« iOS「うっかりアップデート」の惨劇(2) | トップページ | これが落ちてきてたら危なかった »

UT meでTシャツをデザインしてみた

 UT meというユニクロのサービスを発見しました。
 自分のオリジナルデザインを登録し、それを基にTシャツやらトートバッグやらを作れる、さらにはそれを販売もできるというサービスで、そういえばそんなのを見かけた気もするけど、と少し調べると2014年あたりから話題に上がっています。 ん〜、知らんかった。

 で、早速作ってみたのがこれ。
 実際にこの春にずっと取り組んでいたEC CUBE3のサイトで苛まれたトラブルをネタにしています。

Utme
 
 気になったのが、白Tシャツと黒Tシャツで値段が千円も違うこと。
 理由は、黒Tシャツの場合、発色を確保するためにグラフィック部分を一旦白で下塗りする、つまり二度塗りするからだそうで、アイロンプリントで遊んでたあれこれやの経験から、ちょっと感嘆。
 
 方法としてはインクジェットプリンタを用いるとあるので、ということはシルクプリントではないのかな、と案じつつ、申し込みから審査を経て実物が手元に来ました。
 するとやはり、いわゆる樹脂を吹き付けた感じで、残念ながらシルクプリントのような吸湿性は得られないものの、見栄え自体は結構素晴らしい。
 ターゲットだった(?)web専攻の学生にもウケたし、まぁ、これで一枚でも誰かが買ってくれれば良いさ、と思ってたけど、いつまで経ってもマーケットに登録できない。
 
 なぜかこの企画、ユニクロはスマホのアプリ経由で参加させたいようで、パソコンから制作してもマーケット登録されないことが判明。 仕方ないので、ネタグラフィックをiCloudにあげて、それをアプリから取り込んで再制作してやっと登録完了
 儲かるとは思ってませんが、どこの誰かがこのメッセージに共鳴してくれたらなんというか私的フラワームーブメント。

 あ、そういえば中学の時、ピースマークを胸にプリントしたオリジナルTシャツ作ってたのを思い出した。 あのころからアイロンプリントってあったんだ...
 ピースマークだぜ、ピースマーク。 '70年代、ウッドストックだぜ。

Utme_2

|

« iOS「うっかりアップデート」の惨劇(2) | トップページ | これが落ちてきてたら危なかった »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

osCommerce改めEC-CUBE3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iOS「うっかりアップデート」の惨劇(2) | トップページ | これが落ちてきてたら危なかった »