« いや〜、揺れた揺れた、怖かった | トップページ | 阪神淡路後23年で人が学んだこと »

一見平和、だけどビミョーなインフラ

 地震の翌日は流石に私もなんとも言えない重い気持ちになってしまい、あぁそういえば阪神淡路の時もそうだったな、と。
 で、少々驚いたというか、20歳前後の学生達が全員、暗い感じになってしまいました。 彼らは阪神淡路を全く知らない世代で、さらに主に兵庫県周辺で大阪ほど揺れは大きくなかったはずなのに、です。 ただ、今はそういう一種のPTSDっぽい症状ははっきりと認められていますので、こちらとしては否定することなく、もし酷いようだったら学校や市町村の支援を仰げばいい、とアドバイスしてあります。

 んで、二日経つけど、インフラへの被害と回復がビミョーなのです。
 
 まずはmineo格安SIMの回線。
 こいつが気がつくと、いつもなら電波強度とキャリア名が出るところに「検索中」という表示になっていました。 あぁ錯綜かぁ、普段でもラッシュ時の大阪駅とかで繋がりにくいもんな、とMVNOの宿命と理解しました。
 当日は幸い出かける仕事はなかったので家の無線LANが使え、いわゆる家電話も使えたので特に不自由無し。
 そして夜になってニュースで、携帯各キャリアの輻輳制限は全て解除済み、というのを聞き、改めてiPhoneを確認するもまだ「検索中」。 いくらなんでもそりゃおかしいだろう?と再起動するも変わらず。
 ん〜? たまたま家にいるからいいものの、これじゃ携帯本来の屋外で使えんじゃんか。
 ということで、今度はsimカードを抜いて再起動してからカードを挿入。 するとやっと通常通りにキャリア名と電波強度が表されました。 これは私のiPhoneがポンコツな5sだから? でもOSは先日、望まずとはいえ11になったばかりなんで最新なんですけど?
 これがマジならmineo使えねぇ...
Mineo
 
 次に水道。
 今だに風呂を自衛隊の救援に頼っている人がいる中で贅沢なんだけど、三夜経ても水道水の微妙な濁りが収まりません。
 地震当日はそういうニュースを聞きながらも気がつかなかったのですが、夕方になって風呂桶にお湯を張ると白いバスタブだけにはっきりと薄茶緑色の濁りを確認。
 市水道局のサイトを見ると、地震で揺すられた水道管からサビが浮いたせいで、浄化を進めているのもあって時間と共に解決する、とのこと。 また、濁りイコール毒では無いし、透明ガラスコップに注いで濁りが確認できなければ大丈夫、とも記載してあります。
 なんだけど... 二日経ってさらにひどくなって、三日目になってもまだ少し濁ってる。 もしかすると水道管のみならず、うちのマンションのタンクと配管からも汚れが出た?
 ということで、風呂や洗面ではそのまま使用していますが、さすがに白米は気になるので、備蓄水で炊飯。 昨夜のトマトハヤシライスは、う〜ん、どっちみち茶色だから良いかぁ、と一応浄水器を通した上で利用。 別段味に変化はありませんでした。
 でも、これで普段白いバスタブに完全透明のお湯が溜まっていることに改めて感謝です。
 
 エレベーター
 直後から「休止中」サインが出て途中階で止まっていました。 念のため確認したけど、幸い閉じ込められた人はおらず。
 ところがこいつの回復が遅く、午後に「順次回復作業に回っていますが、数が多いので時間がかかります」というエレベーター管理会社の張り紙が。 そして回復したのは翌日早朝。
 まぁ私はまだ十数階まで歩いて上り下りするのにそう苦労はしないとは言え、あまたいるご老人達は悲鳴を上げておられました。
 で、実はうちのマンション、数ヶ月前に安い管理会社に契約を切り替えました。 それに伴いエレベーター管理会社も変更になったのですが、以前は割と有名な会社で、もしかするとこのあたりの復帰に要する時間も、安かろう悪かろうになったんじゃないかと疑っています。
 
 そしてガス。
 ガス漏れの危険があって元から止まっている場合は別として、大方はガスメーター付属の地震ブレーカーで自動的に止まっているケースがほとんどです。 おかげで阪神淡路の時のように地震直後に幾筋もの火事の煙を見なくてすみました。
 が、その後の回復方法を知らない人が多すぎ。
 ガスメーターにはちゃんと、地震ブレーカー作動時のランプ点滅→回復方法のタグがぶら下がっているのに、うちのマンションの住民は「ガスが止まって炊事できない」「販売店に連絡してもいつになるかわからないと言われた」「水は出るけど風呂入れない」とかで大騒ぎ。 おかげで近所のスーパーでは、ご飯、冷凍食品、パンなどが軒並み品切れ。
 私は直後に自分で復帰させ、昼食には娘と例の具材をかけた素麺を頂いていました。
 上記絶望的な話をしている住民一世帯だけは復帰を手伝いましたが、皆さんもうちょっと普段から意識しておきましょうよ。

|

« いや〜、揺れた揺れた、怖かった | トップページ | 阪神淡路後23年で人が学んだこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おや、そちらもお元気そうで何よりです。
 人の忘却力は時に前に進む燃料になるようで、地元であるにもかかわらずニュースで流れないと忘れそうになる程になっています。
 で、エレベーター、昨日回ってきた回覧板によると、当マンションの復活の遅さはやはり標準より遅かったようで、どうやら管理会社を新たに切り替えたのが無関係ではなさそうです。
 が、ここへの切り替えの音頭取りをした、院政をずっと敷き続けている我が裏理事長は、メンツがあるためか、いつもに比べるといやに穏便な対応が記載されていました。
 曰く「今後の改善を協議する」だとか。 前の管理会社だったらボロカスなじってただろうに。

投稿: あやおば | 2018年7月 5日 (木) 02時35分

超ご無沙汰です
お元気そうでなによりです

7年前の地震、横浜は確か震度4でしたが長い揺れを2度食らったので、高層ビルはそれはそれは揺れました
後で聞いた話ですが、みなとみらい地区のエレベーターの閉じ込められ、は30分で解消したそうです
エレベーターが機能という意味で完全に復旧したのは確か2週間ぐらいかかりましたが、その頃になると今度は節電と物流の回復の遅れで大変でした

こちらからニュース見ていても混乱も大きく無かったみたいで(震源近くは今なお大変でしょうが)、なによりです

投稿: かもめななごう | 2018年7月 1日 (日) 20時46分

 まぁあれだけのランドマークですから、そう簡単に大事に至らせるわけにもいかないでしょう。
 今回は短周期型だったそうで、うちのような十数階建てが一番不利だったのかもしれません。

投稿: あやおば | 2018年7月 1日 (日) 08時49分

そういえば、ハルカスは殆ど揺れなかったそうですよ。
免震技術は」すごく進歩してるようですね。

投稿: いんて | 2018年6月29日 (金) 20時30分

 近所の38階建てのマンションではどうだったのか。
 我が家は最大で14階ですが、このあたりが個人的には限界かと感じています。 20、30の階段を生活物資抱えて往復ってのは、少々鍛えていても難しいかと。
 そして建設ラッシュが続く大阪市内のタワーマンション、ほとんどが地盤の弱い元湿地帯や川沿いなんですよねぇ...

投稿: あやおば | 2018年6月28日 (木) 03時13分

ニュースで伝え聞くには「未だエレベータが不通の建物が多数有る」とか。

コチラではビル・マンションは高くても7階程度なので『なんとかなる?』レベルですが、ソチラだと『不便極み!』なのでしょうね。

「東京五輪」だの「IR構想」だのと夢物語に公費を注ぎ込むよりも、限界を迎えたインフラを早急になんとかしないと、東南海に襲われたら『街ごと消えるぞ!』と思うのは私だけですかね。

投稿: 蝦夷男爵 | 2018年6月26日 (火) 10時49分

ガスメーターの地震ブレーカーを知らない人が本当に多いですよね。
私は知っていたので、すぐに復旧させましたが嫁にそんなの常識やろっと言ったら会社で他の人に聞いたら殆どの人が知らなかったと・・・

投稿: いんて | 2018年6月25日 (月) 15時00分

結構大変でしたね。
ただ、怪我がなくて何より。
本や食器が落ちるほどの地震は音が凄いので余計に怖いですね。
南海トラフいつか来るらしいですが、都市部だけじゃなくて田舎も結局は共倒れのような気がします。田舎でもインフラが完全破壊されたら自力で生きていけるのは精々2~3ヶ月かな。

投稿: DS | 2018年6月21日 (木) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いや〜、揺れた揺れた、怖かった | トップページ | 阪神淡路後23年で人が学んだこと »