« 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい | トップページ | 「覚えてない」の不誠実 »

やっぱりMacBook Pro.2016は不良品だったか

 Yahoo!で、MacBook Pro.2016年モデルのキーボードの不良率が突出している、という記事を見つけました。
 それでああやっぱり、と納得した次第。
 
 このモデルに当たった学年はこの春卒業しましたが、彼らのキーボード不良が半端ではありませんでした。 正確な修理記録は手元にないものの、この学年の1/4〜1/5くらいは罹災したんじゃないかという感じです。 中には二度も修理に出した不幸な学生もいました。
 最初のうちは取り扱いが雑なんだろう、程度に考えていたものの、あまりに頻発するので、何かあるなと思うようになりました。 でも修理窓口ではいわゆる不良品的な公式情報はないということで、なんだろうなぁ、とモヤモヤしていた一件でした。
 不思議なことに翌年の、つまり2017モデルだった学生間ではキーボードトラブルはグッと減ったことで、やっぱり不良品だったわけです。

 タチが悪いのは、この修理に要する期間が長いこと。 可能な限り授業に差し支えないように、外付けキーボードでしのぎつつ、夏休みなどの長期休暇前に修理に出すように工夫もしていましたが、休みが明けてもまだ修理が終わらないと言う有様でした。
 また、修理といっても、MacBook Pro.のキーボードは単体で交換できるような構造ではありませんから、最悪本体ごと交換、つまり事前のデータバックアップ作業も伴うのでさらに面倒でした。

 費用は学生が入っている保険で賄えたから良いようなものの、学校側はスペアのノートマシンを確保し続ける必要があったり、ストレスと手間は赤字です。
 あ、そうそう、その間代理外付けキーボードとして活躍した純正bluetoothキーボードも、キートップが複数剥がれたりと耐久性の低さが目立ちます。

|

« 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい | トップページ | 「覚えてない」の不誠実 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田美奈子+渡辺香津美がすごい | トップページ | 「覚えてない」の不誠実 »