« EC-CUBE3のあとはWordPressかい | トップページ | ワコールの謝罪のいやらしさと本質 »

WordPressとcss

 とはいえ、少しは具体的なWordPress感想も残しておかないと。
 
 と、今更WordPressって特に新しくもなく、もう7〜8年くらい前に卒業した学生が「これからはWordPressですよ〜」って久々に会った時に言ってたくらいです。
 個人のblogはこの@niftyを使ってるし、仕事では使うこともなく、たまに雑誌や書籍見ながら、へぇ、基本はphpなのか、程度でした。 ならいざとなってもなんとかなるか、と捉えていたのは事実です。
 
 で、今回初めて本格的に触って見たところ、いや〜、phpというよりこりゃcssカスタマイズの塊だな、と感じました。
 制作目的は個人的なものなので、クライアントから素朴かつ難解な要望も無く、DB周りのカスタマイズはゼロ。 故に現時点でphpを編集したのは一箇所のみ。
 それ以外は全部cssで、なんか今時のweb仕事でただ一つだけ技術を選べ、と言われたらhtmlすらさしおいてcssと言っても過言じゃないような気がしてきます。
 
 ところがご存知のようにcssは上書き自由、なんかそこからかしこに思いつきで加筆とかしても、とりあえずは意図通りになる(なったように見える)ので、あとから矛盾が出た時にそのデバッグが大変だったりしますね。
 それから、いつのまにか次から次へと新しい命令やらプロパティが生まれてて(いや、少なくとも私にはそう見える)、え、今はこれだけでこんなことができるの?、と戸惑うことも一度や二度ではありません。

 ただ、当たり前と言えば当たり前ながら、基本タグだけはcssで置き換えることはできず(それすらよく探せば可能なのかもしれないけど)、上記、一箇所のみのphp編集は、「なんでここがpタグなんよ?」という部分をh3とかへの書き換えでした。
 レシポンシブについては、最初から対応済みのテーマを選んでいるので、若干の不満はありつつ、これも手間要らず。

 Museと一緒で、うるさくないクライアントというか、詳細お任せものなら仕事でも楽勝かな、と。 いや、その道のプロなら難しい要求すら解決するでしょうから、かなり以前から人気なのも今更ながら頷けました。
 
 さて、コンテンツの設計をしないとな...

|

« EC-CUBE3のあとはWordPressかい | トップページ | ワコールの謝罪のいやらしさと本質 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

osCommerce改めEC-CUBE3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EC-CUBE3のあとはWordPressかい | トップページ | ワコールの謝罪のいやらしさと本質 »