載」レベル。 そしてさらなる詳しい設定は英文というやつです。 つまりわかりにくい。 いや、技術的なことは英語の方がむしろわかりやすいけど。
 
 どうやらカメラを司るIPはIPでも、非常に閉じた世界を構築しているようで、まぁ、それはそれでセキュリティ的には納得できない訳じゃない。 でもこれは面倒なことになったな、と本機やらカメラ、リピーターを借りて私の自宅でさらなる実験をすることに。
 とりあえずネットで情報蒐集して見るべ、と設定画面いっぱいに表示されるNVR(多分Network Video Recorder)という言葉を叩くと、なんだか一杯ブランドが出てきた。 しかし画像を見る限りみんな似たり寄ったり。 どうやら中心となる中国のメーカーが開発し、それを寄ってたかってOEMでパッケージングしてる感じです。
 
Nvr2 しかしネットを見てもカメラを普遍的なIP技術で拡張することについてのネタはなく、ならば閉じた世界なりの方策を考えねば、と今度は同じ系統らしき商品群からリピーター付カメラというのを見つけて追加して見ました。
このセッティングをしながら見えてきたのが、どうやらブランドは違えど、セッティングソフトは同じじゃないか(つまり開発元は一つ)、ということ。 そして、このリピーターカメラ、1対多は無理で、中継するカメラを登録してやらねばならないこと、そしてそれには限界があって、リピーターカメラは最大1系統2台まで、そして終端となるスレーブカメラは一台まで、という制限があります。
もし購入した本機が8ch機だと、最大でリピーターカメラ5台、スレーブカメラが3台となるのですが、これがわかるまで少し時間を要しました。

とはいえ、とりあえず実験用に手元に持ってきたリピーターカメラにスレーブカメラを登録し、ちゃんと視聴できる事は確認。 そうなると、次はこの映像をリモートで視聴できるようにしなくてはなりません。

まずはPCで、と作業に取り掛かると、i.e.を強制的に勧められます。 当然Macは完全想定外。 Windowsであってもchromeは「Internet Exprorerを使ってください」という垂れ幕が出てその先に進めないという排他的思想。 おいおい、Microsoft自らが、もうEdgeにしてね、と懇願している時代ですよ?
さらに、i.e.(on Windows7)であっても、「ドライバをインストールする必要がある」と言われ、恐る恐るインストールするも、「エラーが起きました」とレコーダーのリモート視聴ができません。(なお、この時のインストール画面でソフトウエア製造が上海ブランドであることを確認)

PCでダメならスマートデバイスはもっと無理だろう、と絶望しつつ、とりあえずiPhone用アプリをダウンロードし、マニュアル通りの本機ドライバ固有のIDを入力したら、あら、あっさり接続成功。 それも結構綺麗。
いや、確かに実験に使ったうちの仕事用ネットワークは固定IP持ってるけど、そんなものはどこにも入力していません。 この本機レコーダーへのルーティングもしていません。
URLとかを見る限り、どうやら開発元が一括してクラウドをかましているようで、恐らく本機が立ち上がって、ネットワークに接続された瞬間にまずダイナミックDNS的所作でこちらのIPアドレスを通知、さらにVPN的なものを勝手に構築しているようにみえます。 

う〜ん、確かにパスワードをかけられるようになっているものの、これって何をクラウドに送信しているか非常に不安にもなります。 開発元が中国であることとと、この国の監視主義を考えると、技術開発企業や公的機関は採用を熟考した方が賢明かもしれません。
一方で、この同規模のシステムを全て既存の日本製に置き換えると10〜20倍の初期コスト+ランニング保守コストが必要だそうですから、ある意味最近のアジアにみられる国家への中国金融システムとも共通した巧妙な罠なのかもしれません。
 いうまでもなく、上記構築に失敗したPC用のドライバーは即消去し、これだけスマートデバイスで視聴できるのであれば、もうPCでの設定は不要と、以後は触らないことにしました。

あ、何の話だったっけ。
まだこの友人宅のシステム完成には時間が必要ながら、最低限のパスワード(それすらバックドア的オールマイティパスワードがあるとも考えられます)による自己防衛は忘れずに。 でもとりあえず使い物にはなりそうです。 しかも超廉価で。


| | コメント (1)

とりあえずの万能薬、は無い?

 息子が虫に刺され、とりあえずオロナインを塗った、という会話がふと耳に入り、それに「あぁ、とりあえずの家(うち)の万能薬、オロナインな」と相づちが打たれていました。
 
 そうそう、うちもオロナインかな、でも昔はメンソレータムだったな、なんて考えてたら、数日経って今度は自分の腕が何か虫みたいなものに刺されてしまいました。
 刺されたところを中心に、ちょっと毒々しい赤みが広がっていて、蚊よりは手ごわいかな、とそれこそオロナインを探して塗ってみましたが、丸一日経っても何の改善も見られません。 ん?切り傷とか擦り傷なら、ITiPS細胞でも入ってるんじゃ無いかと思う(そんなわけがない)くらいすごい再生力なんだけどなぁ、と合点がゆかなかったのですが、そういえば以前にも似たようなことがありました。
 
 それは七年前に書いたあせも薬の件
 市販の皮膚薬なんて適当にかゆみ止めと殺菌剤が練りこまれている程度でしょ、なんて思ってたのを反省させてくれましたっけ。
 
 ということは今回の虫刺されも?、とこれまでオロナインの陰でほとんど出番がなかったムヒを探し出して塗ってみました。 するとその通り、刺された中心が小さい粒状になって固まり、赤みも見る見る治ってしまいました。
 うーむ、餅は餅屋ということか。
 
 ということで、訳あってたまたま手元にある薬関係の本で調べて見ると...
 ムヒとあせもクリームは成分がほぼ同じで、かゆみを抑える成分として、前者がメントールとカンフルを使っているのに対し、後者がクロタミトンを使っています。 うん、確かに刺激はムヒの方が強い。 一方であせもは虫刺されより痒みはゆるいながらも、より患部が広いので刺激は弱くてちょうど良いのか、
 対して、オロナインはそういったかゆみや炎症を抑える成分はほとんどなくて、クロルへキシジングルコン塩酸という殺菌剤が主成分となっていました。
 あっ! 箱に「虫刺されには使用しないで」と書いてある。 そりゃ効きが違うはずだ。 あ、でも他は3類なのに、オロナインは2類だ。

 いやしかし、ということは、オロナインのすごい再生力は薬のせいじゃなくて、殺菌を経たヒト自らの回復力ということになります。 う〜ん、それもすごい。 ある意味、薬の中の薬。
 
 てなことで、万能薬なんてあるわけがなく、適材適所ということですかね。
 なんてこと調べてる場合じゃないのだがな...
Medicine

| | コメント (0)

これがC.P.R.(心肺蘇生法)の資格証

Cpr なんですよ。
 天罰(?)が当たったとはいえ、涼しさ&水着回を期待した邪なバイトで、まさかそんなものをいただけるとは思ってもいませんでしたので、なんだか申し訳ないような。
 
 ただ、文字上ではC.P.R.というのは無くて、「スポーツ救急手当プロバイダーコース全過程修了」とあるだけです。 そして有効期間は3年間。 短かっ!!
 万が一に備えての知識は当然として、これがあるとプール監視の際にあの見張り台に上がれるそうです。
 しかし運動音痴の私が日本体育施設協会なぞから認定証を頂くとは。

 それはともかく、この証明カードの写真が酷い。 元が元だけに望外の理想があるわけではないけれど、施設職員が普通のデジカメで撮った写真が酷い。
 これを見ると、街の証明書写真がいかにマシかというのが痛いほどわかりました。
 にしても、酷い面だ...

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »