« 老兵再登板 | トップページ | ぐーめん、という安易食材発見 »

次に無責任な期待感に殺されるのは

 無酸素ボンベでエベレスト登頂を目指していた登山家が遭難した件、改めて詳しい報道を読んでみると結構イタい話であったことを知りました。

 これで連想したのが、イモトのエベレストも含めた挑戦。 装備やら陣容は違えども、やめるにやめられなくなっている状況は似たようなものじゃないかと。
 彼女に限らず、そしてあの番組に限らず、専門家でも難しい秘境探検や武術修行等々、みんな「やめるにやめられなくなっている」のじゃないでしょうか。
 たまたま彼らの持ち前の運動神経と精神力で今は収まっているものの、結局は公開のイジメみたいなものです。

 誰が、というわけではないものの、正直そのうち誰かが死んでくれれば、このようなコンテンツも姿を消すのかもしれません。 あ、いや、それはないかな。 これまたいつもの「下請けプロダクションが勝手をやりまして、監督不足を痛感しております。 これからは一層の緊張感を持って番組制作に臨みます。」で懲りないだろうな。 てなことはもう何度もここで書いているような気が。

 とはいえ、そうなったらそうなったでギャラの安いタレントをだらだら歩かせ、行き当たりばったりの手抜きドキュメンタリー風がこれ以上増えるのもいやだ。(ブラタモリではありませんよ。あれは綿密な下調べの上に成り立っています)

|

« 老兵再登板 | トップページ | ぐーめん、という安易食材発見 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老兵再登板 | トップページ | ぐーめん、という安易食材発見 »