« WWDC 2018 | トップページ | 米朝会談の虚ろ »

最近の我流ネット音楽

 風呂場で聞けるBluetoothスピーカーを貰ってから、夕風呂はもちろん、炊事や夜中のGS監視に重宝しています。
 
 人間とは欲深いもので、好きで集めたはずのiTunesのライブラリにも飽きてしまい、特にこういう「ながら」の時には何か他の曲を聴きたくなります。
 多分それは私だけではない証拠に、Appleをはじめとして多くのストリーミングサービスがあるわけですが、無償の雑多なものでも、それなりに自分の好みにあったサービスを集めることができます。

 まず、インターネットラジオ。
 ステーション名はNew Jazzっていうんだけど、全然Newじゃない。 '70〜'80年代のjazz系を中心に、時にはロックやらR&Bなんかも流している無節操ぶりで、これがむしろ私の好みにあいます。 ところがiPhoneからはスマートに聴く方法がなく、仕方ないのでURLをブラウザで開いて聴取。
 同じ方法で、これまた運が良ければバシバシに選曲が素晴らしいコミュニティ局のウメダFM。 こちらは手抜き気味のサイトがあってこれを利用。
 これら二つは鉄板で、以下の方法で良いのが流れていない時には実に頼りになります。

Radiko で、最近見直したのが、radiko。
 かつて深夜に開いていた時には、ダラダラした深夜番組ばかりであまり魅力を感じませんでした。 が、夕方あたりに開くと、ラジオNIKKEIが頑張って音楽を流していることを知りました。
 ラジオNIKKEI、というより私にとってはラジオたんぱ。 株と競馬だけのイメージで、受信が難しくて音質も悪く、こういうインターネット接続時代が来なければ死ぬまで聴くことはなかったと思います。 ところがインターネット経由だとへぇ、こんなに音楽にこだわっていたのか、と。

 二波のうち片方はずっと音楽を流していて、残りも夕方からは音楽オンリーになります。 基本はMC無しなので、いわば昔の有線BGM感覚。 もちろん全てが自分の好みではないものの、ふと面白い音楽が流れている時があります。
 ついこの間も、なんか気になる歌だな、と思って調べたら三浦大知という、普段の自分の生活では絶対に出会わなかったであろう曲を拾いました。 というように、セットリストも完備されています。
 で、もう一度書くけど、この音質は短波ラジオでは絶対に無理。

 そして意外なのが地上波FM。 こちらでは神戸のKiss FMがネットしてるんだけど、JFN制作の「A.O.R」。 19時から21時前の放送時間はちょうど私の風呂&炊事時間と重なります(と言っても19時から30分間はNHKニュース)。 構成スタッフがすごくしっかりしてるんでしょう、何より内容がとても骨太。 ちなみにA.O.Rの最後のRは「Radio」なんだそうな。
 ただ、20時台の特集は癖があって、日本の歌謡史とかワールドミュージックとかはスルーしてます。
 
 てなことで、これだけあると少なくとも夕風呂と炊事時間の音楽に不満はありません。 その昔、洋楽に飢えてFENが聴ける地域に憧れたのが嘘みたい。 ヒンナヒンナ。

|

« WWDC 2018 | トップページ | 米朝会談の虚ろ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WWDC 2018 | トップページ | 米朝会談の虚ろ »